初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園栽培の基本 種まき

種子が発芽しないのはなぜか?|休眠と芽が出る条件について

投稿日:

種が完熟し、発芽力を持つまでには、基本的に、
開花→受粉→受精→結実といった経過を経ることとなります。

しかし、野菜の種類によっては、普通に種を播いただけでは、
発芽しない場合もあるのをご存知でしょうか?

これは、種が発芽に向けて成熟するに伴い、自然の流れとして
一次休眠するためだと言われています。

スポンサーリンク

それだけではなく、種が悪い状況下に置かれた時など、
それに耐えるために、休眠に入る現象も見られることがあります。
これは、二次休眠と呼ばれています。

一次休眠・二次休眠ともに、この間は発芽が抑制されます。
ほうれん草や、ごぼうなどの野菜がこれに該当しますので、
休眠打破処理をするまたは、目覚めるを待つ方法をとって種を播きます。

スポンサーリンク

ほうれん草を夏に播き栽培する場合には、採取後、
日数が経っていないため、休眠が関与し、発芽が抑制されてしまいます。
そのため、種を1日水に漬けておくことが必要です。

その後、水切りをし1ミリ-2ミリ発根させてから、
種播きをするという、芽出し播きを行うのが一般的です。
これで、発芽をそろえることが出来ます。

種を水に漬けておくことによって、種皮に含まれている、
休眠物質を水で流すことが出来るため、発芽を促すことが出来るのです。

高温であることは、ほうれん草の休眠を誘いますので、
更に冷たい冷蔵庫にて保管をしておくと、発芽を促します。
その後、発根させて種播きを行うのです。

こうすることで、順調に生育することが出来るのです。
一次休眠・二次休眠ともに理解して育てることが必要ですね。

スポンサーリンク

-家庭菜園栽培の基本, 種まき
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

家庭菜園の種まき|種子の発芽特性を理解する

種子の特性を理解し、発芽しやすい条件づくり、そして発芽後も生育に適した環境をつくることが大切です。 発芽の条件としては、温度、水分、酸素が必要で、発芽後は光、炭酸ガス、水分、養分によって生育が進みます …

no image

肥料の成分・種類ごとの働き|家庭菜園で上手な野菜作り

肥料の成分・種類の働きを知っていますか? 多量必須元素(人間の食べ物にたとえると、主食) 窒素(N):原形質の主成分であるたんぱく質の構成元素      (人間の食べ物でたとえると、炭水化物、米、パン …

野菜つくり

猛暑の時期の家庭菜園の水のやり方

水やりはうねの表面が乾いたら与えるのが原則です。 水のやりすぎは野菜の生育をかえってわるくさせてしまいます。 乾燥が続く、猛暑時の理想的な水のやり方は 朝早くと夕方の2回です。 朝のうちにあたえた水が …

no image

家庭菜園の上手な管理の仕方|株間と光合成に必要な葉数を確保する

春から夏にかけて、野菜の生長は著しく伸びます。1日違うだけでも、凄く生長を感じる時期となりますので、野菜に応じて適切な管理をしてあげることが、元気な野菜の収穫とつながります。 ナスやピーマンなどは、1 …

no image

エダマメの根粒菌の役割|空気中の窒素を固定してくれるすごいやつ

エダマメはマメ科の中でも根粒菌のつきやすい野菜です 根粒菌はマメ科の植物の根に侵入し、小さなこぶ(根粒)を作ってそのマメ科植物に寄生します スポンサーリンク 空気中の窒素をとりこみ、アンモニアに還元し …