初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園栽培の基本

家庭菜園の楽しみ方|菜園で作る野菜の選び方のポイント

投稿日:

家庭菜園では、どんな野菜を作りたいと考えますか?
自宅の菜園では、どんな野菜を作るかが楽しみの1つでもあります。

■菜園で作る野菜の選び方のポイント

・食卓に並べやすく、いつも良く購入している野菜を育てる

家庭菜園は、収穫して食べることも楽しみの1つとなりますので、
良く購入する野菜や、調理のしやすいものを選ぶというのは、基本中の基本です。

例えば、キャベツや、タマネギ、ネギ、トマト、キュウリなどがあります。
家庭菜園ならではの味が楽しめるのも、良いポイントだと言えます。

・スーパーでは、なかなか購入出来ない野菜を育てる

最近では、アンティチョークなどの野菜が、テレビなどでも取り上げられていますが、
なかなかスーパーで購入するのが難しい野菜でもあります。
こういった野菜を育てるのも、1つの醍醐味です。

スポンサーリンク

・新鮮な味を楽しむことが出来る野菜を育てる

小松菜や、エダマメ、トウモロコシ、ほうれん草などの野菜は、
スーパーで購入したものとは大きく違う、新鮮そのものの味が楽しめます。
鮮度の高い野菜を楽しむことが出来るので、是非、育ててみてください。

・ベランダ栽培も出来る野菜を育てる

ミツバやニラ、パセリやシソなどは、狭いスペースでも育てることが出来ます。
菜園はまた別としても、こういった野菜を育てておくと、
料理のアクセントにもなり、美味しく食べることが出来ます。

・健康野菜を自宅で育てる

健康効果の高いオクラや、モロヘイヤ、ゴーヤなどは、
自宅でも育てることが出来ます。
健康的な食事を心がけている方、小さなお子さんの居るご家庭などにも向いています。

スポンサーリンク

-家庭菜園栽培の基本
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

家庭菜園の連作障害対策|同じ野菜を続けて栽培してはいけません

家庭菜園での連作障害を考えると エンドウ、スイカ、ナスのように 6?7年も間隔をあけて栽培しなければならないものもあり、 小面積の家庭菜園ではたちまち野菜が作れなくなってしまいます。 家庭菜園のせまい …

no image

家庭菜園で無農薬栽培で野菜を育てる方法|化学農薬を使いたくない場合

化学農薬というのは基本的に既になってしまった病気や、既に発生してしまった害虫を殺すために必要とする対症療法的なものになります。 普段から病気にかからないような工夫や、害虫が発生しないように心がけておけ …

no image

種子と光と温度の関係|好光性種子と嫌光性種子、発芽適温

野菜の種というと、ほうれん草やレタスのように、5度くらいの低い温度より発芽をしはじめるものや、スイカなどのように40度でも発芽するものなど様々です。 ほとんどの野菜の場合には、20度?25度くらいの温 …

no image

マルチフィルムの使い方|家庭菜園でマルチを使う利点

マルチとは土の表面をビニールフィルムやワラなどで覆うことです 畝にマルチを張ると土壌が適度な温度に保たれるようになり春先などまだ気温の低い季節でも野菜が元気に育つようになります また土壌の水分を保つ働 …

野菜つくり

家庭菜園をはじめよう|初心者でも簡単に始められる野菜作り

家庭菜園は誰でも簡単にできる野菜作りです。食の安全性や環境への関心の高まりとともに、家庭菜園をはじめる方が増えています。家庭菜園は、自宅の庭やベランダの一角ではじめることはもちろんのこと、市民農園や貸菜園を借りるなど、様々な方法ではじめることが可能です。とにかく、自分でつくったとれたての野菜は、おいしい! プランターひとつ、苗1本からでOK! なのです。自分が食べたい野菜をつくってみることができるのも、家庭菜園の魅力。「食べたい野菜」=「作りたい野菜」と考えて、野菜づくりにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?