トマトの種類|クッキングトマトは栄養的に優れている?

veg036-s.jpg

あなたはトマトは好きですか?

ここ最近はスーパーでもいろいろなトマトを見かけますね

トマトを色で分けると、
生食用のピンク系トマトと

ジュース用加熱調理用の赤系トマトの
2つに分類されます。

日本のトマトは、
皮が透明で果肉の色が薄いピンク系が主流です。
 
熟しても真っ赤になることはなく、

市販されている大玉トマトはほとんどが
ピンク系トマトです。

タキイ種苗の桃太郎トマトはピンク系トマトになります。

ピンク系トマトに対して、
赤系トマトの皮は、透きとおった薄黄色です。

このため赤系トマトは濃い赤橙色に見えます。

赤系トマトは赤色色素のリコピンを多く含むものが多いため

トマトの果肉も濃い赤色をしています。

赤系トマトは熟して色づくにつれてリコピンが増えます。

世界で生産されているトマトの大部分が

この赤系トマトです。

またこのトマトの色の違いが栄養素の違いになってきます。

ピンク系トマトと赤系トマトの栄養価を比べてみると

赤系トマトには、ピンク系トマトに比べて
ベータカロチンが2倍以上、
 ビタミンCが1.5倍くらい多く含まれています。

うまみ成分であるグルタミン酸も

完熟期には赤系トマトのほうが多く含まれています。

トマトに含まれるリコピンには

抗酸化作用や抗がん作用が強いことが

わかってきています。

完熟してから収穫される赤系トマトは、

生食用のピンク系トマトと比べて

リコピンは約2倍含まれています。

トマトを加熱調理するとリコピンの吸収率が高まるため、

クッキングトマトは栄養面から見てもたいへん優れたトマトです。

赤系のクッキングトマトの品種としては

ティオクックパスタサンマルツァーノなどがあります。

スポンサーリンク

      ↓赤系トマト    

        
           

       ↓ピンク系トマト

               

日本の品種はピンク系が多く、
赤系トマトは外国のものが多いです。

 

スポンサーリンク

この記事を書いた人
こう

脱サラしてやりたかった農業に就農しました。
半農半IT生活を楽しんでいます。

経歴
大学院農学研究科修士課程を卒業
種苗会社で農場長をつとめ、野菜苗の生産
農業資材販売会社で肥料、農薬などを農家に販売
脱サラして就農

取得した資格
緑の安全管理士
野菜ソムリエ
施肥技術シニアマイスター
土壌医2級
JGAP指導員
毒劇物取扱者

こうをフォローする
トマトの育て方 野菜の育て方
こうをフォローする
初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

コメント

タイトルとURLをコピーしました