初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園の連作障害対策

連作障害は何故起こるのか?|家庭菜園での対策

投稿日:

同じところで、同じ科や同じ野菜を育てることはしてはいけないことです。
これは、連作による障害を引き起こさせないためです。

連作障害は、極端に野菜の生長が悪くなり、枯れてしまうこともあります。
また、特定の病害虫の被害に遭いやすいなど、さまざまな障害が起こります。

家庭菜園は、「収穫」を目的として楽しむものとなりますので、
途中で生育を阻害するようなことがないように、管理するのが絶対です。

特に、ナス科・ウリ科・アブラナ科・マメ科の野菜は、連作障害が
起こりやすい野菜だと言えますので、下記の病気、害虫などに気をつけてください。

・ナス科の野菜
青枯れ病・半身萎凋病・半枯秒・センチュウなど

・ウリ科の野菜
つる割病・センチュウなど

・アブラナ科の野菜
根こぶ病・センチュウなど

スポンサーリンク

・マメ科の野菜
立枯病・茎腐病・センチュウなど

■連作障害は何故起こるのか?

前作の時に規制していた病害虫が、残っている場合があります。
これが、次に育てる野菜を蝕むと連作障害が起こります。

また、前作の根より出た成分が悪影響をおよぼすことや、
土壌成分が前作の管理により、極端に偏ってしまうことが原因とされます。

トウモロコシやムギなどのイネ科、サツマイモやダイコン、タマネギなどは、
連作障害が起きにくい野菜となりますので、連作障害が起こりやすい
野菜を育てた後は、こういった野菜を挟みながら、
さまざまな種類の野菜を育てていくと、良いと言えます。

連作障害は起こってからでは、対処のしにくいものとなりますので、
事前の予防策をしっかりと練っておきましょう。

スポンサーリンク

-家庭菜園の連作障害対策
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

連作障害対策が必要な野菜|とくにナス科、アブラナ科がなりやすい

連作障害は、同じ品種や同じ種類の作物を同じ場所で育てると、生長が悪くなったり、病気になりやすくなるなどさまざまな被害の事をさします。 これは、土壌中の微生物のバランスが崩れることなのが悪いとされ、原因 …

no image

連作障害の基礎知識と輪作の作付計画

同じ科に属する野菜や、同じ種類の野菜の野菜を同じ場所で栽培することを「連作」と言います。作る側の私たちから見れば、同じ場所で育てることは、管理がしやすく、育てやすいと言えますが、作物にとっては非常に悪 …

no image

家庭菜園の輪作年限|同じ野菜を栽培するにはどれくらい期間をあければいいのか?

連作障害の出やすい野菜は、あけるべき期間が長くなります。例えば、トマトやナス、ピーマスなどのナス科の野菜に関して言えば、5年以上、同じ土地で栽培しないほうが良いとされています。 連作障害が出るものの、 …

no image

輪作と連作障害|狭い家庭菜園のスペースを有効活用するには?

同じ野菜を連続して同じ場所で栽培すること、同じ科の野菜を連続して同じ場所で栽培することを、連作といいます。逆に、違う野菜、違う科の野菜を栽培することを輪作といいます。 スペースの限られた家庭菜園では、 …

家庭菜園 ナス

ナス科の野菜|じゃがいも、トマト、なすは連作障害の対策を

野菜はいくつかの科に分類されます。ナスはナス科なのですが、ほかにもトマト、ピーマン、ジャガイモなどもナス科になります。科によって特性が似ていたり、かかりやすい病気も似ていたりします。同じ科の野菜を続けて栽培すると生育が悪かったり、病気にかかりやすくなったりすることがあります。これを連作障害といいます。