初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

微量要素 肥料・堆肥

野菜栽培に必要な微量要素|家庭菜園での肥料の知識

投稿日:

野菜の多量必須要素としては、三要素(窒素N、リン酸P、カリK)と
二次要素(カルシウムCa、マグネシウムMg、硫黄S)が知られています

しかしそれ以外の野菜に必要な成分は微量要素と呼ばれ、
マンガン(Mn)、ホウ素(B)、鉄(Fe)、亜鉛(Zn)、銅(Cu)、
モリブデン(Mo)、塩素(Cl)などがあります

微量要素の吸収量は三要素、二次要素と比べるととても少ないのですが
植物体内で重要な生理作用の役割を担っています

植物体内における微量要素含量はいろいろな要因で変動し、
欠乏症と過剰症は微妙に変化してあらわれます

スポンサーリンク

欠乏すると植物特有の欠乏症状は
おもに葉、茎などにあらわれ生育が阻害されます

マンガンを主成分とする微量要素肥料には、硫酸マンガン、鉱さいマンガンなどがあり
ホウ素を主成分とする肥料には、ホウ酸やホウ砂などがあります

⇒亜鉛は野菜だけでなく人間にも効果的

⇒家庭菜園の肥料の知識

スポンサーリンク

-微量要素, 肥料・堆肥
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

植物の栄養素

植物の生育に必要なもの|家庭菜園の野菜肥料の知識

スポンサーリンク 植物の生育とはその植物の生命を維持するために細胞を増やし続けることです。 スポンサーリンク

no image

肥料の過剰症について|家庭菜園の肥料の知識

野菜が育つためには、元素が必要分、土に含まれている事が重要です。不足することで欠乏症を起こし、さまざまな障害が現れることもあります。 しかし、過剰に与えすぎても過剰症を引き起こし、欠乏症と同じく、さま …

野菜つくり

培養土の種類と使い方|家庭菜園のマメ知識

培養土・赤玉土・腐葉土、土には色々な種類があります。 ホームセンターなどへ行けば簡単に手に入る土ですが、家庭菜園に おいて、どんな土を購入すれば良いのか悩む人も多いです。 スポンサーリンク 培養土・赤 …

no image

野菜に必要な栄養素|17種類の必須元素がある

野菜の中に含まれる元素は、50?60種類あると言われていますが、その全ての元素が必要なわけではありません。 ■野菜に必要な必須元素 ・H(水)・C(炭素)・O(酸素)・N(窒素)・P(リン)・K(カリ …

野菜つくり

白菜の追肥・土寄せ|おいしいハクサイの育て方

白菜の追肥は最後の間引きが終わった後に1回目の追肥 結球が始まる前に2回目の追肥をします 1回目の白菜の追肥 最後の間引きが終わったら、株間または条間に 化成肥料を施し、土で覆います また除草を兼ねて …