初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園栽培の基本

野菜の品種の違い|家庭菜園で品種を選ぶポイント

投稿日:

野菜には、さまざまな品種があります。
トマト1つにしても、さまざまな形状のものや、種類があります。

また、栽培難易度が高いものの、収穫量が多くなるもの、
栽培難易度が低く育てやすいものの、収穫量が少なくなってしまうもの、
品質なども大きく、品種によって変わります。

更に、病害虫に強い品質なども続々と出てきているので、
それぞれの特性を把握しながら、野菜の品種を決定して行くと良いでしょう。

■品種を選ぶ際に、ポイントとなる部分

・病害虫に強いのか、弱いのか
・栽培日数はどのくらいかかるのか
・収穫量・収穫日数はどれほどになるのか
・品質はどうか
・栽培難易度が高いのか、低いのか
・暑さに強いのか、寒さに強いのか など

スポンサーリンク

インゲンマメには、つる性のものとつるなし性のものがあります。
また、細かく分けると、半つる性と呼ばれる品種もあり、品種選びが難しい野菜と言えます。

つる性のインゲンマメは、草丈が3メートルほどにもなりますので、
支柱を使った管理が絶対となり、誘引する手間がかかります。

しかし、収穫日数は130日?150日となり、長い期間に渡って、
安定した収穫量を得ることができるという特徴があります。

つるなし性のインゲンマメは、草丈は伸びても50センチほどです。
支柱を立てる必要がないので、コンテナ栽培なども可能です。

しかし、収穫日数は2?3ヶ月とつる性に比べて短くなっているので、
すぐに株が衰え、収穫できなくなってしまうというデメリットがあります。

スポンサーリンク

-家庭菜園栽培の基本
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

野菜の生育温度|品目ごとに適した温度で育てるとうまくいく

野菜には、それぞれ生育に適した温度というものがあります。寒さに強く、秋蒔きをするダイコンや、ハクサイ、ネギなどの場合は、生育適温が15?20度となるのに対して、暑さに強く、春蒔きをするキュウリ、トマト …

野菜つくり

季節別の野菜栽培の難易度

春-夏に育てる野菜 難易度が初級の野菜 果菜類では、ゴーヤやミニトマト、オクラなどが簡単だとされています。 根菜類では、ジャガイモ、小かぶ、ラディッシュなどが初級です。 ⇒家庭菜園で育てやすい果菜類 …

家庭菜園 スイカ

ウリ科の野菜の連作障害|同じ種類の野菜を植えるときは注意

同じウリ科の野菜を同じところで育てると、 成長が悪かったり、病害虫の被害に遭いやすくなったり、 収穫出来る量が本来よりも少なかったりといった事が起こります。 スポンサーリンク これは、連作障害と呼ばれ …

野菜つくり

猛暑の時期の家庭菜園の水のやり方

水やりはうねの表面が乾いたら与えるのが原則です。 水のやりすぎは野菜の生育をかえってわるくさせてしまいます。 乾燥が続く、猛暑時の理想的な水のやり方は 朝早くと夕方の2回です。 朝のうちにあたえた水が …

no image

種子と光と温度の関係|好光性種子と嫌光性種子、発芽適温

野菜の種というと、ほうれん草やレタスのように、5度くらいの低い温度より発芽をしはじめるものや、スイカなどのように40度でも発芽するものなど様々です。 ほとんどの野菜の場合には、20度?25度くらいの温 …