初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

キュウリの育て方 野菜の育て方

キュウリの育て方・栽培方法|みずみずしい風味が特徴の夏野菜

投稿日:

キュウリの育て方・栽培のポイント

夏場の土壌乾燥を防ぐ

肥料切れをおこさないようにする

キュウリはとくに水をたくさん必要としますので
乾燥には十分気をつけてください。

スポンサーリンク

家庭菜園 キュウリ

野菜名

科名

原産地

キュウリ

ウリ科

インド

学名

英名

和名

Cucumis sativus

cucumber

胡瓜

種まき時期

定植時期

収穫時期

3月上旬-
4月下旬

4月上旬-
5月下旬

6月上旬-
8月下旬

種子の光反応

土壌適応性

暗発芽種子

有機質に富んだ膨軟な土壌
pH5.5-7.2

発芽温度

最低温度

発芽適温

スポンサーリンク

最高温度

16-19

25-35

35-40

生育温度

最低温度

生育適温

最高温度

7-10

昼間22-28
夜間17-18

35

うね幅(cm)

条数

株間(cm)

300

2

50-60

10a当たりの
定植本数

10a当たりの
播種量

20ml当たりの
種子粒数

1200

1.8-2dl

400

花芽分化

雌雄同株型。温度と日長がおもに作用し、低温短日条件で雌花着生が促進される。
(夜温15℃、日長7?8時間)

スポンサーリンク

-キュウリの育て方, 野菜の育て方
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ウリハムシ

ウリハムシの上手な駆除方法|見つけたら補殺がコツ

ウリハムシを駆除する場合は活動が鈍い低温の午前中がよいでしょう。ウリハムシはキュウリやかぼちゃ、スイカなどの葉を円く食害し、葉に穴をあけてしまう害虫でたくさん発生して食害を受けると作物の生育がわるくなるだけでなく、ひどい場合は枯れてしまうこともあります。ウリハムシが発生しやすい時期は5月と8月です。ウリハムシの成虫を見つけたら補殺するのがいいでしょう

no image

トマトの魅力は真っ赤なリコピン|イタリアントマトの育て方

トマトを色で分けると生食用のピンク系トマトとジュース用・加熱調理用の赤系トマトに分類されます ピンク系トマト  トマト タキイ交配・・・桃太郎T93・・・<タキイの大玉トマトです。 種のことならお任せ …

no image

家庭菜園の連作障害対策|同じ野菜を続けて栽培してはいけません

家庭菜園での連作障害を考えると エンドウ、スイカ、ナスのように 6?7年も間隔をあけて栽培しなければならないものもあり、 小面積の家庭菜園ではたちまち野菜が作れなくなってしまいます。 家庭菜園のせまい …

no image

タケノコハクサイの育て方

タケノコハクサイ アブラナ科 タケノコハクサイは白菜の一種で 中国ではシャオツァイ(紹菜)と呼ばれています。 タケノコハクサイは日本の白菜に比べて、 細長く、草丈は高くなります。 結球部が長円筒形をし …

no image

栽培環境で野菜の品質は変わる

野菜の栽培には十分な光の確保と養分が必要です。 葉や果実へ光を十分当てたやるようにすることでメロンやイチゴ、みかんは甘くおいしい果物となり、ビタミンCの量も多くなります。 肥料の管理が品質を大きく左右 …

カテゴリー

最近のコメント