初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園栽培の基本

家庭菜園でできるトンネル栽培|葉菜類を育てる

投稿日:

秋野菜の収穫期を迎えた頃になったら、トンネル栽培で育てられる、
野菜の種まきを行いましょう。
ほうれん草、小かぶ、春菊、小松菜などがその時期を種まきの適期とする、
代表的な野菜です。露地まきは、冬どりには間に合いませんので、
トンネル栽培を前提とします。
大体、10月の下旬頃までには種まきを完了させますが、
この時期というのは、関東南部以降の平坦地となりますので、
寒い地域、高冷地の場合は、翌年の春を迎えるまで種まきは出来ません。
まず、種まきの準備となりますが、早めに完熟堆肥をまいて、
深さ約20センチほどまで、良く耕しておきます。
その後、ベッドを作り、化成肥料・油粕を施し、耕します。
種をまく前は、畑が乾いているようであれば水やりを行います。
くわ幅のまき溝を3条作って、溝の幅の全体に行き渡るよう、
種まきを行います。覆土は、5ミリ?8ミリほどの深くならないようにします。
種まき後は、すぐにトンネルで覆って防寒対策をします。
裾の部分には土をかけて密閉するようにしますが、発芽した後は、
頂部に穴をあけて、通気性を持たせてください。
密閉しすぎてしまうと、育ちが軟弱となり、寒さにも弱くなってしまいます。
密閉していた方が育ちは良いと言えますが、丈夫に育てることが第一となりますので、
穴を開けて換気することを忘れないようにしましょう。
乾燥しやすい土地であれば、10日に1回を目安に水やりを行います。
追肥は、生育半ばとなる頃に1回?2回、溝の合間に行い、土を混ぜ込みます。

スポンサーリンク

-家庭菜園栽培の基本
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

野菜つくり

種子の保存方法|余った種は貯蔵して来年の種まきに使おう

種まきの適期くらいに購入した種や、自家採種した種は、 そのシーズンに使い切れないこともしばしばあります。 家庭菜園は、全ての人が広いスペースを持っているわけではありませんし、 色々な野菜を育てたいとい …

ピーマン 苗

春にまく野菜の発芽までの日数と適温

春に種をまく野菜 ナス、ミニトマト、ピーマン、リーフレタス、枝豆、とうもろこしの種をまいてからの発芽日数、最適発芽温度を紹介します。温度によって発芽までの日数がかわりますので、寒い時期は加温や保温をしてやらないと発芽までの日数がかかることになります。

no image

マルチフィルムの使い方|家庭菜園でマルチを使う利点

マルチとは土の表面をビニールフィルムやワラなどで覆うことです 畝にマルチを張ると土壌が適度な温度に保たれるようになり春先などまだ気温の低い季節でも野菜が元気に育つようになります また土壌の水分を保つ働 …

no image

家庭菜園の種まき|種子の発芽特性を理解する

種子の特性を理解し、発芽しやすい条件づくり、そして発芽後も生育に適した環境をつくることが大切です。 発芽の条件としては、温度、水分、酸素が必要で、発芽後は光、炭酸ガス、水分、養分によって生育が進みます …

no image

家庭菜園の広さの目安|初心者なら1坪ほどの菜園スペースで十分

家庭菜園は、そんなに広いスペースは必要ありません。中には、自宅で出来る範囲をもっと広くしたい、もっと色々な種類の野菜を育てたい、という人も居ますが、広過ぎは禁物です。 お手入れするのに労力が要りますし …

カテゴリー

最近のコメント