野菜栽培に必要な微量要素|家庭菜園での肥料の知識

植物に必要な栄養素 微量要素

野菜の多量必須要素としては、三要素(窒素N、リン酸P、カリK)と
二次要素(カルシウムCa、マグネシウムMg、硫黄S)が知られています

しかしそれ以外の野菜に必要な成分は微量要素と呼ばれ、
マンガン(Mn)、ホウ素(B)、鉄(Fe)、亜鉛(Zn)、銅(Cu)、
モリブデン(Mo)、塩素(Cl)などがあります

微量要素の吸収量は三要素、二次要素と比べるととても少ないのですが
植物体内で重要な生理作用の役割を担っています

植物体内における微量要素含量はいろいろな要因で変動し、
欠乏症と過剰症は微妙に変化してあらわれます

スポンサーリンク

欠乏すると植物特有の欠乏症状は
おもに葉、茎などにあらわれ生育が阻害されます

マンガンを主成分とする微量要素肥料には、硫酸マンガン、鉱さいマンガンなどがあり
ホウ素を主成分とする肥料には、ホウ酸やホウ砂などがあります

⇒亜鉛は野菜だけでなく人間にも効果的

⇒家庭菜園の肥料の知識

スポンサーリンク

この記事を書いた人
こう

脱サラしてやりたかった農業に就農しました。
半農半IT生活を楽しんでいます。

経歴
大学院農学研究科修士課程を卒業
種苗会社で農場長をつとめ、野菜苗の生産
農業資材販売会社で肥料、農薬などを農家に販売
脱サラして就農

取得した資格
緑の安全管理士
野菜ソムリエ
施肥技術シニアマイスター
土壌医2級
JGAP指導員
毒劇物取扱者

こうをフォローする
微量要素 肥料・堆肥
こうをフォローする
初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

コメント

タイトルとURLをコピーしました