初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園栽培の基本 肥料・堆肥

肥料の成分・種類ごとの働き|家庭菜園で上手な野菜作り

投稿日:

s5b1a020c-s.jpg
肥料の成分・種類の働きを知っていますか?

多量必須元素(人間の食べ物にたとえると、主食)

窒素(N):原形質の主成分であるたんぱく質の構成元素
      (人間の食べ物でたとえると、炭水化物、米、パン)
     
リン酸(P):植物体内での代謝作用において重要な役割をおこなう。
      (人間の食べ物でたとえると、たんぱく質、肉、魚)

カリウム(K):養分を成長点に運ぶ。植物を強固にし、病害抵抗性を高める
      (人間の食べ物でたとえると、脂質、バター、サラダ油)

カルシウム(Ca):細胞同士の結合や固体の強度を増す。
      (人間の食べ物でたとえると、野菜(灰分、無機成分))

スポンサーリンク

マグネシウム(Mg):葉緑素の構成成分。日照不足で施用効果が大きい。
      (人間の食べ物でたとえると、野菜(灰分、無機成分))

微量必須元素(人間の食べ物にたとえると、ビタミンA、C、E、K)

硫黄(S):含硫アミノ酸の構成成分。ユリ科の作物で施用効果が高い。

鉄(Fe):葉緑素の合成、呼吸作用に関連。

マンガン(Mn):光合成やビタミンCの生成に関与している。

亜鉛(Zn):酸化還元の酵素作用に関与している。

銅(Cu):各種酵素の作用に関与している。

モリブデン(Mo):硝酸還元酵素の主成分。

ホウ素(B):細胞壁の成分。糖の移行、拡散の退社に関与。

塩素(Cl):繊維の形成。

ケイ酸(Si):表皮組織のケイ質化に関与

スポンサーリンク

-家庭菜園栽培の基本, 肥料・堆肥
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

種のまき方|種子の特性を理解して上手に発芽させよう

種子の特性を理解し、発芽しやすい条件づくり、そして発芽後も生育に適した環境をつくることが大切です。 発芽の条件としては、温度、水分、酸素が必要で、発芽後は光、炭酸ガス、水分、養分によって生育が進みます …

野菜つくり

種子が発芽しないのはなぜか?|休眠と芽が出る条件について

種が完熟し、発芽力を持つまでには、基本的に、 開花→受粉→受精→結実といった経過を経ることとなります。 スポンサーリンク しかし、野菜の種類によっては、普通に種を播いただけでは、 発芽しない場合もある …

no image

肥料の三大要素|化成肥料と有機質肥料

肥料を使えば、よりたくさんの野菜を収穫でき、野菜を美味しく食べることができます。土にもたくさんの種類がありますが、肥料もたくさんの種類がありますので、家庭菜園初心者の方は、どれを選べばいいか迷ってしま …

no image

種子と光と温度の関係|好光性種子と嫌光性種子、発芽適温

野菜の種というと、ほうれん草やレタスのように、5度くらいの低い温度より発芽をしはじめるものや、スイカなどのように40度でも発芽するものなど様々です。 ほとんどの野菜の場合には、20度?25度くらいの温 …

no image

家庭菜園の暑さ対策|べたがけ資材で害虫と強光を防ぐ

暖かくなると、どうしても病害虫が気になる季節となりますよね。 また、夏の暑さは生育障害を起こす可能性がありますので、防暑対策も、 同時に行わなければなりません。 そんな時にお勧めなのが、べたがけ資材で …