初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

肥料・堆肥

野菜が育つために必要な栄養素とは?|家庭菜園の肥料

投稿日:

植物に必要な栄養素

家庭菜園で野菜が育つために必要な栄養素で重要なものは5種類あります。

その中でもとくに重要なのが

窒素

リン酸

カリウム

の三大栄養素です。

⇒肥料の三大栄養素について

窒素は葉肥えともいわれ、葉を茂らせます。

リン酸は実肥えともいわれ、花、つぼみ、実を生長させます。

カリウムは根肥えともいわれ、光合成をさかんにして、いもなどの根を大きくする働きがあります。

スポンサーリンク

肥料を選ぶときはこの窒素、リン酸、カリウムのバランスを確認し、
家庭菜園で育てている野菜の必要としている栄養素を
バランスよく含んでいるものを選びましょう

そのほかの栄養素

カルシウム
カルシウムは土の酸性度を調節する働きがあり、石灰に多く含まれています

マグネシウム
マグネシウムは葉の葉緑素を作るのに必要な成分です
マグネシウムが不足すると葉が黄色くなったり生育が悪くなったりします。

各栄養素の役割を理解しておけば、
上手に野菜作りができるようになります。

⇒二次要素について

⇒微量要素について

スポンサーリンク

-肥料・堆肥
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

野菜に硫黄成分(S)は必須|自然界におけるスーパー栄養素

硫黄(S)は植物・動物の両方に存在するアミノ酸の3種の生成に必須です 硫黄を含むアミノ酸はメチオニン、システインです この3種類のアミノ酸はたんぱく質合成の構成成分になっていますたんぱく質がなければ植 …

no image

それぞれの肥料成分の野菜に対する役割|重要なのは、必要元素が全て不足しないようにすること

肥料は、大部分を根より吸収し、さまざまな物質の原料となり、野菜の生長に欠かせない、さまざまなはたらきをします。 ■窒素 窒素は、根・茎・葉の生長を促し、養分の吸収力を高め、同化作用を促進するはたらきが …

植物に必要な栄養素

野菜栽培に必要な微量要素|家庭菜園での肥料の知識

野菜の多量必須要素としては、三要素(窒素N、リン酸P、カリK)と 二次要素(カルシウムCa、マグネシウムMg、硫黄S)が知られています しかしそれ以外の野菜に必要な成分は微量要素と呼ばれ、 マンガン( …

no image

野菜の生育に適した環境|光、空気、水分、温度、栄養分の条件

野菜を育てるときに光、空気、水、温度、栄養分などの環境条件は健全な生育をするのに重要になってきます   土の中で種がよく発芽するには、適切な温度、水分、酸素が必要です発芽に理想的な土壌条件は …

家庭菜園 ピーマン

ピーマンの追肥|収穫がはじまったら2週間に1度くらい

ピーマンの収穫がはじまったら2週間-3週間に一度 1平方メートルあたり30gの化成肥料を追肥としてあたえます。 追肥をしたら軽く土寄せして水やりもしてください。 ピーマンの根は比較的浅い所に張っていく …