初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園栽培の基本

家庭菜園でできるトンネル栽培|葉菜類を育てる

投稿日:

秋野菜の収穫期を迎えた頃になったら、トンネル栽培で育てられる、
野菜の種まきを行いましょう。
ほうれん草、小かぶ、春菊、小松菜などがその時期を種まきの適期とする、
代表的な野菜です。露地まきは、冬どりには間に合いませんので、
トンネル栽培を前提とします。
大体、10月の下旬頃までには種まきを完了させますが、
この時期というのは、関東南部以降の平坦地となりますので、
寒い地域、高冷地の場合は、翌年の春を迎えるまで種まきは出来ません。
まず、種まきの準備となりますが、早めに完熟堆肥をまいて、
深さ約20センチほどまで、良く耕しておきます。
その後、ベッドを作り、化成肥料・油粕を施し、耕します。
種をまく前は、畑が乾いているようであれば水やりを行います。
くわ幅のまき溝を3条作って、溝の幅の全体に行き渡るよう、
種まきを行います。覆土は、5ミリ?8ミリほどの深くならないようにします。
種まき後は、すぐにトンネルで覆って防寒対策をします。
裾の部分には土をかけて密閉するようにしますが、発芽した後は、
頂部に穴をあけて、通気性を持たせてください。
密閉しすぎてしまうと、育ちが軟弱となり、寒さにも弱くなってしまいます。
密閉していた方が育ちは良いと言えますが、丈夫に育てることが第一となりますので、
穴を開けて換気することを忘れないようにしましょう。
乾燥しやすい土地であれば、10日に1回を目安に水やりを行います。
追肥は、生育半ばとなる頃に1回?2回、溝の合間に行い、土を混ぜ込みます。

スポンサーリンク

-家庭菜園栽培の基本
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

野菜つくり

家庭菜園の野菜収穫後の後片付け|土壌中に残った茎葉を残さないこと

野菜収穫後は、畑に多くの茎葉が残ります。 今日は、残った茎葉などの処理の方法について、紹介させて頂きます。 茎葉が軟弱で病害虫に侵されやすい野菜を育てていた場合は特に、 土壌中に病害虫が長く生存してい …

ピーマン 苗

春にまく野菜の発芽までの日数と適温

春に種をまく野菜 ナス、ミニトマト、ピーマン、リーフレタス、枝豆、とうもろこしの種をまいてからの発芽日数、最適発芽温度を紹介します。温度によって発芽までの日数がかわりますので、寒い時期は加温や保温をしてやらないと発芽までの日数がかかることになります。

野菜つくり

家庭菜園初心者でも育てやすい野菜|栽培期間の短いもの、手間のかからないものがおすすめ

家庭菜園の楽しみは、なんといっても、自分で栽培した野菜を、 収穫したその日のうちに、味わうことが出来るというところにあると思います。 スポンサーリンク ですから、野菜作りは自分の食べたい野菜や、食べて …

no image

家庭菜園での品種選び|トマトだけでも品種はたくさんあります

家庭菜園は、さまざまな野菜を育てることができる点にメリットを感じる人も多いと思います。また、トマト1つにしても実にさまざまな種類の品種名がありますので、作りたい品種までを考えておくと、更に楽しみが広が …

野菜つくり

家庭菜園をはじめよう|初心者でも簡単に始められる野菜作り

家庭菜園は誰でも簡単にできる野菜作りです。食の安全性や環境への関心の高まりとともに、家庭菜園をはじめる方が増えています。家庭菜園は、自宅の庭やベランダの一角ではじめることはもちろんのこと、市民農園や貸菜園を借りるなど、様々な方法ではじめることが可能です。とにかく、自分でつくったとれたての野菜は、おいしい! プランターひとつ、苗1本からでOK! なのです。自分が食べたい野菜をつくってみることができるのも、家庭菜園の魅力。「食べたい野菜」=「作りたい野菜」と考えて、野菜づくりにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?