初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

微量要素 肥料・堆肥

野菜栽培に必要な微量要素|家庭菜園での肥料の知識

投稿日:

野菜の多量必須要素としては、三要素(窒素N、リン酸P、カリK)と
二次要素(カルシウムCa、マグネシウムMg、硫黄S)が知られています

しかしそれ以外の野菜に必要な成分は微量要素と呼ばれ、
マンガン(Mn)、ホウ素(B)、鉄(Fe)、亜鉛(Zn)、銅(Cu)、
モリブデン(Mo)、塩素(Cl)などがあります

微量要素の吸収量は三要素、二次要素と比べるととても少ないのですが
植物体内で重要な生理作用の役割を担っています

植物体内における微量要素含量はいろいろな要因で変動し、
欠乏症と過剰症は微妙に変化してあらわれます

スポンサーリンク

欠乏すると植物特有の欠乏症状は
おもに葉、茎などにあらわれ生育が阻害されます

マンガンを主成分とする微量要素肥料には、硫酸マンガン、鉱さいマンガンなどがあり
ホウ素を主成分とする肥料には、ホウ酸やホウ砂などがあります

⇒亜鉛は野菜だけでなく人間にも効果的

⇒家庭菜園の肥料の知識

スポンサーリンク

-微量要素, 肥料・堆肥
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

家庭菜園 ナス

ナスの追肥|家庭菜園でのナスの育て方

ナスはとてもたくさんの肥料を吸収します。 肥料が不足するとナスの実の数や大きさ、味に大きく影響します。 スポンサーリンク ナスの実が着き始めたら定期的に肥料を与え(追肥) ナスの葉がしっかり光合成でき …

野菜つくり

家庭菜園の土作りに適した植物性堆肥|家畜糞堆肥との違い

堆肥というと、家畜糞が含まれているイメージが強いですが、 落ち葉や藁、籾殻、バークと呼ばれる樹木の皮など、植物の繊維分だけを、 材料とする堆肥もあります。 スポンサーリンク それを植物質堆肥といいます …

家庭菜園 ナス

実のなる野菜への肥料のやり方|元肥だけでは不足するので追肥を与える

5月頃に畑に植えつけるナス科のトマト・ナスや、ウリ科のキュウリなどは、 徐々に暖かくなってくるとともに生長が見られるようになり、 果実の膨らみもどんどん目に見えて分かるようになり、とても楽しいです。 …

野菜つくり

消石灰と苦土石灰の使い分け|家庭菜園の土壌のpH調整に便利

家庭菜園で栽培するほとんどの野菜がpH6-7の土を好みます pH測定液やリトマス試験紙などでpHを調べ、 酸性に傾いていたら消石灰を施します 消石灰10kg pHを1上げるには深さ20?ほど耕した土1 …

no image

家庭菜園での肥料の欠乏の症状|必須元素の不足は生育の妨げになります

野菜の生長に欠かせない元素のことを、必須元素といいます。これは、さまざまな物質の原料となって、植物の生長を整えたりします。 必須元素の不足は、野菜のさまざまな生長の妨げとなり、欠乏症を起こしますので、 …

カテゴリー

最近のコメント