初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園の連作障害対策

連作障害に強い接木苗を定植する|せまい家庭菜園でも連作障害対策

投稿日:

スイカ・キュウリ・トマト・ナスなどは、土壌病、害虫などに弱く、
連作障害が起こりやすいとされている作物です。

そのため、1度その場所で栽培したのであれば3年-4年ほどは、
その場所に同じ野菜を作らないようにしてください。

スポンサーリンク

しかし、スペースの限られる家庭菜園では、ローテーションを
上手く回すことが出来ず、すぐに育てる場所がなくなってしまいます。

こんな時は、接木苗を利用してみてください。
耐病虫の高い品種に接木されたものを使えば、連作障害が出にくく、
狭い家庭菜園でも好みの野菜を育てることが出来ます。

接木苗の歴史は悪く、普及もどんどん広まってきています。
手に入れやすくもなっていますので、家庭菜園の畑のスペースに
困っている方は、接木苗を手に入れてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

苗は、JAなどの店舗や、インターネット通販で購入が出来ます。
人気の苗になるので、購入は早めにしておくことをお勧めします。

小さなセルトレイを使って接木した苗を、育苗用土を入れた3号?4号の
鉢へ移し、生長するまで再度、育苗を行なっていきます。

定植後、育苗中に芽が伸びてくることもありますが、この時は、
芽をかき取るようにしてください。

良く言われるのが、ナスの苗に赤い果実がついてしまった、
ピンクのトマトに赤い果実がなったなんて例がありますが、
これは、台木の芽が伸びたせいです。

接木の接合部が地面に近い位置にあると、自根が伸び出すこともあるので、
地面に近く感じたら、株元周辺の土の管理をして、調節を行なってください。

スポンサーリンク

-家庭菜園の連作障害対策
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

アブラナ科野菜(コマツナ、キャベツなど)の根こぶの原因|輪作栽培が1番の連作障害の予防

コマツナやキャベツの根の部分にコブのようなものが出来てしまった場合は、 連作障害による「根こぶ病」を疑ってください。 水やり・肥料・天候の観点が原因になることもありますが、 コブが出来ているという現象 …

no image

連作障害対策が必要な野菜|とくにナス科、アブラナ科がなりやすい

連作障害は、同じ品種や同じ種類の作物を同じ場所で育てると、生長が悪くなったり、病気になりやすくなるなどさまざまな被害の事をさします。 これは、土壌中の微生物のバランスが崩れることなのが悪いとされ、原因 …

no image

連作障害は何故起こるのか?|家庭菜園での対策

同じところで、同じ科や同じ野菜を育てることはしてはいけないことです。これは、連作による障害を引き起こさせないためです。 連作障害は、極端に野菜の生長が悪くなり、枯れてしまうこともあります。また、特定の …

家庭菜園 スイカ

ウリ科の野菜の連作障害|同じ種類の野菜を植えるときは注意

同じウリ科の野菜を同じところで育てると、 成長が悪かったり、病害虫の被害に遭いやすくなったり、 収穫出来る量が本来よりも少なかったりといった事が起こります。 スポンサーリンク これは、連作障害と呼ばれ …

家庭菜園 ナス

ナス科の野菜|じゃがいも、トマト、なすは連作障害の対策を

野菜はいくつかの科に分類されます。ナスはナス科なのですが、ほかにもトマト、ピーマン、ジャガイモなどもナス科になります。科によって特性が似ていたり、かかりやすい病気も似ていたりします。同じ科の野菜を続けて栽培すると生育が悪かったり、病気にかかりやすくなったりすることがあります。これを連作障害といいます。