初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園栽培の基本

寒冷地と温暖地で違う家庭菜園の品種の選び方

投稿日:

日本は、寒地・寒冷地・温暖地・暖地・亜熱帯に気候で区分されます。
高地や海沿いなどのケースがあるため、一概には言えませんが、
北海道は全域が寒地となり、沖縄は亜熱帯に区分されます。

南関東のほとんどは、温暖地、北関東の一部のみ寒冷地となるなど、
地方で分かれているわけではありませんので、お住まいの地域が、
何に区分されているかを、大まかに知っておくと良いでしょう。

一般的に、暖地?亜熱帯の地域では、暑さに強い品種を選ぶこと、
寒冷地?寒地の地域では、寒さに強い品種を選ぶことが、
家庭菜園の成功のコツとなります。

また、春まき・夏まき・秋まきのできるキャベツ・ほうれん草などの野菜は、
種をまく時期に合わせて、品種を選ぶことが大切です。

スポンサーリンク

栽培期間が長くなるハクサイや、ダイコンなどの野菜に関しては、
長く菜園での管理が必要なため、どうしても病気や害虫の被害に遭いやすくなります。

そのため、病気や害虫の被害に遭いにくい品種を選ぶことも、
重要になってきます。

このように、アブラナ科の野菜は病害虫の被害が懸念されますが、
コマツナやミズナといった野菜は、例外となり、非常に育てやすいと言えます。

季節・気候・野菜の特徴、このようなことをポイントとして、
育てる野菜の品種を決定していくと、同じ野菜でも、比較的育てやすく、
良い収穫が得れるようになります。

自分のお住まいの地域を知ること、それぞれの野菜や品種の特徴などは、
きちんと理解した上で、品種選びをしてみてくださいね。

スポンサーリンク

-家庭菜園栽培の基本
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

家庭菜園を簡単に始める方法|キッチン菜園やベランダガーデンでも楽しめる

家庭菜園は、広いスペースが必要だと考えている人が多く、畑を持っていない人や、広い庭のないという人などは、うちでは育てることが出来ないと諦めてしまう人も多いです。 しかし、実際のところは都心のマンション …

no image

家庭菜園で苗からはじめる野菜作り|移植栽培のメリット

セルトレイや、育苗箱、ポットなどを使って苗をある程度育てた後、畑に移し替えて育てる方法を、移植栽培といいます。 育苗箱を使う場合は、本葉が2枚?3枚ほどとなるまでに、ポットに鉢上げを行い、その後、コン …

no image

ポイント5 肥料のやりすぎに注意する|家庭菜園の病害虫防除

家庭菜園の野菜は肥料(窒素N)が多いと病害虫の被害を受けるリスクが高まります 肥料は適正に与えれば大丈夫ですが、野菜作りをはじめたばかりで、肥料の与える量が分からない場合は肥料は控えめにと考えていたほ …

野菜つくり

種のまき方|3つの基本的な方法のメリット、デメリット

今日は、筋蒔き(条まき)・点蒔き・ばら蒔きの3つの種の蒔き方について、 紹介したいと思います。 スポンサーリンク 畑に蒔く場合、プランターに蒔く場合、セルトレイなどの育苗箱などに、 蒔く場合などに使わ …

no image

マルチを張ると根の張り方が違う

植物の根は水分と肥料分を求めて土の中を伸びていきます マルチフィルムを使うことによって温度と水分が保たれていると、根の張りがよくなり土の深くにも浅く横にも広がっていきます スポンサーリンク 追肥の時に …