初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園栽培の基本 種まき

種のまき方|3つの基本的な方法のメリット、デメリット

投稿日:

今日は、筋蒔き(条まき)・点蒔き・ばら蒔きの3つの種の蒔き方について、
紹介したいと思います。

畑に蒔く場合、プランターに蒔く場合、セルトレイなどの育苗箱などに、
蒔く場合などに使われる、基本的な方法となります。

スポンサーリンク

筋蒔き(条まき)とは?

筋蒔きというのは、溝を作って筋状に蒔いていく方法になります。
1列に蒔く場合は、1条蒔き、2列に蒔く場合は、2条蒔きなどと表記します。

この方法は、カブやニンジンなどの葉菜類に多く適した蒔き方となります。
発芽後の間引きの手間も掛からず、追肥や、土寄せ、除草作業が、
簡単になるというメリットがあります。

スポンサーリンク

点蒔きとは?

土に一定の株間を取り、くぼみを作ってから種を蒔く方法です。
1つのくぼみに対し、数粒ずつ蒔くこの方法は、ダイコンやハクサイなどの
栽培に用いられる方法です。

条まき同様、間引きに手間が掛からないというメリットがあり、
種の節約も同時にすることが出来ます。

ばら蒔きとは?

ばら蒔きは、土の表面に対して、種をパラパラと散らすように蒔く方法です。
種まきの手間で言えば1番簡単な方法であり、ほうれん草などに
良く用いられる方法です。

一面に種を蒔くことにより、収穫量を多く確保することが出来ますが、
間引きの手間がかかるのは、少しデメリットと言わざるを得ません。

また、種を一度に多く使う必要があること、どうしても、
蒔き方にムラが出来てしまうというのも、デメリットとして挙げられます。

スポンサーリンク

-家庭菜園栽培の基本, 種まき
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

良い苗の選び方|購入時に見極める3つのポイント

新鮮で元気な苗を購入するというのは、野菜売り場で新鮮な野菜を選ぶのと同じ事だと言えます。 ・根っこがしっかりしていて茎が太いもの・葉っぱの色は濃く元気な緑色をしているもの・節と節との感覚が詰まっている …

no image

家庭菜園の広さの目安|初心者なら1坪ほどの菜園スペースで十分

家庭菜園は、そんなに広いスペースは必要ありません。中には、自宅で出来る範囲をもっと広くしたい、もっと色々な種類の野菜を育てたい、という人も居ますが、広過ぎは禁物です。 お手入れするのに労力が要りますし …

no image

家庭菜園の暑さ対策|べたがけ資材で害虫と強光を防ぐ

暖かくなると、どうしても病害虫が気になる季節となりますよね。 また、夏の暑さは生育障害を起こす可能性がありますので、防暑対策も、 同時に行わなければなりません。 そんな時にお勧めなのが、べたがけ資材で …

no image

家庭菜園での育苗方法|気候にあった栽培が基本

野菜は畑に直接種をまくものもありますが、苗を作って、その苗を畑に定植する方法もあります 家庭菜園をはじめてやる人は育苗よりもできた苗を買ってきて定植することをおすすめします 中上級者さん向けに育苗の説 …

no image

支柱の上手な使い方|資材を使って狭いスペースを有効利用

支柱などの資材を使えば、スイカやメロン、ヘチマなどの果菜類、サツマイモなどのつる性の野菜を、比較的狭いスペースでも育てることが出来ます。 どうしてもこれらの野菜を育てたいのに、スペースが足りないという …

カテゴリー

最近のコメント