初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園栽培の基本 種まき

種子の保存方法|余った種は貯蔵して来年の種まきに使おう

投稿日:

種まきの適期くらいに購入した種や、自家採種した種は、
そのシーズンに使い切れないこともしばしばあります。

家庭菜園は、全ての人が広いスペースを持っているわけではありませんし、
色々な野菜を育てたいという人も多いため、仕方がありません。

また、1袋に大量に入っている種子袋や、まとめ売りなどもありますので、
残ってしまったという経験をされた方も多いのではないでしょうか?

スポンサーリンク

そんな時、種を捨ててしまうか悩む人も多いといいますが、
余った種は、貯蔵して、来年の種まき用として、再来年に植えるためなど、
きちんと残しておくことをお勧めします。

ニンジン・ミツバ・ネギ・タマネギなどの野菜は、発芽年限が1年ですが、
豆類や、ナスなどは、2-3年の発芽年限があります。

この年数というのは、時がたてばたつほど発芽率が低くなるため、
早く使った方が確実に発芽するという考えは正しいです。

しかし、貯蔵した場合も正しい方法をもってすれば、
充分にその種子を活かすことが出来るのです。

スポンサーリンク

まず、種子を乾燥させることです。
理想としては、湿度が30%未満の低温下におくことです。

こうすれば、種子の消耗を防ぐことが出来るので、発芽率の低下を、
おさえることが出来るのです。

例えば、海苔やお茶っ葉が入っていた空き缶の中、
お菓子などに含まれる乾燥剤などと一緒に入れテープで封をします。

これを野菜貯蔵室や、地下の収納庫などに置いて保管をします。
種子自体も乾燥させる方が良いですので、貯蔵の前に、
天日干しをしておいてください。

貯蔵した種子の使い方ですが、種まきの直前に開封した後、
すぐに種まきをするのがポイントです。

これは、水分を吸わせないためです。
こうすることで発芽力を保つことが出来ますので、去年の種子でも、
充分に育てることが出来るのです。

この方法を用いれば、発芽年限が1年と指定されているネギなどの野菜でも、
3-4年ほどは、同じ種を用いて栽培をはじめることが出来るので、
是非、余った種の有効活用をしてみてください。

スポンサーリンク

-家庭菜園栽培の基本, 種まき
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

家庭菜園 メロン

日照時間が少なくても栽培できる野菜|家庭菜園で野菜を上手に育てる光の条件

日当たりが良いことは、野菜を上手に育てるポイントとなります。 日当たりが良ければ、冬であれ、全体的に日光を浴びることが出来るため、 生長が良くなります。 スポンサーリンク

no image

家庭菜園での育苗方法|気候にあった栽培が基本

野菜は畑に直接種をまくものもありますが、苗を作って、その苗を畑に定植する方法もあります 家庭菜園をはじめてやる人は育苗よりもできた苗を買ってきて定植することをおすすめします 中上級者さん向けに育苗の説 …

家庭菜園 堆肥 使い方

畑を耕すことはどんなメリットがあるのか?|家庭菜園での耕うんのポイント

耕起(耕うん)とは? 耕起というのは、畑を耕すことです。 クワなどを使って、約30センチの深さまで良く土を掘り起こして反転させます。 スポンサーリンク 土のかたまりなどができないように、上手に砕くよう …

no image

家庭菜園は狭いスペースでもできます|余った場所を有効利用して野菜を楽しむ

庭の一角や、ベランダ、キッチンでも家庭菜園は楽しめます。広いスペースを必要とする野菜は、さすがに育てることが出来ませんが、ミニサイズの野菜の品種も増えてきている今、季節ごとに、さまざまな野菜を育てるこ …

no image

栽培環境で野菜の品質は変わる

野菜の栽培には十分な光の確保と養分が必要です。 葉や果実へ光を十分当てたやるようにすることでメロンやイチゴ、みかんは甘くおいしい果物となり、ビタミンCの量も多くなります。 肥料の管理が品質を大きく左右 …

カテゴリー

最近のコメント