初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園栽培の基本 種まき 育苗

種から育てる野菜と苗から育てる野菜|家庭菜園のメリット、デメリット

投稿日:

「育苗」とは、畑に種を直播きにせず、育苗箱やセルトレイなどを用いて、
一度、苗を育てることです。
特にこの方法が有効となるのは、大きな葉菜類や、果菜類です。

■育苗は何故するべきなのか?直播きしない事のメリットとは

・育苗期間中の畑は、自由に使うことができます。
狭いスペースで家庭菜園をつくる場合は特に、こういったスペースを、
確保できるというのは、相当なメリットになるかと思います。

・苗を別の場所で管理するという事は、その苗の管理を徹底する
ということでもあります。病害虫に遭いにくい状況、気温などの影響を
受けにくい場所で管理することができ、丈夫に野菜を育てることができます。

・家庭菜園でも人気の高い、ナスやトマト、キャベツなどの野菜は、
育苗をすることで、良いものを選んで定植させることができ、
育てるのが、容易になります。

スポンサーリンク

■育苗後の定植について

育苗後は、根鉢を崩さないようにするのが基本となりますが、
アブラナ科の野菜は、少々根が切れてしまっても、根っこが再生する野菜です。

果菜類の育苗後の定植は、5月上旬頃が目安となりますので、
逆算して大体2月?3月頃に育苗を開始します。

この時期は、まだまだ霜の被害や、寒害が出やすい時期となるので、
育苗栽培が向いていると言えます。

■直播栽培に適した野菜

直根性のダイコンやニンジンなどは、移植すると根にダメージを受けるため、
直播栽培が鉄則となります。

また、栽培期間の短い葉菜類なども直播栽培が向いています。
それぞれに適した方法を使って、育てていくのが成功のコツと言えます。

スポンサーリンク

-家庭菜園栽培の基本, 種まき, 育苗
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

野菜つくり

季節別の野菜栽培の難易度

春-夏に育てる野菜 難易度が初級の野菜 果菜類では、ゴーヤやミニトマト、オクラなどが簡単だとされています。 根菜類では、ジャガイモ、小かぶ、ラディッシュなどが初級です。 ⇒家庭菜園で育てやすい果菜類 …

no image

家庭菜園の広さの目安|初心者なら1坪ほどの菜園スペースで十分

家庭菜園は、そんなに広いスペースは必要ありません。中には、自宅で出来る範囲をもっと広くしたい、もっと色々な種類の野菜を育てたい、という人も居ますが、広過ぎは禁物です。 お手入れするのに労力が要りますし …

no image

家庭菜園で苗からはじめる野菜作り|移植栽培のメリット

セルトレイや、育苗箱、ポットなどを使って苗をある程度育てた後、畑に移し替えて育てる方法を、移植栽培といいます。 育苗箱を使う場合は、本葉が2枚?3枚ほどとなるまでに、ポットに鉢上げを行い、その後、コン …

no image

家庭菜園の野菜を間引きして大きく育てる

家庭菜園で種まきから育てた野菜は生育段階で何回か間引きしながら育てます はじめのうちはどの株を間引きしたらいいのかわかりにくいかもしれませんが難しく考えるころはありません スポンサーリンク 野菜をよく …

家庭菜園 トウモロコシ

とうもろこしの種まき|おいしいトウモロコシの育て方

とうもろこしの種は1か所に3粒ずつまいて、土をかけたら手で軽く押さえます 種をまく深さは1-2cm程度です。 種をまく間隔は列の幅を45㎝にして30㎝ごとにまいていきます。 とうもろこしの種をまき終わ …

カテゴリー

最近のコメント