初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

肥料・堆肥

野菜に硫黄成分(S)は必須|自然界におけるスーパー栄養素

投稿日:

硫黄(S)は植物・動物の両方に存在する
アミノ酸の3種の生成に必須です

硫黄を含むアミノ酸はメチオニン、システインです

この3種類のアミノ酸はたんぱく質合成の構成成分になっています
たんぱく質がなければ植物も動物も生きていくことができません

スポンサーリンク

硫黄はたんぱく質の合成につかわれるアミノ酸につかわれるため
すべての生き物を作るものになっています

硫黄元素(S)は天然産の無毒な要素です
硫黄は多くの意健康食品や皮膚病の塗り薬につかわれています

スポンサーリンク

-肥料・堆肥
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

野菜に必要な第2栄養素|二次要素は体を作り生育を助ける

野菜の多量必須要素としては、三要素(窒素N、リン酸P、カリK)がよく知られていますが三要素の次に必要な養分が二次要素(カルシウムCa、マグネシウムMg、硫黄S)です このカルシウム、マグネシウム、硫黄 …

野菜つくり

肥料のやりすぎと肥料不足|与えれば与えるほど大きく育つは間違い

「肥料は、野菜の栄養となる部分なので、与えれば与えるほど、大きく育つ」 これは、間違いです。     確かに野菜の栄養ではありますが、私たち人間と同じように、 摂取のしすぎは、かえって生育を阻害するこ …

野菜つくり

追肥のタイミングとやり方|肥料は、根の先端に与えるのがポイント

生長すればするほど、野菜は肥料を良く吸収します。 そのため、その吸収に応じられるように肥料を適度に補給してあげるのが 野菜を上手に育てるポイントです。 スポンサーリンク

野菜つくり

培養土の種類と使い方|家庭菜園のマメ知識

培養土・赤玉土・腐葉土、土には色々な種類があります。 ホームセンターなどへ行けば簡単に手に入る土ですが、家庭菜園に おいて、どんな土を購入すれば良いのか悩む人も多いです。 スポンサーリンク 培養土・赤 …

no image

日照不足の時の肥料の考え方|上手に量を調節して上げる

私たち日本人は米を主食としますが、植物は、日光と、二酸化炭素、水の3つを主食としています。 そのため、野菜にとって日当たりや、温度、水やりはとても重要であり、それによって大きく生長が左右されます。 肥 …