初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園栽培の基本

家庭菜園で旬の野菜を育てよう|新鮮で栄養価が高い野菜がおいしい

投稿日:

スーパーへ行くと、1年中購入することの出来る野菜って多いですよね。
今は、ハウス栽培なども盛んに行われているので、本来旬ではない時期でも、
その野菜を楽しむことが出来る世の中になっています。

促成栽培、周年栽培、品種改良などの技術も大変進んでいるので、
私たちは、1年中トマトや、レタスを楽しむことが出来るのです。

■旬の野菜を食べるのが、1番栄養価が高い

しかし、旬の時期に育てられた野菜というのは、味が違います。
栄養価も高いので、出来るだけ旬のものを、旬の時期に食べるというのが、
健康的です。

野菜にとっての旬の季節というのは、本来、適度な温度を保てる時期で、
人の手を掛けなくても、美味しく育つ時期のことです。

丈夫な株に育てば、病害虫の被害にも遭いにくいと言え、
収穫量は多く、品質の良いものが楽しめます。

スポンサーリンク

家庭菜園のメリットは、1番ここにあるのではないかと思います。
なかなか作業環境の揃っていない自宅での野菜栽培は、
1年同じ野菜を作り続けるのは難しいと言えます。

その代わり、旬なものをかわるがわる育て、収穫出来るので、
旬の野菜の採りたての味を楽しむことが出来るのです。

■トマトの苗の植え付けは春に行うこと

家庭菜園でも人気の高いトマトの苗は、4月下旬?5月頃が適期です。
この頃に植え付けを行えば、生育期に気温が上がりすぎず、
トマトの生育にとっての適温を保つことが出来ます。

そして、この旬のトマトは甘味があり、とても美味しいものです。
家庭菜園では、適期を守り、より栄養価の高い野菜を、旬に食べられるよう、
畑作りを考えていくと良いでしょう。

スポンサーリンク

-家庭菜園栽培の基本
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

よい苗の選び方|家庭菜園での苗半作の重要性

苗半作という言葉を知っていますか? 良い苗を作ることができたら、栽培は半分成功したようなもの という意味です。 家庭菜園で野菜を作るとき苗のいいわるいはかなり重要です。 とくに実のなる野菜は苗の段階で …

no image

野菜の生育温度|品目ごとに適した温度で育てるとうまくいく

野菜には、それぞれ生育に適した温度というものがあります。寒さに強く、秋蒔きをするダイコンや、ハクサイ、ネギなどの場合は、生育適温が15?20度となるのに対して、暑さに強く、春蒔きをするキュウリ、トマト …

家庭菜園 スイカ

ウリ科の野菜の連作障害|同じ種類の野菜を植えるときは注意

同じウリ科の野菜を同じところで育てると、 成長が悪かったり、病害虫の被害に遭いやすくなったり、 収穫出来る量が本来よりも少なかったりといった事が起こります。 スポンサーリンク これは、連作障害と呼ばれ …

no image

ベジタブルガーデンの作り方|ハーブや野菜だけでなく、草花も楽しめる

家庭菜園を使ったガーデニングが流行しています。このガーデニングの方法を使って作られた庭は、菜園ガーデンや、ベジタブルガーデンと呼ばれ、とても人気が高いガーデンスタイルです。 食べたい野菜は勿論ですが、 …

家庭菜園 堆肥 使い方

畑を耕すことはどんなメリットがあるのか?|家庭菜園での耕うんのポイント

耕起(耕うん)とは? 耕起というのは、畑を耕すことです。 クワなどを使って、約30センチの深さまで良く土を掘り起こして反転させます。 スポンサーリンク 土のかたまりなどができないように、上手に砕くよう …

カテゴリー

最近のコメント