初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園ブログコラム

ソラマメを栽培しています

投稿日:

母は無類のそらまめ好きで、料理のあしらいとしてでなく、
塩と砂糖と、少しの醤油で煮て、オヤツに食べます。
オヤツというより、時季にはほとんど主食です。
ちょっとずつ買ってきてもラチがあかないような食べっぷりなので、
庭の一部を畑にして、そらまめを栽培することにしました。
品種は「さぬき長さや・早生」というのを選びました。
気が短いので、大きく育てるより、早く収穫できるほうを選んだのです。
それでも、そらまめの栽培には時間がかかります。
10月に種まきをして、収穫できるのは5月ごろ。
畑は半年以上、そらまめに占拠されることになります。
そして、けっこう手が掛かります。
畑の場所がいいのか虫害はあまりなかったですが、
ドバトの多い地域で、植えた豆を端からほじくられたりもしました。
寒い時期に芽を出して生育し始めるので、寒さよけ対策は欠かせません。
うちでは、敷き藁を通販で購入して、畑を覆うようにしています。
ある程度育ってきたら、土寄せをしたり摘心をしたり、
日に一度は世話をしていました。
台風シーズンをはずして生育するので、
いい加減に支柱を立てていたところ、春の嵐というのか、
4月ごろに大風が吹いて、せっかく花がついていたのに
三分の一ほどもなぎ倒されてしまいました。これは痛かったです。
その後は支柱を頑丈にしているのですが、
毎年のように開花期に嵐が来るので、困ってしまいます。
ただ、嵐を乗り越えた茎は強く、大きな莢をつけます。
それがある日、いっせいに上を向く(だから空豆)と、収穫はもうすぐです。
豆類は連作を嫌うので、一度作ると数年は植えられないという話ですが、
我が家では隔年で作って、まあまあ採れています

スポンサーリンク

-家庭菜園ブログコラム
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

家庭菜園で野菜が余るときは|

菜園の規模にもよりますが、収量の多いキュウリやナスなどは、 どうしても、食べきれないほどの収穫が得られてしまいます。 贅沢な悩みではあるのですが、まずは、同じ畑仲間に声を掛け、 そのあと、近所の方々や …

no image

野菜の歴史|コロンブスと野菜との意外な関係性

野菜の歴史を辿っていくと、コロンブスの名前が出てくることがあります。新大陸の発見をしたとして知られるコロンブスと野菜は、どんな関係があるのでしょうか? ■コロンブスと野菜との意外な関係性 コロンブスが …

no image

トマトは厳しくストレスを与えた栽培のほうが甘くなる?

我が家では、毎年、家の前の小さな畑に、トマトを植えています。 苗は、自分で育てず、ある程度大きくなったものを買います。 初めの頃は、どれも同じだろうと、値段の安い苗を買っていましたが、 色々な種類を試 …

no image

ヨトウムシは漢字で夜盗虫|夜行性の幼虫でアブラナ科野菜を食害する害虫

私のハクサイの失敗は、ヨトウムシに原因がありました。 このヨトウムシは、ハクサイや、ダイコン、キャベツなどの、 アブラナ科の野菜を食害する被害の大きい害虫であることが分かりました。 アオムシであれば、 …

no image

家庭菜園で化学肥料ではなく有機肥料を使う

家庭菜園ほどのスペースであれば、有機農法は、 そこまで難しいものではありません。堆肥以外にも、牛糞、 油粕、木酢液、鶏糞、いろいろな資材がありますから、 それぞれを使って、土作りを行います。 家庭菜園 …

カテゴリー

最近のコメント