初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園栽培の基本 種まき

種のまき方|種子の特性を理解して上手に発芽させよう

投稿日:

gum12_sy01021-s.jpg

種子の特性を理解し、発芽しやすい条件づくり、
そして発芽後も生育に適した環境をつくることが大切です。

発芽の条件としては、温度、水分、酸素が必要で、
発芽後は光、炭酸ガス、水分、養分によって生育が進みます。  

スポンサーリンク

発芽を促進するために、種まき前に種子を水につけるとよいでしょう。
できれば流水がいいですが、時々水を換える方法でもいいと思います。

ゴボウやレタス、夏まきのホウレンソウなどは一晩水につけた後、
涼しいところで芽出しをしてから種まきするといいでしょう。

最近では、発芽促進処理として、
プライミングやネーキッドなどの名称で加工された種子も販売されています。 

また、ペレット種子やシードテープ、シードシートなどを
利用すると省力化が図れます。

スポンサーリンク

-家庭菜園栽培の基本, 種まき
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

家庭菜園の暑さ対策|べたがけ資材で害虫と強光を防ぐ

暖かくなると、どうしても病害虫が気になる季節となりますよね。 また、夏の暑さは生育障害を起こす可能性がありますので、防暑対策も、 同時に行わなければなりません。 そんな時にお勧めなのが、べたがけ資材で …

no image

肥料の性質|家庭菜園で肥料を上手に使う

一般に用いられる肥料には、作物が生育するのに必要な成分が含まれています。 肥料の3要素と呼べれている窒素(N)リン酸(P)カリウム(K)には次のような特徴があります。 窒 素(N):野菜の茎や葉をつく …

野菜つくり

種のまき方|3つの基本的な方法のメリット、デメリット

今日は、筋蒔き(条まき)・点蒔き・ばら蒔きの3つの種の蒔き方について、 紹介したいと思います。 スポンサーリンク 畑に蒔く場合、プランターに蒔く場合、セルトレイなどの育苗箱などに、 蒔く場合などに使わ …

野菜つくり

種子の保存方法|余った種は貯蔵して来年の種まきに使おう

種まきの適期くらいに購入した種や、自家採種した種は、 そのシーズンに使い切れないこともしばしばあります。 家庭菜園は、全ての人が広いスペースを持っているわけではありませんし、 色々な野菜を育てたいとい …

家庭菜園 ナス

ナスの種まき|家庭菜園でのおいしいナスの育て方

苗半作といわれるほど、健康で丈夫な苗を作ることが、 定植したあとの順調な生育、収穫につながります 種まきの後は十分な温度と水分が重要です とくにナス科の野菜は寒さに弱いので、 2?3月にナスの種まき・ …