初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園栽培の基本 種まき

家庭菜園の種まき|種子の発芽特性を理解する

投稿日:

r3a1b002c-s.jpg

種子の特性を理解し、発芽しやすい条件づくり、
そして発芽後も生育に適した環境をつくることが大切です。

発芽の条件としては、温度、水分、酸素が必要で、
発芽後は光、炭酸ガス、水分、養分によって生育が進みます。  

発芽を促進するために、
種まき前に種子を水につけるとよいでしょう。

スポンサーリンク

できれば流水がいいですが、
時々水を換える方法でもいいと思います。

ゴボウやレタス、夏まきのホウレンソウなどは一晩水につけた後、
涼しいところで芽出しをしてから種まきするといいでしょう。

最近では、発芽促進処理として、
プライミングやネーキッドなどの名称で
加工された種子も販売されています。 

また、ペレット種子やシードテープ、
シードシートなどを利用すると省力化が図れます。

スポンサーリンク

-家庭菜園栽培の基本, 種まき
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

家庭菜園での間引き、整枝、摘葉のやり方|苗作りのポイント

苗作りとして育苗箱に種まきをしたり、畑に直に種子をまく場合は、 通常は、1箇所にまくこととなりますので、発芽する時に密生状態となります。 また、小さいうちの野菜というのは、この状態の方が、 お互いをか …

no image

家庭菜園の暑さ対策|べたがけ資材で害虫と強光を防ぐ

暖かくなると、どうしても病害虫が気になる季節となりますよね。 また、夏の暑さは生育障害を起こす可能性がありますので、防暑対策も、 同時に行わなければなりません。 そんな時にお勧めなのが、べたがけ資材で …

no image

白菜の種まき|おいしいハクサイの育て方

白菜の種はうね幅100センチなら1条まき、うね幅120センチなら2条まきにします株間の目安は50?です スポンサーリンク 1か所に4?5粒ずつまいて薄く土で覆ったあとにたっぷり水をあたえます 種のまき …

家庭菜園 ナス

ナス科の野菜|じゃがいも、トマト、なすは連作障害の対策を

野菜はいくつかの科に分類されます。ナスはナス科なのですが、ほかにもトマト、ピーマン、ジャガイモなどもナス科になります。科によって特性が似ていたり、かかりやすい病気も似ていたりします。同じ科の野菜を続けて栽培すると生育が悪かったり、病気にかかりやすくなったりすることがあります。これを連作障害といいます。

no image

家庭菜園で作る野菜に必要な養分

 野菜が必要とする必須16元素は以下のように分類されます。 ○多量要素(9元素)  炭素(C)、酸素(O)、水素(H)、窒素(N)、リン(P)、カリウム(K、加里)、カルシウム(Ca、石灰)、マグネシ …