初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園栽培の基本 種まき

種子が発芽しないのはなぜか?|休眠と芽が出る条件について

投稿日:

種が完熟し、発芽力を持つまでには、基本的に、
開花→受粉→受精→結実といった経過を経ることとなります。

しかし、野菜の種類によっては、普通に種を播いただけでは、
発芽しない場合もあるのをご存知でしょうか?

これは、種が発芽に向けて成熟するに伴い、自然の流れとして
一次休眠するためだと言われています。

スポンサーリンク

それだけではなく、種が悪い状況下に置かれた時など、
それに耐えるために、休眠に入る現象も見られることがあります。
これは、二次休眠と呼ばれています。

一次休眠・二次休眠ともに、この間は発芽が抑制されます。
ほうれん草や、ごぼうなどの野菜がこれに該当しますので、
休眠打破処理をするまたは、目覚めるを待つ方法をとって種を播きます。

スポンサーリンク

ほうれん草を夏に播き栽培する場合には、採取後、
日数が経っていないため、休眠が関与し、発芽が抑制されてしまいます。
そのため、種を1日水に漬けておくことが必要です。

その後、水切りをし1ミリ-2ミリ発根させてから、
種播きをするという、芽出し播きを行うのが一般的です。
これで、発芽をそろえることが出来ます。

種を水に漬けておくことによって、種皮に含まれている、
休眠物質を水で流すことが出来るため、発芽を促すことが出来るのです。

高温であることは、ほうれん草の休眠を誘いますので、
更に冷たい冷蔵庫にて保管をしておくと、発芽を促します。
その後、発根させて種播きを行うのです。

こうすることで、順調に生育することが出来るのです。
一次休眠・二次休眠ともに理解して育てることが必要ですね。

スポンサーリンク

-家庭菜園栽培の基本, 種まき
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

家庭菜園

野菜の分類、科名を覚えておくと家庭菜園の管理に役立つ

植物学的に、野菜は分類分けされています。 家庭菜園では、連作障害を避けるためにも、この野菜の分類分けについて、 ある程度頭に入れておくようにしてください。 例えば、アブラナ科の野菜には、ダイコン、ハク …

no image

家庭菜園の暑さ対策|べたがけ資材で害虫と強光を防ぐ

暖かくなると、どうしても病害虫が気になる季節となりますよね。 また、夏の暑さは生育障害を起こす可能性がありますので、防暑対策も、 同時に行わなければなりません。 そんな時にお勧めなのが、べたがけ資材で …

no image

早生とか晩生ってどういう意味?|同じ野菜でも品種によって栽培期間が異なる

種まき?収穫までにかかる日数のことを「栽培期間」と言います。同じ野菜でも品種により、日数の違いがあり、それぞれ早いものから順に、極早生種、早生種、中生種、晩生種、極晩生種となります。 一般的に、栽培期 …

no image

種子と光と温度の関係|好光性種子と嫌光性種子、発芽適温

野菜の種というと、ほうれん草やレタスのように、5度くらいの低い温度より発芽をしはじめるものや、スイカなどのように40度でも発芽するものなど様々です。 ほとんどの野菜の場合には、20度?25度くらいの温 …

no image

家庭菜園は狭いスペースでもできます|余った場所を有効利用して野菜を楽しむ

庭の一角や、ベランダ、キッチンでも家庭菜園は楽しめます。広いスペースを必要とする野菜は、さすがに育てることが出来ませんが、ミニサイズの野菜の品種も増えてきている今、季節ごとに、さまざまな野菜を育てるこ …

カテゴリー

最近のコメント