初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園栽培の基本

家庭菜園は狭いスペースでもできます|余った場所を有効利用して野菜を楽しむ

投稿日:

庭の一角や、ベランダ、キッチンでも家庭菜園は楽しめます。
広いスペースを必要とする野菜は、さすがに育てることが出来ませんが、
ミニサイズの野菜の品種も増えてきている今、季節ごとに、
さまざまな野菜を育てることが出来ます。

庭の一角ほどのスペースがあれば、トマトやキュウリ、ピーマンなども、
育てることが出来ます。ただし、サツマイモや、スイカのような種類は、
広いスペースがないと、なかなか難しいでしょう。

■狭いスペースでの家庭菜園にお勧めの品種

狭いスペースを使って家庭菜園をするのであれば、
小松菜や、ほうれん草などの葉菜類、ミニダイコンや、ラディッシュなどの直根類、
ミニトマトや、イチゴなどの果菜類もお勧めです。

しかし、スペースは事前に考えておく必要があります。
トマトなどを植えてしまうと、それだけでスペースがいっぱいいっぱいになり、
他の野菜が育てられなくなってしまう場合もあります。

スポンサーリンク

それぞれの種まきの適期や、収穫期、スペースなどを考慮し、
1年を通した、収穫計画を立てておくと良いでしょう。

⇒家庭菜園の1年間の作業計画

■余ったスペースを有効活用して、野菜を楽しむ

レタスとレタスの株間に、ネギなどを育てて楽しむことが出来ます。
このように、株間や畑の隅などの使っていない部分を有効活用して、
狭い菜園でも、いろいろな種類の野菜を楽しむ方法があります。

キッチン菜園でも、ベランダ菜園でも、工夫次第で楽しめる野菜は多くあります。
狭いスペースでも育てられる野菜は勿論、上記のような工夫を取り入れ、
家庭菜園を楽しんでみてください。

⇒キッチン菜園

⇒ベランダ菜園

スポンサーリンク

-家庭菜園栽培の基本
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

家庭菜園の土の栄養管理が成功のポイント|野菜の吸肥力も調べておくと役立ちます

家庭菜園の成功のポイントは、なんといっても土の栄養管理です。痩せた土では育てることができない野菜も多くありますので、少々高価であっても、土の栄養は重要視して土・肥料を選ぶと良いでしょう。 しかし、エン …

no image

野菜の生育温度|品目ごとに適した温度で育てるとうまくいく

野菜には、それぞれ生育に適した温度というものがあります。寒さに強く、秋蒔きをするダイコンや、ハクサイ、ネギなどの場合は、生育適温が15?20度となるのに対して、暑さに強く、春蒔きをするキュウリ、トマト …

no image

料理によって品種を選ぶのも家庭菜園の楽しみのひとつ

品種は、どのようにして食べるかによっても変わります。特にトマトや、じゃがいもなどに言えることですが、じゃがいもであれば、煮くずれしにくい煮込み料理に適したもの、そうでないものなどがあります。 トマトの …

no image

スプラウト野菜の育て方|簡単に作れて栄養価も高い

スプラウトとは、植物の芽が出たばかりのものをさします。種子には、生長するために必要な栄養分が蓄えられていますが、発芽した事によって、新しいミネラルやビタミンが作られるのです。 そのため、発芽直後のスプ …

no image

肥料の成分・種類ごとの働き|家庭菜園で上手な野菜作り

肥料の成分・種類の働きを知っていますか? 多量必須元素(人間の食べ物にたとえると、主食) 窒素(N):原形質の主成分であるたんぱく質の構成元素      (人間の食べ物でたとえると、炭水化物、米、パン …

カテゴリー

最近のコメント