初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園栽培の基本 pH

酸性に強い野菜と弱い野菜|育てたい野菜のpHの目安を知って上手に育てよう

投稿日:

野菜は、酸性に強いもの、やや強いもの、酸性に弱いもの、やや弱いもの
この4つに分類されます。種類によって、最適な土壌の酸性値は異なるため、
作付け前には、pHを確認後、必要であれば石灰を施すことが必要です。

スポンサーリンク

どんな野菜を育てる前も、石灰を施すという人が居ますが、
石灰の与え過ぎによる障害などもありますので、充分に注意しなければなりません。

例えば、ジャガイモは酸性に強い野菜の代表として知られますが、
pHの高い土壌で育てると、表面がザラザラになり、品質を損ないます。
また、ダイコンなどで言えば白くなりきれなくなることも考えられます。

酸性に強いスイカやジャガイモ、サツマイモ、トウモロコシ、カボチャ
などの野菜を育てる場合は、基本的に、石灰は与えなくても良いと考えます。

スポンサーリンク

スペースの限られた家庭菜園では、酸性に強い野菜はもちろん、
弱い野菜も同じスペースに作ることがあると思いますが、
この両方を上手に組み合わせて栽培計画を立てると、無駄なく石灰を使うことができます。

例えば、石灰を施した後には酸性に弱いとされるタマネギや、ほうれん草などを、
それらを収穫した後は、石灰を施さずに、ダイコンや、シュンギクなどの
酸性に強いとされる野菜を育てるようにします。

このようにすれば、土や石灰を合理的に使うことができるようになり、
少ない手間の中、さまざまな野菜を育てることができます。

育てたい野菜のpHの目安を知ること、作付け前にpHを測定することを実践し、
上手に野菜を育ててみてくださいね。

⇒野菜の種類別の好適pH

スポンサーリンク

-家庭菜園栽培の基本, pH
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

種から育てる野菜と苗から育てる野菜|家庭菜園のメリット、デメリット

「育苗」とは、畑に種を直播きにせず、育苗箱やセルトレイなどを用いて、一度、苗を育てることです。特にこの方法が有効となるのは、大きな葉菜類や、果菜類です。 ■育苗は何故するべきなのか?直播きしない事のメ …

no image

家庭菜園は狭いスペースでもできます|余った場所を有効利用して野菜を楽しむ

庭の一角や、ベランダ、キッチンでも家庭菜園は楽しめます。広いスペースを必要とする野菜は、さすがに育てることが出来ませんが、ミニサイズの野菜の品種も増えてきている今、季節ごとに、さまざまな野菜を育てるこ …

no image

良い苗の選び方|購入時に見極める3つのポイント

新鮮で元気な苗を購入するというのは、野菜売り場で新鮮な野菜を選ぶのと同じ事だと言えます。 ・根っこがしっかりしていて茎が太いもの・葉っぱの色は濃く元気な緑色をしているもの・節と節との感覚が詰まっている …

no image

野菜の苗を購入して育てるメリット|家庭菜園初心者は苗からはじめるのがおすすめ

野菜の品種は、近年とても増えてきています。私が家庭菜園をはじめた当初は、まだまだ品種の書かれた苗が少なく、品種を決めるとなると、種からの栽培が当たり前でした。 しかし、今はホームセンターなどでも気軽に …

家庭菜園

野菜の科名|連作障害にならないように野菜の科を覚えましょう

あなたは野菜の種類をどれだけ知っていますか? またその野菜が何科に属しているかまで知っているでしょうか? スポンサーリンク 同じ場所に同じ野菜をつくると連作障害が発生しやすいということで 他の野菜を植 …

カテゴリー

最近のコメント