初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園栽培の基本 肥料・堆肥

肥料の成分・種類ごとの働き|家庭菜園で上手な野菜作り

投稿日:

s5b1a020c-s.jpg
肥料の成分・種類の働きを知っていますか?

多量必須元素(人間の食べ物にたとえると、主食)

窒素(N):原形質の主成分であるたんぱく質の構成元素
      (人間の食べ物でたとえると、炭水化物、米、パン)
     
リン酸(P):植物体内での代謝作用において重要な役割をおこなう。
      (人間の食べ物でたとえると、たんぱく質、肉、魚)

カリウム(K):養分を成長点に運ぶ。植物を強固にし、病害抵抗性を高める
      (人間の食べ物でたとえると、脂質、バター、サラダ油)

カルシウム(Ca):細胞同士の結合や固体の強度を増す。
      (人間の食べ物でたとえると、野菜(灰分、無機成分))

スポンサーリンク

マグネシウム(Mg):葉緑素の構成成分。日照不足で施用効果が大きい。
      (人間の食べ物でたとえると、野菜(灰分、無機成分))

微量必須元素(人間の食べ物にたとえると、ビタミンA、C、E、K)

硫黄(S):含硫アミノ酸の構成成分。ユリ科の作物で施用効果が高い。

鉄(Fe):葉緑素の合成、呼吸作用に関連。

マンガン(Mn):光合成やビタミンCの生成に関与している。

亜鉛(Zn):酸化還元の酵素作用に関与している。

銅(Cu):各種酵素の作用に関与している。

モリブデン(Mo):硝酸還元酵素の主成分。

ホウ素(B):細胞壁の成分。糖の移行、拡散の退社に関与。

塩素(Cl):繊維の形成。

ケイ酸(Si):表皮組織のケイ質化に関与

スポンサーリンク

-家庭菜園栽培の基本, 肥料・堆肥
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

野菜つくり

栽培期間の長い野菜

栽培期間の短い野菜は、一般的に育てやすく初心者向けとされていますが、 栽培期間が長いからといって、一概に育てるのが難しいということではありません。 ただし、栽培期間が長くなればなるほど、手間がかかると …

no image

家庭菜園で苗からはじめる野菜作り|移植栽培のメリット

セルトレイや、育苗箱、ポットなどを使って苗をある程度育てた後、畑に移し替えて育てる方法を、移植栽培といいます。 育苗箱を使う場合は、本葉が2枚?3枚ほどとなるまでに、ポットに鉢上げを行い、その後、コン …

no image

日照不足の時の肥料の考え方|上手に量を調節して上げる

私たち日本人は米を主食としますが、植物は、日光と、二酸化炭素、水の3つを主食としています。 そのため、野菜にとって日当たりや、温度、水やりはとても重要であり、それによって大きく生長が左右されます。 肥 …

no image

野菜に必要なカルシウム(Ca)|三要素の次に吸収量の多い成分

カルシウム(Ca)はほとんどの生物にとって必要不可欠な重要な役割を担っていますカルシウムは骨、歯のような硬い構造を作る主要な成分となています 人間の体重の約2%はカルシウムですカルシウムの99%は骨と …

no image

堆肥の適切な施用量|与えすぎは野菜の生育を阻害してしまいます

自然の場では、植物自身の落とした葉や、枯れた枝、そこに住んでいる、動物たちの糞、遺骸などがあるため、微生物はそれらを分解し、土に栄養分が与えられます。 有機物ができる事で団粒化し、自然の中では、ごくご …