初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園栽培の基本

家庭菜園の野菜の寒さ対策|資材を上手に使って冬の野菜作りを楽しむ

投稿日:

冬になると、降雪・低温のため、露地栽培の生育が止まります。
また、種類によって違いはあるものの、ほとんどが良品を収穫出来なくなります。
種まきをしても、低温であるため、発芽することが出来ない時期となりますので、
防寒資材などを使って、上手に家庭菜園を楽しんでいくことが大切です。
■不織布や、ネットなど通気性の良い資材を使う
秋より収穫することの出来た、春菊やほうれん草、コマツナなどを、
引き続き収穫したい場合は、不織布などが有効です。
霜柱などで株が浮き上がるのも予防することが出来ますし、
被覆したまま水やりを行うことが出来るので、管理の手間を考えても、
簡単な方法だと言えます。
■プラスチックフィルムを使ったマルチング
プラスチックフィルムは、被覆することで保温効果を高められるので、
早春に種まきする、ほうれん草、人参、小かぶなどの野菜の発芽などに有効です。
また、越冬したイチゴの生育と、開花を促すにも有効とされていますので、
覚えておきましょう。
■天然のよしずなどを使った対策
不織布・プラスチックフィルム両方の効果が得られます。
資材は、冬場に手に入れにくいものもありますので、事前に準備しておくと、
作業がはかどります。
また、これらの3つの方法以外にも、プラスチックのマットを使うなど、
断熱性を高める方法があります。育苗にとても有効となりますので、
育てている野菜に応じて、使う資材も変えていくと良いでしょう。
自然条件は避けることの出来ないものとなりますので、
こういったアイテムを上手に使うことで、冬の家庭菜園を楽しむことが出来ます。

スポンサーリンク

-家庭菜園栽培の基本
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

ポイント3 まき時期、栽培適期を守り、健康で丈夫な苗を育てる|家庭菜園の病害虫防除

野菜の種まきや定植を適期に行うことは家庭菜園の病害虫防除につながります 野菜の栽培に適した時期というのはその野菜がもっとも健康に丈夫に育つ時期です 野菜の栽培適期に合わせて、栽培すれば病気や害虫の被害 …

no image

種のまき方|種子の特性を理解して上手に発芽させよう

種子の特性を理解し、発芽しやすい条件づくり、そして発芽後も生育に適した環境をつくることが大切です。 発芽の条件としては、温度、水分、酸素が必要で、発芽後は光、炭酸ガス、水分、養分によって生育が進みます …

no image

家庭菜園での間引き、整枝、摘葉のやり方|苗作りのポイント

苗作りとして育苗箱に種まきをしたり、畑に直に種子をまく場合は、 通常は、1箇所にまくこととなりますので、発芽する時に密生状態となります。 また、小さいうちの野菜というのは、この状態の方が、 お互いをか …

no image

早生とか晩生ってどういう意味?|同じ野菜でも品種によって栽培期間が異なる

種まき?収穫までにかかる日数のことを「栽培期間」と言います。同じ野菜でも品種により、日数の違いがあり、それぞれ早いものから順に、極早生種、早生種、中生種、晩生種、極晩生種となります。 一般的に、栽培期 …

no image

いい苗の選び方|苗選びが家庭菜園成功のコツ

苗を購入する時や、育苗後、定植に良い苗を選ぶポイントをまとめました。下記を参考に、良いものを畑に植えて、丈夫に育てて行きましょう。 ■育苗後の苗・市販されている苗の選び方 ・茎が丈夫に育っていて、しっ …

カテゴリー

最近のコメント