初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園で育てやすい野菜 家庭菜園栽培の基本

栽培期間の長い野菜

投稿日:

栽培期間の短い野菜は、一般的に育てやすく初心者向けとされていますが、
栽培期間が長いからといって、一概に育てるのが難しいということではありません。

ただし、栽培期間が長くなればなるほど、手間がかかるというのは当たり前ですので、
その点には、注意しておくと良いでしょう。

■果菜類の栽培期間について

果菜類は、種をまく、苗が育つ、花が咲く、果実・子実がなる、収穫
というのは、栽培の順序となります。

キュウリの場合は、開花から収穫までの期間が1週間ほどとなりますが、
ピーマンの場合は、その期間が約20日、ナスは、20日―25日、
カボチャは、40―50日と、同じ果菜類でも期間は大きく異なります。

確かに最初の収穫を迎えるまでの日数は、短いと言えますが、
長く収穫することが出来る野菜となりますので、株のお手入れを怠らず、
収穫を効率良く行えるようにすると良いでしょう。

スポンサーリンク

■葉菜類の栽培期間について

葉菜類の中でも、栽培期間が特に長いのが結球野菜です。
ハクサイ、キャベツ、レタスなどは、葉の枚数を確保しなければならないため、
収穫までの日数は、2ヶ月―3ヶ月半ほどかかります。

ブロッコリーなど、花蕾を食べる野菜も同じく、花蕾が出来るまでに、
90日以上の日数を要します。

■根菜類の栽培期間について

品種、栽培のはじめる時期によっても大きく異なりますが、
ダイコンの場合であれば、2ヶ月ほど、ジャガイモになると3?4ヶ月、
サトイモや、ゴボウなどは半年ほどかかってしまいます。

■冬の野菜の栽培期間について

冬の寒い時期は、野菜の生長も緩やかとなるため、タマネギなど、
秋に栽培開始となり、春に収穫期を迎える野菜は、栽培期間が長くなる事が多いと言えます。

スポンサーリンク

-家庭菜園で育てやすい野菜, 家庭菜園栽培の基本
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

マルチフィルムの使い方|家庭菜園でマルチを使う利点

マルチとは土の表面をビニールフィルムやワラなどで覆うことです 畝にマルチを張ると土壌が適度な温度に保たれるようになり春先などまだ気温の低い季節でも野菜が元気に育つようになります また土壌の水分を保つ働 …

no image

野菜の生育に適した環境|光、空気、水分、温度、栄養分の条件

野菜を育てるときに光、空気、水、温度、栄養分などの環境条件は健全な生育をするのに重要になってきます   土の中で種がよく発芽するには、適切な温度、水分、酸素が必要です発芽に理想的な土壌条件は …

家庭菜園 トマト

暑さに強い野菜と寒さに強い野菜|高温性野菜と低温性野菜の違い

野菜は、低温性野菜と高温性野菜に分けられます。 それらは、各野菜の生育最高温度、最低温度を知ることによって、 知ることが出来ます。 スポンサーリンク

no image

種から育てる野菜と苗から育てる野菜|家庭菜園のメリット、デメリット

「育苗」とは、畑に種を直播きにせず、育苗箱やセルトレイなどを用いて、一度、苗を育てることです。特にこの方法が有効となるのは、大きな葉菜類や、果菜類です。 ■育苗は何故するべきなのか?直播きしない事のメ …

no image

ポイント5 肥料のやりすぎに注意する|家庭菜園の病害虫防除

家庭菜園の野菜は肥料(窒素N)が多いと病害虫の被害を受けるリスクが高まります 肥料は適正に与えれば大丈夫ですが、野菜作りをはじめたばかりで、肥料の与える量が分からない場合は肥料は控えめにと考えていたほ …