初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園栽培の基本

寒冷地と温暖地で違う家庭菜園の品種の選び方

投稿日:

日本は、寒地・寒冷地・温暖地・暖地・亜熱帯に気候で区分されます。
高地や海沿いなどのケースがあるため、一概には言えませんが、
北海道は全域が寒地となり、沖縄は亜熱帯に区分されます。

南関東のほとんどは、温暖地、北関東の一部のみ寒冷地となるなど、
地方で分かれているわけではありませんので、お住まいの地域が、
何に区分されているかを、大まかに知っておくと良いでしょう。

一般的に、暖地?亜熱帯の地域では、暑さに強い品種を選ぶこと、
寒冷地?寒地の地域では、寒さに強い品種を選ぶことが、
家庭菜園の成功のコツとなります。

また、春まき・夏まき・秋まきのできるキャベツ・ほうれん草などの野菜は、
種をまく時期に合わせて、品種を選ぶことが大切です。

スポンサーリンク

栽培期間が長くなるハクサイや、ダイコンなどの野菜に関しては、
長く菜園での管理が必要なため、どうしても病気や害虫の被害に遭いやすくなります。

そのため、病気や害虫の被害に遭いにくい品種を選ぶことも、
重要になってきます。

このように、アブラナ科の野菜は病害虫の被害が懸念されますが、
コマツナやミズナといった野菜は、例外となり、非常に育てやすいと言えます。

季節・気候・野菜の特徴、このようなことをポイントとして、
育てる野菜の品種を決定していくと、同じ野菜でも、比較的育てやすく、
良い収穫が得れるようになります。

自分のお住まいの地域を知ること、それぞれの野菜や品種の特徴などは、
きちんと理解した上で、品種選びをしてみてくださいね。

スポンサーリンク

-家庭菜園栽培の基本
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

家庭菜園で作る野菜に必要な養分

 野菜が必要とする必須16元素は以下のように分類されます。 ○多量要素(9元素)  炭素(C)、酸素(O)、水素(H)、窒素(N)、リン(P)、カリウム(K、加里)、カルシウム(Ca、石灰)、マグネシ …

no image

いい苗の選び方|苗選びが家庭菜園成功のコツ

苗を購入する時や、育苗後、定植に良い苗を選ぶポイントをまとめました。下記を参考に、良いものを畑に植えて、丈夫に育てて行きましょう。 ■育苗後の苗・市販されている苗の選び方 ・茎が丈夫に育っていて、しっ …

no image

マルチフィルムの使い方|家庭菜園でマルチを使う利点

マルチとは土の表面をビニールフィルムやワラなどで覆うことです 畝にマルチを張ると土壌が適度な温度に保たれるようになり春先などまだ気温の低い季節でも野菜が元気に育つようになります また土壌の水分を保つ働 …

家庭菜園 ナス

ナス科の野菜|じゃがいも、トマト、なすは連作障害の対策を

野菜はいくつかの科に分類されます。ナスはナス科なのですが、ほかにもトマト、ピーマン、ジャガイモなどもナス科になります。科によって特性が似ていたり、かかりやすい病気も似ていたりします。同じ科の野菜を続けて栽培すると生育が悪かったり、病気にかかりやすくなったりすることがあります。これを連作障害といいます。

家庭菜園 堆肥 使い方

畑を耕すことはどんなメリットがあるのか?|家庭菜園での耕うんのポイント

耕起(耕うん)とは? 耕起というのは、畑を耕すことです。 クワなどを使って、約30センチの深さまで良く土を掘り起こして反転させます。 スポンサーリンク 土のかたまりなどができないように、上手に砕くよう …

カテゴリー

最近のコメント