水のやり方|家庭菜園の水やりのポイント1

phm15_0857-s.jpg
野菜作りを始める前に、多少の知識はなければ、
折角、野菜を育てても収穫する前に枯らしてしまいます。

そうならないためにも、家庭菜園の初心者の方は、
下記を良く読み、水やりの方法は覚えておいてください。

野菜作りをはじめて行う場合には、やっぱり、
目標は自分で作った野菜を収穫し、食卓に並べることでしょうか?
美味しい野菜をつくるためには、水やりはとても大切です。

しかし、ただ水を闇雲に与えてしまえば、根が酸素不足となり、
根が腐ってしまうこともあります。土の中というのは、
あなたが思っているよりも、雨水などの影響で水分量があるものなんです。

適度な水分量が大切となりますので、苗を植えた後、
株が定植すれば、それほど水やりを頻繁にする必要はありません。

スポンサーリンク

勿論、植えたばかりの時は、水やりをしっかりする必要がありますが、
その後の状態をみて落ち着いていれば、適量で十分です。

ただ、種を植えたばかりの場合には、水をあげたことで
種が流れてしまうケースもありますし、小さな苗の時には、
水やりがダメージとなることもあります。

種も苗も、最初は特に水圧に弱いですから、ホースなどで、
水やりをしないように注意をしましょう。また、ジョウロの向きも、
上向きにするなどの工夫が必要です。

家庭菜園をはじめれば、自宅で美味しい野菜が収穫でき、
季節の野菜もたっぷり摂取することが出来るようになりますので、
健康的です。是非、チャレンジしてみてくださいね。

スポンサーリンク

この記事を書いた人
こう

脱サラしてやりたかった農業に就農しました。
半農半IT生活を楽しんでいます。

経歴
大学院農学研究科修士課程を卒業
種苗会社で農場長をつとめ、野菜苗の生産
農業資材販売会社で肥料、農薬などを農家に販売
脱サラして就農

取得した資格
緑の安全管理士
野菜ソムリエ
施肥技術シニアマイスター
土壌医2級
JGAP指導員
毒劇物取扱者

こうをフォローする
水やり
こうをフォローする
初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

コメント

タイトルとURLをコピーしました