初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園栽培の基本

家庭菜園は狭いスペースでもできます|余った場所を有効利用して野菜を楽しむ

投稿日:

庭の一角や、ベランダ、キッチンでも家庭菜園は楽しめます。
広いスペースを必要とする野菜は、さすがに育てることが出来ませんが、
ミニサイズの野菜の品種も増えてきている今、季節ごとに、
さまざまな野菜を育てることが出来ます。

庭の一角ほどのスペースがあれば、トマトやキュウリ、ピーマンなども、
育てることが出来ます。ただし、サツマイモや、スイカのような種類は、
広いスペースがないと、なかなか難しいでしょう。

■狭いスペースでの家庭菜園にお勧めの品種

狭いスペースを使って家庭菜園をするのであれば、
小松菜や、ほうれん草などの葉菜類、ミニダイコンや、ラディッシュなどの直根類、
ミニトマトや、イチゴなどの果菜類もお勧めです。

しかし、スペースは事前に考えておく必要があります。
トマトなどを植えてしまうと、それだけでスペースがいっぱいいっぱいになり、
他の野菜が育てられなくなってしまう場合もあります。

スポンサーリンク

それぞれの種まきの適期や、収穫期、スペースなどを考慮し、
1年を通した、収穫計画を立てておくと良いでしょう。

⇒家庭菜園の1年間の作業計画

■余ったスペースを有効活用して、野菜を楽しむ

レタスとレタスの株間に、ネギなどを育てて楽しむことが出来ます。
このように、株間や畑の隅などの使っていない部分を有効活用して、
狭い菜園でも、いろいろな種類の野菜を楽しむ方法があります。

キッチン菜園でも、ベランダ菜園でも、工夫次第で楽しめる野菜は多くあります。
狭いスペースでも育てられる野菜は勿論、上記のような工夫を取り入れ、
家庭菜園を楽しんでみてください。

⇒キッチン菜園

⇒ベランダ菜園

スポンサーリンク

-家庭菜園栽培の基本
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

家庭菜園 ホウレンソウ

移植栽培、直播栽培どちらが良いか?|メリットとデメリット

直播栽培と移植栽培という、野菜の育て方の種類がありますが、 直播栽培でなければならないもの、移植栽培の方が適しているものがあります。 スポンサーリンク

no image

酸性に強い野菜と弱い野菜|育てたい野菜のpHの目安を知って上手に育てよう

野菜は、酸性に強いもの、やや強いもの、酸性に弱いもの、やや弱いもの この4つに分類されます。種類によって、最適な土壌の酸性値は異なるため、 作付け前には、pHを確認後、必要であれば石灰を施すことが必要 …

no image

ポイント4 株間を十分にとって風通しの良い環境を作る|家庭菜園の病害虫防除

野菜にはそれぞれの野菜あるいは品種ごとに適切な株間というものがあります 株の間隔が十分にあいていないと日当たりや風通しがわるくなり病害虫の原因となるカビが発生しやすくなります 野菜の苗を植えるときは、 …

no image

マルチを張ると根の張り方が違う

植物の根は水分と肥料分を求めて土の中を伸びていきます マルチフィルムを使うことによって温度と水分が保たれていると、根の張りがよくなり土の深くにも浅く横にも広がっていきます スポンサーリンク 追肥の時に …

no image

家庭菜園の種まき|種子の発芽特性を理解する

種子の特性を理解し、発芽しやすい条件づくり、そして発芽後も生育に適した環境をつくることが大切です。 発芽の条件としては、温度、水分、酸素が必要で、発芽後は光、炭酸ガス、水分、養分によって生育が進みます …

カテゴリー

最近のコメント