初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園ブログコラム

家庭菜園で野菜が余るときは|

投稿日:

菜園の規模にもよりますが、収量の多いキュウリやナスなどは、
どうしても、食べきれないほどの収穫が得られてしまいます。
贅沢な悩みではあるのですが、まずは、同じ畑仲間に声を掛け、
そのあと、近所の方々や、会社の上司や、同僚、後輩へと、
分けています。
割と、高齢の人も多い地域になりますので、特に老夫婦、
2人で暮らしているお宅には喜ばれます。
ただ、毎日のように配るのは、相手に気を使わせてしまうことになります。
お返しは不要であると思って渡しているつもりではありますが、
相手は、なかなかそういう気持ちにはなれない人だって居ます。
このあたりは、配慮しなくてはならないところですよね。
迷惑にならない程度に、重荷にならない程度に、渡さなければなりません。
まあ、1番は、余らせない程度の量を作るのが1番ですね。
これがなかなか難しい問題でもあるのですが、年数を重ねて、
何はどれくらいあれば充分などと、感覚的に分かった部分もあります。
家庭菜園は、経験を積むごとに自分の成長も感じられる趣味です。
ところで、私たちは1日にどのくらいの野菜を食べれば良いか知っていますか?
答えは350グラムです。これが、なかなか食べれていない人が多いです。
特に生野菜でとろうと思ったら、大変なんです。でも、我が家はみな、
クリアーしています。これも、家庭菜園のおかげです。
時には、食べきれないほどの収穫で余ることもありますが、
やっぱり、たくさんの野菜をとれるのは、良いですね。

スポンサーリンク

-家庭菜園ブログコラム
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

家庭菜園は小さい子どもの食育に|野菜嫌いにも良い影響がある

小さい子供の居るご家庭には、特に家庭菜園の趣味はおすすめです。 なかなか家庭菜園の作業は、味わうことのできないものですから、 子供の成長にとても良いと思います。 実際、私の畑仲間の小学生のお子さんは、 …

no image

家庭菜園で野菜の花の綺麗さに驚き

もともと、都会育ちの私は、あまり、野菜のなっている畑、 木に果物のついた光景を見たことがありませんでした。ですから、 家庭菜園は、新たな発見の連続、今でこそビックリしませんが、 最初は木にリンゴがなる …

家庭菜園

野菜の分類、科名を覚えておくと家庭菜園の管理に役立つ

植物学的に、野菜は分類分けされています。 家庭菜園では、連作障害を避けるためにも、この野菜の分類分けについて、 ある程度頭に入れておくようにしてください。 例えば、アブラナ科の野菜には、ダイコン、ハク …

no image

初心者でも簡単!ハーブ栽培

家庭菜園を始めてみたいけど、何からしたら良いか分からない、 農家出身でもないので野菜作りに関しては全く知識が無い、 それでも自分で野菜を作りたいと考えている方は多いと思います。 初心者の野菜作りは二十 …

no image

家庭菜園をはじめても最初は失敗の連続|ナスの台木を育てていました

家庭菜園をはじめてすぐの5月のゴールデンウィーク頃には、 トマト、ナス、キュウリ、ピーマン、トウモロコシを作り出しました。 もう、この時点で、最初のジャガイモ、ダイコンなども含め、 畑はあますところな …

カテゴリー

最近のコメント