初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園で育てやすい野菜 家庭菜園栽培の基本

栽培期間の長い野菜

投稿日:

栽培期間の短い野菜は、一般的に育てやすく初心者向けとされていますが、
栽培期間が長いからといって、一概に育てるのが難しいということではありません。

ただし、栽培期間が長くなればなるほど、手間がかかるというのは当たり前ですので、
その点には、注意しておくと良いでしょう。

■果菜類の栽培期間について

果菜類は、種をまく、苗が育つ、花が咲く、果実・子実がなる、収穫
というのは、栽培の順序となります。

キュウリの場合は、開花から収穫までの期間が1週間ほどとなりますが、
ピーマンの場合は、その期間が約20日、ナスは、20日―25日、
カボチャは、40―50日と、同じ果菜類でも期間は大きく異なります。

確かに最初の収穫を迎えるまでの日数は、短いと言えますが、
長く収穫することが出来る野菜となりますので、株のお手入れを怠らず、
収穫を効率良く行えるようにすると良いでしょう。

スポンサーリンク

■葉菜類の栽培期間について

葉菜類の中でも、栽培期間が特に長いのが結球野菜です。
ハクサイ、キャベツ、レタスなどは、葉の枚数を確保しなければならないため、
収穫までの日数は、2ヶ月―3ヶ月半ほどかかります。

ブロッコリーなど、花蕾を食べる野菜も同じく、花蕾が出来るまでに、
90日以上の日数を要します。

■根菜類の栽培期間について

品種、栽培のはじめる時期によっても大きく異なりますが、
ダイコンの場合であれば、2ヶ月ほど、ジャガイモになると3?4ヶ月、
サトイモや、ゴボウなどは半年ほどかかってしまいます。

■冬の野菜の栽培期間について

冬の寒い時期は、野菜の生長も緩やかとなるため、タマネギなど、
秋に栽培開始となり、春に収穫期を迎える野菜は、栽培期間が長くなる事が多いと言えます。

スポンサーリンク

-家庭菜園で育てやすい野菜, 家庭菜園栽培の基本
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

肥料の性質|家庭菜園で肥料を上手に使う

一般に用いられる肥料には、作物が生育するのに必要な成分が含まれています。 肥料の3要素と呼べれている窒素(N)リン酸(P)カリウム(K)には次のような特徴があります。 窒 素(N):野菜の茎や葉をつく …

no image

家庭菜園の野菜を間引きして大きく育てる

家庭菜園で種まきから育てた野菜は生育段階で何回か間引きしながら育てます はじめのうちはどの株を間引きしたらいいのかわかりにくいかもしれませんが難しく考えるころはありません スポンサーリンク 野菜をよく …

ナス苗 風よけ

家庭菜園で野菜の保温・風対策|手軽なキャップ利用がおすすめ

春のポカポカとした陽気になると、家庭菜園も忙しくなります。 しかし、この頃の天気というのは日中こそ暖かく感じるものの、 夜間は急激に冷え込むことなどもあるので、注意が必要です。 スポンサーリンク

no image

栽培環境で野菜の品質は変わる

野菜の栽培には十分な光の確保と養分が必要です。 葉や果実へ光を十分当てたやるようにすることでメロンやイチゴ、みかんは甘くおいしい果物となり、ビタミンCの量も多くなります。 肥料の管理が品質を大きく左右 …

家庭菜園 ナス

ナス科の野菜|じゃがいも、トマト、なすは連作障害の対策を

野菜はいくつかの科に分類されます。ナスはナス科なのですが、ほかにもトマト、ピーマン、ジャガイモなどもナス科になります。科によって特性が似ていたり、かかりやすい病気も似ていたりします。同じ科の野菜を続けて栽培すると生育が悪かったり、病気にかかりやすくなったりすることがあります。これを連作障害といいます。