初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園栽培の基本 育苗

家庭菜園での育苗方法|気候にあった栽培が基本

投稿日:

lf12a028c-s.jpg

野菜は畑に直接種をまくものもありますが、
苗を作って、その苗を畑に定植する方法もあります

家庭菜園をはじめてやる人は
育苗よりもできた苗を買ってきて
定植することをおすすめします

中上級者さん向けに育苗の説明をします

野菜の育苗方法として、
地床育苗、ポット育苗、セル育苗などがあります

ここでは、ポット育苗とセル育苗を取り上げて解説します。
低温期の育苗は電熱温床でおこなう方法もあります

ポット育苗

トロ箱(木製または発泡スチロール製)とポリ鉢(9cm程度)を準備します。

育苗培土は、市販の育苗培土に畑土を混ぜるか、
畑上に砂を混ぜたものを用います。 

トロ箱に培土を入れ、条間5?6cm程度で条まきします。 
双葉展開時に2cm間隔に間引き、
本葉2?3枚時にポリ鉢へ移植します

肥料は1鉢当たりIB化成1号を2粒ほど入れるか、
液肥を用いるとよいでしょう。

IMG_1302.JPG

セル育苗

専用のセルトレイ(128穴、200穴など)を一般的に用います。

薄いプラスチック製の場合は
受け皿として水稲用育苗箱を準備します。

育苗培土はセル苗専用の培養土を必ず使用します。

育苗トレイに専用培土を入れ、かん水します。

培養土が落ち着いたら種子を
セルの中央に位置するようにまいて覆土します。

スポンサーリンク

その後、セルの底から水が出るくらい十分にかん水します。

種子はペレット加工したものを使用するとまきやすいです

かん水後は、ブロックやタル木等で積み、
その上に置きます。

均一に発芽させるために寒冷紗等をかけます。

培土の肥料は2週間程度で切れるので、
かん水を兼ねて液肥の2、000?3、000倍液を
1日1回程度おこないます。

育苗期間

定植適期は、ポット育苗の場合は育苗日数35?45日、
本葉展開葉数5枚で、セル育苗では同じく3?4週間、3?4枚です。
定植1週間前頃から、かん水を控えるようにしましょう

スポンサーリンク

-家庭菜園栽培の基本, 育苗
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

よい苗の選び方|家庭菜園での苗半作の重要性

苗半作という言葉を知っていますか? 良い苗を作ることができたら、栽培は半分成功したようなもの という意味です。 家庭菜園で野菜を作るとき苗のいいわるいはかなり重要です。 とくに実のなる野菜は苗の段階で …

no image

スプラウト野菜の育て方|簡単に作れて栄養価も高い

スプラウトとは、植物の芽が出たばかりのものをさします。種子には、生長するために必要な栄養分が蓄えられていますが、発芽した事によって、新しいミネラルやビタミンが作られるのです。 そのため、発芽直後のスプ …

no image

ポイント4 株間を十分にとって風通しの良い環境を作る|家庭菜園の病害虫防除

野菜にはそれぞれの野菜あるいは品種ごとに適切な株間というものがあります 株の間隔が十分にあいていないと日当たりや風通しがわるくなり病害虫の原因となるカビが発生しやすくなります 野菜の苗を植えるときは、 …

no image

マルチフィルムの使い方|家庭菜園でマルチを使う利点

マルチとは土の表面をビニールフィルムやワラなどで覆うことです 畝にマルチを張ると土壌が適度な温度に保たれるようになり春先などまだ気温の低い季節でも野菜が元気に育つようになります また土壌の水分を保つ働 …

no image

家庭菜園で無農薬栽培で野菜を育てる方法|化学農薬を使いたくない場合

化学農薬というのは基本的に既になってしまった病気や、既に発生してしまった害虫を殺すために必要とする対症療法的なものになります。 普段から病気にかからないような工夫や、害虫が発生しないように心がけておけ …

カテゴリー

最近のコメント