初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園ブログコラム

家庭菜園で健康生活をおくろう|野菜と健康の関係性

投稿日:

野菜は、健康に良いと呼ばれる食生活になくてはならないものです。
具体的に、私たちの生活に野菜を取り入れると、どのような健康効果を
得ることが出来るのでしょうか?

野菜には、ビタミンが多く含まれています。
その中でも、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEには発がんリスクを下げるという、
健康効果があるとされています。

・ビタミンA
細胞膜を強くするために、重要となるビタミンです。
ベータカロチンは、緑黄色野菜に多く含まれることで知られていますが、
このベータカロチンは、私たちの体に入ると、ビタミンAとなり、
発がん率を低下させます。

・ビタミンCとビタミンE
これらのビタミンは、食品の酸化防止効果を得ることが出来ます。
私たちの体に発生した活性酸素をなくし、がん予防としての効果が期待出来ます。

スポンサーリンク

尚、発がんリスクと下げるという点では、食物繊維も有効です。
発がん物質を吸着する効果があり、特に、大腸がんの予防に効果的です。

このように、野菜と健康には大きな関係性があり、
健康的な体を維持するために、野菜は必要不可欠だと言えます。

最近は、サプリメントなどが多く市販されるようになりました。
中にはこういったサプリメントを利用して、ビタミンなどを摂取する人も居るかと思いますが、
やっぱりその効果は、野菜をそのまま食べるほうが良いとされています。

日本だけではなく、アメリカでも共通の認識であり、野菜や果物をとると、
がんが抑えられるとされ、緑黄色野菜をたくさん食べるように、
といった指針も発表されています。

具体的には、1日に最低でも400グラム以上の野菜・果物をとると良いのだそうです。
発がんリスクを避けるためにも、毎日400グラム以上は、野菜・果物を食べる
生活を続けて行きたいものですね。

スポンサーリンク

-家庭菜園ブログコラム
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

家庭菜園を始める前に覚えておくこと|連作障害に注意

家庭菜園をはじめる前に覚えておくこと ■連作障害には注意しよう 同じ品種や同じ科のものなどを連続して栽培すると、病気になりやすい・育ちが悪くなるといった現象が起こります。これが連作障害です。 家庭菜園 …

no image

趣味の家庭菜園はストレス発散になる

いつも仕事が忙しくてあまり自分の時間が持てなかったのですが 最近は家庭菜園でストレスを発散しています。 もともと沖縄育ちだったので近所にサトウキビ畑があったり きれいな海があるのが当たり前な環境だった …

no image

家庭菜園で生ごみをリサイクル?|コンポスターで堆肥作り

自分の家庭菜園を持つと、明らかに生ごみの量が減ります。 自分の畑にて収穫したものは、食べられない部分は除去してから、 家に持ち帰ります。家に持ち帰った分は、全て食べれる部分なので、 余すことなく食べる …

no image

家庭菜園で化学肥料ではなく有機肥料を使う

家庭菜園ほどのスペースであれば、有機農法は、 そこまで難しいものではありません。堆肥以外にも、牛糞、 油粕、木酢液、鶏糞、いろいろな資材がありますから、 それぞれを使って、土作りを行います。 家庭菜園 …

no image

ソラマメを栽培しています

母は無類のそらまめ好きで、料理のあしらいとしてでなく、 塩と砂糖と、少しの醤油で煮て、オヤツに食べます。 オヤツというより、時季にはほとんど主食です。 ちょっとずつ買ってきてもラチがあかないような食べ …