初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園栽培の基本 種まき

家庭菜園の種まき|種子の発芽特性を理解する

投稿日:

r3a1b002c-s.jpg

種子の特性を理解し、発芽しやすい条件づくり、
そして発芽後も生育に適した環境をつくることが大切です。

発芽の条件としては、温度、水分、酸素が必要で、
発芽後は光、炭酸ガス、水分、養分によって生育が進みます。  

発芽を促進するために、
種まき前に種子を水につけるとよいでしょう。

スポンサーリンク

できれば流水がいいですが、
時々水を換える方法でもいいと思います。

ゴボウやレタス、夏まきのホウレンソウなどは一晩水につけた後、
涼しいところで芽出しをしてから種まきするといいでしょう。

最近では、発芽促進処理として、
プライミングやネーキッドなどの名称で
加工された種子も販売されています。 

また、ペレット種子やシードテープ、
シードシートなどを利用すると省力化が図れます。

スポンサーリンク

-家庭菜園栽培の基本, 種まき
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

家庭菜園の土の栄養管理が成功のポイント|野菜の吸肥力も調べておくと役立ちます

家庭菜園の成功のポイントは、なんといっても土の栄養管理です。痩せた土では育てることができない野菜も多くありますので、少々高価であっても、土の栄養は重要視して土・肥料を選ぶと良いでしょう。 しかし、エン …

野菜つくり

猛暑の時期の家庭菜園の水のやり方

水やりはうねの表面が乾いたら与えるのが原則です。 水のやりすぎは野菜の生育をかえってわるくさせてしまいます。 乾燥が続く、猛暑時の理想的な水のやり方は 朝早くと夕方の2回です。 朝のうちにあたえた水が …

no image

マルチを張ると根の張り方が違う

植物の根は水分と肥料分を求めて土の中を伸びていきます マルチフィルムを使うことによって温度と水分が保たれていると、根の張りがよくなり土の深くにも浅く横にも広がっていきます スポンサーリンク 追肥の時に …

家庭菜園 スイカ

ウリ科の野菜の連作障害|同じ種類の野菜を植えるときは注意

同じウリ科の野菜を同じところで育てると、 成長が悪かったり、病害虫の被害に遭いやすくなったり、 収穫出来る量が本来よりも少なかったりといった事が起こります。 スポンサーリンク これは、連作障害と呼ばれ …

no image

家庭菜園での畝の作り方|うねの立て方は、育てる野菜の種類によって異なります

種まきを行う時や、苗を植え付ける時に、畝を作る場合があります。畝(うね)というのは、畑の土を列のように盛り上げたものになり、広く畝を取る時には、ベッドなどの言い方をすることもあります。 畝を作るメリッ …