初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園栽培の基本

家庭菜園は狭いスペースでもできます|余った場所を有効利用して野菜を楽しむ

投稿日:

庭の一角や、ベランダ、キッチンでも家庭菜園は楽しめます。
広いスペースを必要とする野菜は、さすがに育てることが出来ませんが、
ミニサイズの野菜の品種も増えてきている今、季節ごとに、
さまざまな野菜を育てることが出来ます。

庭の一角ほどのスペースがあれば、トマトやキュウリ、ピーマンなども、
育てることが出来ます。ただし、サツマイモや、スイカのような種類は、
広いスペースがないと、なかなか難しいでしょう。

■狭いスペースでの家庭菜園にお勧めの品種

狭いスペースを使って家庭菜園をするのであれば、
小松菜や、ほうれん草などの葉菜類、ミニダイコンや、ラディッシュなどの直根類、
ミニトマトや、イチゴなどの果菜類もお勧めです。

しかし、スペースは事前に考えておく必要があります。
トマトなどを植えてしまうと、それだけでスペースがいっぱいいっぱいになり、
他の野菜が育てられなくなってしまう場合もあります。

スポンサーリンク

それぞれの種まきの適期や、収穫期、スペースなどを考慮し、
1年を通した、収穫計画を立てておくと良いでしょう。

⇒家庭菜園の1年間の作業計画

■余ったスペースを有効活用して、野菜を楽しむ

レタスとレタスの株間に、ネギなどを育てて楽しむことが出来ます。
このように、株間や畑の隅などの使っていない部分を有効活用して、
狭い菜園でも、いろいろな種類の野菜を楽しむ方法があります。

キッチン菜園でも、ベランダ菜園でも、工夫次第で楽しめる野菜は多くあります。
狭いスペースでも育てられる野菜は勿論、上記のような工夫を取り入れ、
家庭菜園を楽しんでみてください。

⇒キッチン菜園

⇒ベランダ菜園

スポンサーリンク

-家庭菜園栽培の基本
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

野菜の品種の違い|家庭菜園で品種を選ぶポイント

野菜には、さまざまな品種があります。トマト1つにしても、さまざまな形状のものや、種類があります。 また、栽培難易度が高いものの、収穫量が多くなるもの、栽培難易度が低く育てやすいものの、収穫量が少なくな …

no image

寒冷地と温暖地で違う家庭菜園の品種の選び方

日本は、寒地・寒冷地・温暖地・暖地・亜熱帯に気候で区分されます。高地や海沿いなどのケースがあるため、一概には言えませんが、北海道は全域が寒地となり、沖縄は亜熱帯に区分されます。 南関東のほとんどは、温 …

no image

家庭菜園で旬の野菜を育てよう|新鮮で栄養価が高い野菜がおいしい

スーパーへ行くと、1年中購入することの出来る野菜って多いですよね。今は、ハウス栽培なども盛んに行われているので、本来旬ではない時期でも、その野菜を楽しむことが出来る世の中になっています。 促成栽培、周 …

no image

栽培環境で野菜の品質は変わる

野菜の栽培には十分な光の確保と養分が必要です。 葉や果実へ光を十分当てたやるようにすることでメロンやイチゴ、みかんは甘くおいしい果物となり、ビタミンCの量も多くなります。 肥料の管理が品質を大きく左右 …

野菜つくり

地植えの家庭菜園で野菜を育てるコツ|土つくりが大切

地植えの家庭菜園は、1番オーソドックスな方法と言えます。 広いスペースを使うことが出来るので、ベランダやキッチン菜園などでは 狭くて育てることの出来ない野菜も育てることが出来ます。 スポンサーリンク …