初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園栽培の基本

野菜の生育温度|品目ごとに適した温度で育てるとうまくいく

投稿日:

野菜には、それぞれ生育に適した温度というものがあります。
寒さに強く、秋蒔きをするダイコンや、ハクサイ、ネギなどの場合は、
生育適温が15?20度となるのに対して、
暑さに強く、春蒔きをするキュウリ、トマト、エダマメなどは、
生育適温が20度?25度となります。

IMG_1611.JPG

⇒ダイコンの栽培特性
⇒ハクサイの栽培特性

⇒キュウリの栽培特性
⇒トマトの栽培特性
⇒エダマメの栽培特性

また、高温性野菜でも、スイカや、メロンとなると、
生育適温は25?30度となったり、それぞれ違いがあるので注意したいところです。

スポンサーリンク

■野菜は、生育適温にて育てることが重要

生育限界温度の、最低温度・最高温度の中で育てれば、
野菜を枯らさずに育てることが出来ます。

しかし、上記に記載した「適温」でなければ、美味しい野菜を収穫する事が出来なくなります。

トマトの場合、最低温度は2?5度ほどとなります。
最高温度は、35?38度となりますが、適温は20?25度です。

この範囲内で育てるのではなく、適温を守ることによって、
品質の良いトマトを収穫出来るようになるということです。

生育適温となるのが、生長の旺盛になる頃というのを目安とし、
種まきや、植え付けなどの時期を考えて行かなければなりません。

これが、種まきの適期が重要だとされる理由です。
美味しい野菜を収穫するためにも、守るようにしてくださいね。

■野菜を生育適温で育てるための、環境作り

野菜を育てる環境は、変えることが出来ます。
例えば、マルチングを作る、トンネル栽培をする、遮光をする、
寒冷紗を使うなどの方法があります。

⇒マルチングについて

上手くアイテムを使いながら、生育適温を保つようにしてあげると、
よりよい収穫をすることが出来ます。

スポンサーリンク

-家庭菜園栽培の基本
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

野菜の分類|食べる部分によって3つに分類

一般的に農業や園芸の分野では、食用となる草木性の植物(茎が木質でないもの)を野菜と呼びます イチゴ、メロン、スイカも草木性のため野菜として扱われます 日本では穀物であるトウモロコシを野菜として扱ってい …

家庭菜園 トマト

暑さに強い野菜と寒さに強い野菜|高温性野菜と低温性野菜の違い

野菜は、低温性野菜と高温性野菜に分けられます。 それらは、各野菜の生育最高温度、最低温度を知ることによって、 知ることが出来ます。 スポンサーリンク

no image

ポイント6 同じ種類の野菜を連続で栽培するのを避けて輪作を心がける |家庭菜園の病害虫防除

同じ場所で同じ種類の野菜あるいは同じ科の野菜を作り続けていると病害虫のリスクが高まります(連作障害) ⇒連作障害にならないように野菜の科を覚えよう これは畑の土の中の微生物、養分のバランスがわるくなる …

no image

スプラウト野菜の育て方|簡単に作れて栄養価も高い

スプラウトとは、植物の芽が出たばかりのものをさします。種子には、生長するために必要な栄養分が蓄えられていますが、発芽した事によって、新しいミネラルやビタミンが作られるのです。 そのため、発芽直後のスプ …

野菜つくり

種子が発芽しないのはなぜか?|休眠と芽が出る条件について

種が完熟し、発芽力を持つまでには、基本的に、 開花→受粉→受精→結実といった経過を経ることとなります。 スポンサーリンク しかし、野菜の種類によっては、普通に種を播いただけでは、 発芽しない場合もある …