初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園栽培の基本 種まき

種のまき方|3つの基本的な方法のメリット、デメリット

投稿日:

今日は、筋蒔き(条まき)・点蒔き・ばら蒔きの3つの種の蒔き方について、
紹介したいと思います。

畑に蒔く場合、プランターに蒔く場合、セルトレイなどの育苗箱などに、
蒔く場合などに使われる、基本的な方法となります。

スポンサーリンク

筋蒔き(条まき)とは?

筋蒔きというのは、溝を作って筋状に蒔いていく方法になります。
1列に蒔く場合は、1条蒔き、2列に蒔く場合は、2条蒔きなどと表記します。

この方法は、カブやニンジンなどの葉菜類に多く適した蒔き方となります。
発芽後の間引きの手間も掛からず、追肥や、土寄せ、除草作業が、
簡単になるというメリットがあります。

スポンサーリンク

点蒔きとは?

土に一定の株間を取り、くぼみを作ってから種を蒔く方法です。
1つのくぼみに対し、数粒ずつ蒔くこの方法は、ダイコンやハクサイなどの
栽培に用いられる方法です。

条まき同様、間引きに手間が掛からないというメリットがあり、
種の節約も同時にすることが出来ます。

ばら蒔きとは?

ばら蒔きは、土の表面に対して、種をパラパラと散らすように蒔く方法です。
種まきの手間で言えば1番簡単な方法であり、ほうれん草などに
良く用いられる方法です。

一面に種を蒔くことにより、収穫量を多く確保することが出来ますが、
間引きの手間がかかるのは、少しデメリットと言わざるを得ません。

また、種を一度に多く使う必要があること、どうしても、
蒔き方にムラが出来てしまうというのも、デメリットとして挙げられます。

スポンサーリンク

-家庭菜園栽培の基本, 種まき
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

野菜つくり

季節別の野菜栽培の難易度

春-夏に育てる野菜 難易度が初級の野菜 果菜類では、ゴーヤやミニトマト、オクラなどが簡単だとされています。 根菜類では、ジャガイモ、小かぶ、ラディッシュなどが初級です。 ⇒家庭菜園で育てやすい果菜類 …

野菜つくり

培養土の種類と使い方|家庭菜園のマメ知識

培養土・赤玉土・腐葉土、土には色々な種類があります。 ホームセンターなどへ行けば簡単に手に入る土ですが、家庭菜園に おいて、どんな土を購入すれば良いのか悩む人も多いです。 スポンサーリンク 培養土・赤 …

no image

家庭菜園の上手な管理の仕方|株間と光合成に必要な葉数を確保する

春から夏にかけて、野菜の生長は著しく伸びます。1日違うだけでも、凄く生長を感じる時期となりますので、野菜に応じて適切な管理をしてあげることが、元気な野菜の収穫とつながります。 ナスやピーマンなどは、1 …

家庭菜園 メロン

日照時間が少なくても栽培できる野菜|家庭菜園で野菜を上手に育てる光の条件

日当たりが良いことは、野菜を上手に育てるポイントとなります。 日当たりが良ければ、冬であれ、全体的に日光を浴びることが出来るため、 生長が良くなります。 スポンサーリンク

家庭菜園 堆肥 使い方

畑を耕すことはどんなメリットがあるのか?|家庭菜園での耕うんのポイント

耕起(耕うん)とは? 耕起というのは、畑を耕すことです。 クワなどを使って、約30センチの深さまで良く土を掘り起こして反転させます。 スポンサーリンク 土のかたまりなどができないように、上手に砕くよう …