初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園栽培の基本 育苗

家庭菜園での育苗方法|気候にあった栽培が基本

投稿日:

lf12a028c-s.jpg

野菜は畑に直接種をまくものもありますが、
苗を作って、その苗を畑に定植する方法もあります

家庭菜園をはじめてやる人は
育苗よりもできた苗を買ってきて
定植することをおすすめします

中上級者さん向けに育苗の説明をします

野菜の育苗方法として、
地床育苗、ポット育苗、セル育苗などがあります

ここでは、ポット育苗とセル育苗を取り上げて解説します。
低温期の育苗は電熱温床でおこなう方法もあります

ポット育苗

トロ箱(木製または発泡スチロール製)とポリ鉢(9cm程度)を準備します。

育苗培土は、市販の育苗培土に畑土を混ぜるか、
畑上に砂を混ぜたものを用います。 

トロ箱に培土を入れ、条間5?6cm程度で条まきします。 
双葉展開時に2cm間隔に間引き、
本葉2?3枚時にポリ鉢へ移植します

肥料は1鉢当たりIB化成1号を2粒ほど入れるか、
液肥を用いるとよいでしょう。

IMG_1302.JPG

セル育苗

専用のセルトレイ(128穴、200穴など)を一般的に用います。

薄いプラスチック製の場合は
受け皿として水稲用育苗箱を準備します。

育苗培土はセル苗専用の培養土を必ず使用します。

育苗トレイに専用培土を入れ、かん水します。

培養土が落ち着いたら種子を
セルの中央に位置するようにまいて覆土します。

スポンサーリンク

その後、セルの底から水が出るくらい十分にかん水します。

種子はペレット加工したものを使用するとまきやすいです

かん水後は、ブロックやタル木等で積み、
その上に置きます。

均一に発芽させるために寒冷紗等をかけます。

培土の肥料は2週間程度で切れるので、
かん水を兼ねて液肥の2、000?3、000倍液を
1日1回程度おこないます。

育苗期間

定植適期は、ポット育苗の場合は育苗日数35?45日、
本葉展開葉数5枚で、セル育苗では同じく3?4週間、3?4枚です。
定植1週間前頃から、かん水を控えるようにしましょう

スポンサーリンク

-家庭菜園栽培の基本, 育苗
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ナス苗 風よけ

家庭菜園で野菜の保温・風対策|手軽なキャップ利用がおすすめ

春のポカポカとした陽気になると、家庭菜園も忙しくなります。 しかし、この頃の天気というのは日中こそ暖かく感じるものの、 夜間は急激に冷え込むことなどもあるので、注意が必要です。 スポンサーリンク

no image

よい野菜の見分け方|新鮮野菜を食べよう

オオバ葉柄部の変色がない。全体にピンと張っていて濃緑色である。 ミツバ葉は濃緑色でみずみずしい。根がしっかりしている。茎部が短く葉が大きい。 セロリ葉柄部の変色がない。全体にピンと張っていて濃緑色であ …

家庭菜園 メロン

日照時間が少なくても栽培できる野菜|家庭菜園で野菜を上手に育てる光の条件

日当たりが良いことは、野菜を上手に育てるポイントとなります。 日当たりが良ければ、冬であれ、全体的に日光を浴びることが出来るため、 生長が良くなります。 スポンサーリンク

no image

家庭菜園を簡単に始める方法|キッチン菜園やベランダガーデンでも楽しめる

家庭菜園は、広いスペースが必要だと考えている人が多く、畑を持っていない人や、広い庭のないという人などは、うちでは育てることが出来ないと諦めてしまう人も多いです。 しかし、実際のところは都心のマンション …

野菜つくり

家庭菜園初心者でも育てやすい野菜|栽培期間の短いもの、手間のかからないものがおすすめ

家庭菜園の楽しみは、なんといっても、自分で栽培した野菜を、 収穫したその日のうちに、味わうことが出来るというところにあると思います。 スポンサーリンク ですから、野菜作りは自分の食べたい野菜や、食べて …

カテゴリー

最近のコメント