野菜苗の上手な選び方|苗を購入する前に気をつけておきたいポイント

キュウリ 苗 家庭菜園栽培の基本

春は家庭菜園をしている人にとって大忙しの季節です。
園芸シーズンを迎えますので、園芸専門店や、ホームセンターなどでは
色々な野菜の苗が売り出されるのもこの頃です。
家庭菜園 苗

スポンサーリンク

特に高温性で育苗するのに、日数がかかってしまう野菜や、
自分で苗を育てるのが難しいと言われている作物まどは、
この時期に売られる、苗を使って栽培するのが一般的です。

しかし、この苗というのは1つ1つ違うものです。
良い苗、悪い苗というものが必ずありますので、良い苗を見極めることが
上手に育て、たくさん収穫する1つのコツになるのです。

これは、収穫して食べる部分である果実の元となっている部分は、
苗の中につくられて、花として咲くからです。
そのため、良い苗を選ぶというのが非常に大切になってきます。

苗を購入する前に気をつけておきたいポイント

苗の選び方として重要なのは、葉っぱの大きさ・色・厚さや、
茎がどれだけ伸びているか、蕾がどのくらい付いているか、
病害はないかどうか、といったところです。

スポンサーリンク

根が健康で上部なことも大変ですが、抜き取ることが出来ないので、
土の表面を見て、固まっていないか、乾燥していないかを、
チェックするようにしてください。

最近は接木苗もたくさんありますが、接木苗を購入する場合は、
接合された場所が、きちんと修復されているかに注目してください。

キュウリなどといったウリ科のものであれば、双葉がしっかりと
付いていることなども、見極めのポイントとしてください。

キュウリ 苗

トマトやナスなどは、接木苗の作り方によって上の方でカットすることも
ありますので、上記のことは目安にならないので注意しましょう。

苗を購入したあとは?

鉢を4-5号のものに良い土を使って植え替えをし、育苗をします。
トマト・ナス・ピーマンなどの野菜は、花が咲く頃を目安として、
それ以降に畑に植え替えてください。

キュウリやスイカ、カボチャなどのウリ科は液肥を追肥して、
植えると良いでしょう。

レタスなどは購入後の育苗は必要ありませんので、畑に植え付けます。
葉の色が薄いようであれば、液肥を施して対応します。

スポンサーリンク

この記事を書いた人
こう

脱サラしてやりたかった農業に就農しました。
半農半IT生活を楽しんでいます。

経歴
大学院農学研究科修士課程を卒業
種苗会社で農場長をつとめ、野菜苗の生産
農業資材販売会社で肥料、農薬などを農家に販売
脱サラして就農

取得した資格
緑の安全管理士
野菜ソムリエ
施肥技術シニアマイスター
土壌医2級
JGAP指導員
毒劇物取扱者

こうをフォローする
家庭菜園栽培の基本 育苗
こうをフォローする
初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

コメント

タイトルとURLをコピーしました