種のまき方|3つの基本的な方法のメリット、デメリット

野菜つくり 家庭菜園栽培の基本

今日は、筋蒔き(条まき)・点蒔き・ばら蒔きの3つの種の蒔き方について、
紹介したいと思います。

畑に蒔く場合、プランターに蒔く場合、セルトレイなどの育苗箱などに、
蒔く場合などに使われる、基本的な方法となります。

スポンサーリンク

筋蒔き(条まき)とは?

筋蒔きというのは、溝を作って筋状に蒔いていく方法になります。
1列に蒔く場合は、1条蒔き、2列に蒔く場合は、2条蒔きなどと表記します。

この方法は、カブやニンジンなどの葉菜類に多く適した蒔き方となります。
発芽後の間引きの手間も掛からず、追肥や、土寄せ、除草作業が、
簡単になるというメリットがあります。

スポンサーリンク

点蒔きとは?

土に一定の株間を取り、くぼみを作ってから種を蒔く方法です。
1つのくぼみに対し、数粒ずつ蒔くこの方法は、ダイコンやハクサイなどの
栽培に用いられる方法です。

条まき同様、間引きに手間が掛からないというメリットがあり、
種の節約も同時にすることが出来ます。

ばら蒔きとは?

ばら蒔きは、土の表面に対して、種をパラパラと散らすように蒔く方法です。
種まきの手間で言えば1番簡単な方法であり、ほうれん草などに
良く用いられる方法です。

一面に種を蒔くことにより、収穫量を多く確保することが出来ますが、
間引きの手間がかかるのは、少しデメリットと言わざるを得ません。

また、種を一度に多く使う必要があること、どうしても、
蒔き方にムラが出来てしまうというのも、デメリットとして挙げられます。

スポンサーリンク

この記事を書いた人
こう

脱サラしてやりたかった農業に就農しました。
半農半IT生活を楽しんでいます。

経歴
大学院農学研究科修士課程を卒業
種苗会社で農場長をつとめ、野菜苗の生産
農業資材販売会社で肥料、農薬などを農家に販売
脱サラして就農

取得した資格
緑の安全管理士
野菜ソムリエ
施肥技術シニアマイスター
土壌医2級
JGAP指導員
毒劇物取扱者

こうをフォローする
家庭菜園栽培の基本 種まき
こうをフォローする
初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

コメント

タイトルとURLをコピーしました