初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園栽培の基本

家庭菜園は狭いスペースでもできます|余った場所を有効利用して野菜を楽しむ

投稿日:

庭の一角や、ベランダ、キッチンでも家庭菜園は楽しめます。
広いスペースを必要とする野菜は、さすがに育てることが出来ませんが、
ミニサイズの野菜の品種も増えてきている今、季節ごとに、
さまざまな野菜を育てることが出来ます。

庭の一角ほどのスペースがあれば、トマトやキュウリ、ピーマンなども、
育てることが出来ます。ただし、サツマイモや、スイカのような種類は、
広いスペースがないと、なかなか難しいでしょう。

■狭いスペースでの家庭菜園にお勧めの品種

狭いスペースを使って家庭菜園をするのであれば、
小松菜や、ほうれん草などの葉菜類、ミニダイコンや、ラディッシュなどの直根類、
ミニトマトや、イチゴなどの果菜類もお勧めです。

しかし、スペースは事前に考えておく必要があります。
トマトなどを植えてしまうと、それだけでスペースがいっぱいいっぱいになり、
他の野菜が育てられなくなってしまう場合もあります。

スポンサーリンク

それぞれの種まきの適期や、収穫期、スペースなどを考慮し、
1年を通した、収穫計画を立てておくと良いでしょう。

⇒家庭菜園の1年間の作業計画

■余ったスペースを有効活用して、野菜を楽しむ

レタスとレタスの株間に、ネギなどを育てて楽しむことが出来ます。
このように、株間や畑の隅などの使っていない部分を有効活用して、
狭い菜園でも、いろいろな種類の野菜を楽しむ方法があります。

キッチン菜園でも、ベランダ菜園でも、工夫次第で楽しめる野菜は多くあります。
狭いスペースでも育てられる野菜は勿論、上記のような工夫を取り入れ、
家庭菜園を楽しんでみてください。

⇒キッチン菜園

⇒ベランダ菜園

スポンサーリンク

-家庭菜園栽培の基本
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

野菜の品種の違い|家庭菜園で品種を選ぶポイント

野菜には、さまざまな品種があります。トマト1つにしても、さまざまな形状のものや、種類があります。 また、栽培難易度が高いものの、収穫量が多くなるもの、栽培難易度が低く育てやすいものの、収穫量が少なくな …

no image

肥料の性質|家庭菜園で肥料を上手に使う

一般に用いられる肥料には、作物が生育するのに必要な成分が含まれています。 肥料の3要素と呼べれている窒素(N)リン酸(P)カリウム(K)には次のような特徴があります。 窒 素(N):野菜の茎や葉をつく …

no image

家庭菜園で種が余ることありますよね?|野菜種子の上手な保存方法

購入した種子が、余ってしまうことってありますよね。 小さな自家菜園であれば、良くあることだと思いますが、来年もこの種子を 利用するには、しっかりと貯蔵しておく必要があります。 新品種の物や、あまり出回 …

家庭菜園 ナス

ナス科の野菜|じゃがいも、トマト、なすは連作障害の対策を

野菜はいくつかの科に分類されます。ナスはナス科なのですが、ほかにもトマト、ピーマン、ジャガイモなどもナス科になります。科によって特性が似ていたり、かかりやすい病気も似ていたりします。同じ科の野菜を続けて栽培すると生育が悪かったり、病気にかかりやすくなったりすることがあります。これを連作障害といいます。

no image

ポイント3 まき時期、栽培適期を守り、健康で丈夫な苗を育てる|家庭菜園の病害虫防除

野菜の種まきや定植を適期に行うことは家庭菜園の病害虫防除につながります 野菜の栽培に適した時期というのはその野菜がもっとも健康に丈夫に育つ時期です 野菜の栽培適期に合わせて、栽培すれば病気や害虫の被害 …