初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

微量要素 肥料・堆肥

野菜栽培に必要な微量要素|家庭菜園での肥料の知識

投稿日:

野菜の多量必須要素としては、三要素(窒素N、リン酸P、カリK)と
二次要素(カルシウムCa、マグネシウムMg、硫黄S)が知られています

しかしそれ以外の野菜に必要な成分は微量要素と呼ばれ、
マンガン(Mn)、ホウ素(B)、鉄(Fe)、亜鉛(Zn)、銅(Cu)、
モリブデン(Mo)、塩素(Cl)などがあります

微量要素の吸収量は三要素、二次要素と比べるととても少ないのですが
植物体内で重要な生理作用の役割を担っています

植物体内における微量要素含量はいろいろな要因で変動し、
欠乏症と過剰症は微妙に変化してあらわれます

スポンサーリンク

欠乏すると植物特有の欠乏症状は
おもに葉、茎などにあらわれ生育が阻害されます

マンガンを主成分とする微量要素肥料には、硫酸マンガン、鉱さいマンガンなどがあり
ホウ素を主成分とする肥料には、ホウ酸やホウ砂などがあります

⇒亜鉛は野菜だけでなく人間にも効果的

⇒家庭菜園の肥料の知識

スポンサーリンク

-微量要素, 肥料・堆肥
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

野菜つくり

消石灰の使い方|家庭菜園で石灰を使った土作りのコツ

植物が生長するにあたって土は重要なものです。 植物に応じて適する土作りを行い、生長を促すように、 してあげなければいけません。 消石灰 5kg この記事では、石灰を使った土作りについて、 お話させてい …

no image

家庭菜園での肥料の欠乏の症状|必須元素の不足は生育の妨げになります

野菜の生長に欠かせない元素のことを、必須元素といいます。これは、さまざまな物質の原料となって、植物の生長を整えたりします。 必須元素の不足は、野菜のさまざまな生長の妨げとなり、欠乏症を起こしますので、 …

no image

それぞれの肥料成分の野菜に対する役割|重要なのは、必要元素が全て不足しないようにすること

肥料は、大部分を根より吸収し、さまざまな物質の原料となり、野菜の生長に欠かせない、さまざまなはたらきをします。 ■窒素 窒素は、根・茎・葉の生長を促し、養分の吸収力を高め、同化作用を促進するはたらきが …

リン酸 肥料

リン酸肥料とは|肥料の三大栄養素(P)の効果

スポンサーリンク リン酸の必要性 リン酸は生命現象に関連の深い元素のひとつであり、植物体のあらゆる部分に存在します。 とくに生育や活動のさかんな芽や根の先端に多く含まれます。 リンは植物体のいろんな化 …

野菜つくり

家庭菜園での堆肥の効果|土壌の団粒構造を作りやすくする

土作りをする上で重要な堆肥の効果には、どんなものがあるのでしょうか? 下記にそのポイントをまとめましたので、参考にしてみてください。 スポンサーリンク

カテゴリー

最近のコメント