初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園栽培の基本

寒冷地と温暖地で違う家庭菜園の品種の選び方

投稿日:

日本は、寒地・寒冷地・温暖地・暖地・亜熱帯に気候で区分されます。
高地や海沿いなどのケースがあるため、一概には言えませんが、
北海道は全域が寒地となり、沖縄は亜熱帯に区分されます。

南関東のほとんどは、温暖地、北関東の一部のみ寒冷地となるなど、
地方で分かれているわけではありませんので、お住まいの地域が、
何に区分されているかを、大まかに知っておくと良いでしょう。

一般的に、暖地?亜熱帯の地域では、暑さに強い品種を選ぶこと、
寒冷地?寒地の地域では、寒さに強い品種を選ぶことが、
家庭菜園の成功のコツとなります。

また、春まき・夏まき・秋まきのできるキャベツ・ほうれん草などの野菜は、
種をまく時期に合わせて、品種を選ぶことが大切です。

スポンサーリンク

栽培期間が長くなるハクサイや、ダイコンなどの野菜に関しては、
長く菜園での管理が必要なため、どうしても病気や害虫の被害に遭いやすくなります。

そのため、病気や害虫の被害に遭いにくい品種を選ぶことも、
重要になってきます。

このように、アブラナ科の野菜は病害虫の被害が懸念されますが、
コマツナやミズナといった野菜は、例外となり、非常に育てやすいと言えます。

季節・気候・野菜の特徴、このようなことをポイントとして、
育てる野菜の品種を決定していくと、同じ野菜でも、比較的育てやすく、
良い収穫が得れるようになります。

自分のお住まいの地域を知ること、それぞれの野菜や品種の特徴などは、
きちんと理解した上で、品種選びをしてみてくださいね。

スポンサーリンク

-家庭菜園栽培の基本
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

家庭菜園の土の栄養管理が成功のポイント|野菜の吸肥力も調べておくと役立ちます

家庭菜園の成功のポイントは、なんといっても土の栄養管理です。痩せた土では育てることができない野菜も多くありますので、少々高価であっても、土の栄養は重要視して土・肥料を選ぶと良いでしょう。 しかし、エン …

家庭菜園 ホウレンソウ

移植栽培、直播栽培どちらが良いか?|メリットとデメリット

直播栽培と移植栽培という、野菜の育て方の種類がありますが、 直播栽培でなければならないもの、移植栽培の方が適しているものがあります。 スポンサーリンク

家庭菜園 ナス

ナス科の野菜|じゃがいも、トマト、なすは連作障害の対策を

野菜はいくつかの科に分類されます。ナスはナス科なのですが、ほかにもトマト、ピーマン、ジャガイモなどもナス科になります。科によって特性が似ていたり、かかりやすい病気も似ていたりします。同じ科の野菜を続けて栽培すると生育が悪かったり、病気にかかりやすくなったりすることがあります。これを連作障害といいます。

no image

スプラウト野菜の育て方|簡単に作れて栄養価も高い

スプラウトとは、植物の芽が出たばかりのものをさします。種子には、生長するために必要な栄養分が蓄えられていますが、発芽した事によって、新しいミネラルやビタミンが作られるのです。 そのため、発芽直後のスプ …

no image

マルチを張ると根の張り方が違う

植物の根は水分と肥料分を求めて土の中を伸びていきます マルチフィルムを使うことによって温度と水分が保たれていると、根の張りがよくなり土の深くにも浅く横にも広がっていきます スポンサーリンク 追肥の時に …

カテゴリー

最近のコメント