初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園栽培の基本

野菜の科名|連作障害にならないように野菜の科を覚えましょう

投稿日:

あなたは野菜の種類をどれだけ知っていますか?
またその野菜が何科に属しているかまで知っているでしょうか?

同じ場所に同じ野菜をつくると連作障害が発生しやすいということで
他の野菜を植えれば大丈夫と考えがちです。

スポンサーリンク

しかし、カブやブロッコリーのように別の野菜ですが、
科ごとに分類するとアブラナ科となり、
同じ分類でネコブ病になったりするので、注意が必要です。

トマト、ピーマン、ジャガイモはナスと同じナス科ですので
こちらも注意が必要です。

野菜の分類

アオイ科…オクラ

アカザ科…ホウレンソウ、オカヒジキ、フダンソウ

アブラナ科…キャベツ、白菜、ブロッコリー、カリフラワー、小松菜、キョウナ、チンゲンサイ、大根など

イネ科…とうもろこしなど

ウリ科…きゅうり、かぼちゃ、スイカ、メロン、ゴーヤ(ニガウリ)など

キク科…レタス、春菊、ゴボウなど

サトイモ科…里芋

スポンサーリンク

シソ科…シソ、セージ、ミントなど

シナノキ科…モロヘイヤ

セリ科…ニンジン、セロリ、パセリ、アシタバなど

ナス科…ナス、トマト、ピーマン、じゃがいもなど

バラ科…イチゴなど

ヒルガオ科…サツマイモ、エンツァイなど

マメ科…枝豆、サヤインゲン、サヤエンドウなど

ユリ科…ネギ、タマネギ、ワケギ、ニラ、アスパラガスなど

連作障害がでにくい野菜

サツマイモ、カボチャ、小松菜、タマネギなど

連作障害がでやすい野菜

エンドウ、スイカ、メロン、ナス、トマト、キュウリ、ゴボウ、サトイモ、白菜など

野菜の「科」を知っておくことは
家庭菜園での作業や栽培管理をするうえで有効です。

家庭菜園でこれから栽培しようとしている野菜が

どの科なのか?
どの仲間なのか?

をきちんと把握して栽培計画を立てましょう。

⇒家庭菜園の連作障害

スポンサーリンク

-家庭菜園栽培の基本
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

料理によって品種を選ぶのも家庭菜園の楽しみのひとつ

品種は、どのようにして食べるかによっても変わります。特にトマトや、じゃがいもなどに言えることですが、じゃがいもであれば、煮くずれしにくい煮込み料理に適したもの、そうでないものなどがあります。 トマトの …

no image

家庭菜園の野菜の寒さ対策|資材を上手に使って冬の野菜作りを楽しむ

冬になると、降雪・低温のため、露地栽培の生育が止まります。 また、種類によって違いはあるものの、ほとんどが良品を収穫出来なくなります。 種まきをしても、低温であるため、発芽することが出来ない時期となり …

野菜つくり

家庭菜園初心者でも育てやすい野菜|栽培期間の短いもの、手間のかからないものがおすすめ

家庭菜園の楽しみは、なんといっても、自分で栽培した野菜を、 収穫したその日のうちに、味わうことが出来るというところにあると思います。 スポンサーリンク ですから、野菜作りは自分の食べたい野菜や、食べて …

野菜つくり

家庭菜園で野菜がうまく育たない原因|水やり・肥料不足・肥料過多など

生育不良は、病気や害虫、害獣による被害だけではありません。 野菜の生長が著しくない場合は、上記の原因以外にも、 原因が考えられることを頭に入れて、対処法を考える必要があります。 スポンサーリンク

no image

家庭菜園で苗からはじめる野菜作り|移植栽培のメリット

セルトレイや、育苗箱、ポットなどを使って苗をある程度育てた後、畑に移し替えて育てる方法を、移植栽培といいます。 育苗箱を使う場合は、本葉が2枚?3枚ほどとなるまでに、ポットに鉢上げを行い、その後、コン …

カテゴリー

最近のコメント