初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

みんなの家庭菜園体験談

家庭菜園で伏見とうがらしを栽培しました

投稿日:

京都の人なら誰でも知ってる「伏見とうがらし」、
京の伝統野菜の一つです。
細長い形をしてるところから「ひもとう」ともいわれます。
名前は「とうがらし」となってますが、一般のとうがらしとは別物で、
風味こそとうがらしらしさがあるものの辛みはなく、甘い独特なとうがらしです。
近頃は、他府県にも広く流通しているようですが、この野菜を自宅で育ててみました。
春になると、店先にトマトやきゅうり、ピーマンなどの苗が並ぶようになりますが、
その頃に伏見とうがらしの苗も売られます。
その苗を三株ほど買ってきて、一株づつ、
市販の野菜用の培養土を使って植木鉢に植えました。
地植えにできたら大きく育つのでしょうが、
我が家は庭が広いわけでもないので仕方なく植木鉢です。
さらに日当たりもたいしてよくない場所に置いての栽培です。
意外と強いのでしょうか、さして気を使うことなく、毎日一度水をあげるだけで順調に成長しました。肥料は、とりあえず自宅にあった油粕を時々与えたのみです。
枝を摘んだり整えたりということをした方がよいのかもしれませんが、
それもよくわからなかったので、何もせず自然のまま育てました。
しばらくすると、つぼみがつき白い花がたくさん咲き始めました。
花が散ると、ついに小さな緑の実があらわれました。
伏見とうがらしの赤ちゃんです。
ここからは、日々大きくなり、そのうち見慣れた細長い伏見とうがらしの形になりました。
色も綺麗だし、一株にたくさんぶら下がっています。
嬉しいし可愛い。ようやく初めての収穫です。
一本づつとって記念写真も撮りました。
京都で伏見とうがらしといえば、じゃこと一緒にたく(煮る)
おばんざいが一番有名かと思いますが、
それには量が少し足りないので、最初の収穫はトースターで焼きました。
焼きあがったものに鰹ぶしと醤油をかけてシンプルにいただきました。
美味しかったです。その後は次々ととれ、じゃこと炊いたり、
オリーブオイルで焼いてイタリアン風にしたり、ピーマンのかわりに使ったりとあれこれ利用、
色もきれいなので大変使い勝手もよく、夏が終わった後も10月ぐらいまで収穫でき、
長く楽しむことができました。
夏の野菜として、伏見とうがらしは我が家では欠かせません。今年も是非栽培したいと思います。

スポンサーリンク

-みんなの家庭菜園体験談
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

キッチンで育てるバジル栽培

バジルは、古代ギリシャの頃から貴族などに 愛用されていた野菜であり、かつては「王様のハーブ」とも呼ばれていました。 そういったバジルですので、ヨーロッパでは広く栽培されており、 バジルなしでは作れない …

no image

プランター栽培の失敗例|2作目からは土作りも重要

ここ数年、家庭菜園で失敗ばかりを繰り返しています。 はじめてプランターを買って作ったのはバジルで、 その年は豊作とまではいかないものの、収穫することができました。 しかし、その後ハツカダイコン、大葉、 …

no image

サトイモの栽培のポイント|水やりの頻度とコツ

去年いただいたサトイモがものすごくおいしかったので、 今度は自分でも家庭菜園で栽培にチャレンジしてみます。 程よい大きさのものができたら売ってみてもいいかもしれません。 お小遣いくらいにはなるでしょう …

no image

自宅の庭でミニトマト栽培

自宅の庭で野菜作りを始めてからもう3年以上になります。 それまではガーデニングとして主に寄せ植えをやっていたのですが、 食べられる野菜を作ってみたらどうかと思い始めてみました。 本を買ってみたところま …

no image

家庭菜園でトマトを育てています

仕事をしながら家庭菜園をやっていたので、 なかなか時間と手間をかけられないのが悩みでした。 こまめに見に行けないので、間引き時期を逃していたり、 雑草ばかりが育っていたり。 そんな中でも、一番育ってく …