初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園栽培の基本

野菜の生育温度|品目ごとに適した温度で育てるとうまくいく

投稿日:

野菜には、それぞれ生育に適した温度というものがあります。
寒さに強く、秋蒔きをするダイコンや、ハクサイ、ネギなどの場合は、
生育適温が15?20度となるのに対して、
暑さに強く、春蒔きをするキュウリ、トマト、エダマメなどは、
生育適温が20度?25度となります。

IMG_1611.JPG

⇒ダイコンの栽培特性
⇒ハクサイの栽培特性

⇒キュウリの栽培特性
⇒トマトの栽培特性
⇒エダマメの栽培特性

また、高温性野菜でも、スイカや、メロンとなると、
生育適温は25?30度となったり、それぞれ違いがあるので注意したいところです。

スポンサーリンク

■野菜は、生育適温にて育てることが重要

生育限界温度の、最低温度・最高温度の中で育てれば、
野菜を枯らさずに育てることが出来ます。

しかし、上記に記載した「適温」でなければ、美味しい野菜を収穫する事が出来なくなります。

トマトの場合、最低温度は2?5度ほどとなります。
最高温度は、35?38度となりますが、適温は20?25度です。

この範囲内で育てるのではなく、適温を守ることによって、
品質の良いトマトを収穫出来るようになるということです。

生育適温となるのが、生長の旺盛になる頃というのを目安とし、
種まきや、植え付けなどの時期を考えて行かなければなりません。

これが、種まきの適期が重要だとされる理由です。
美味しい野菜を収穫するためにも、守るようにしてくださいね。

■野菜を生育適温で育てるための、環境作り

野菜を育てる環境は、変えることが出来ます。
例えば、マルチングを作る、トンネル栽培をする、遮光をする、
寒冷紗を使うなどの方法があります。

⇒マルチングについて

上手くアイテムを使いながら、生育適温を保つようにしてあげると、
よりよい収穫をすることが出来ます。

スポンサーリンク

-家庭菜園栽培の基本
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

野菜つくり

家庭菜園の野菜収穫後の後片付け|土壌中に残った茎葉を残さないこと

野菜収穫後は、畑に多くの茎葉が残ります。 今日は、残った茎葉などの処理の方法について、紹介させて頂きます。 茎葉が軟弱で病害虫に侵されやすい野菜を育てていた場合は特に、 土壌中に病害虫が長く生存してい …

no image

家庭菜園の連作障害対策|同じ野菜を続けて栽培してはいけません

家庭菜園での連作障害を考えると エンドウ、スイカ、ナスのように 6?7年も間隔をあけて栽培しなければならないものもあり、 小面積の家庭菜園ではたちまち野菜が作れなくなってしまいます。 家庭菜園のせまい …

野菜つくり

家庭菜園初心者でも育てやすい野菜|栽培期間の短いもの、手間のかからないものがおすすめ

家庭菜園の楽しみは、なんといっても、自分で栽培した野菜を、 収穫したその日のうちに、味わうことが出来るというところにあると思います。 スポンサーリンク ですから、野菜作りは自分の食べたい野菜や、食べて …

no image

家庭菜園での保温方法|トンネル栽培やべたがけ資材の使い方

10月中旬?下旬頃になると、寒さが一層強まり、秋冬野菜や、 小物野菜は、正常な生育が出来なくなります。 また、この時期以降は種まきの出来る野菜もなくなります。 冷たい風の当たりやすい大地などでは、風の …

キュウリ 苗

野菜苗の上手な選び方|苗を購入する前に気をつけておきたいポイント

春は家庭菜園をしている人にとって大忙しの季節です。 園芸シーズンを迎えますので、園芸専門店や、ホームセンターなどでは 色々な野菜の苗が売り出されるのもこの頃です。 スポンサーリンク

カテゴリー

最近のコメント