初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

みんなの家庭菜園体験談

サトイモの栽培のポイント|水やりの頻度とコツ

投稿日:

去年いただいたサトイモがものすごくおいしかったので、
今度は自分でも家庭菜園で栽培にチャレンジしてみます。
程よい大きさのものができたら売ってみてもいいかもしれません。
お小遣いくらいにはなるでしょうか。
種芋はもらえたのですごくラッキーです。
イモ類の種は結構するので助かります。
品種は石川早生で間違いないそうです。
サトイモの特性は、気温25度から30度、地温20度から27度の温度と日照を好みます。
水分もたくさん必要なので、耕土が深く、あまり乾かないところがいいです。
親イモ用は粘土質が、子イモ早取り用には砂質土が向いています。
植え付けには、堆肥を入れて深く耕します。
長い生育期間を通して柔らかい状態が保てるようにします。
早植えの場合はポリマルチが必要になります。私は適期に植えるので使いません。
植え付け間隔は、早堀りは1メートルの畝に25センチ間隔で、
普通栽培の晩生生種では1.2メートル畝に株間40センチぐらいとします。
種芋は50グラムくらいが適当な大きさです。
IMG_2996.JPGのサムネール画像
普通栽培なら5月中旬から、ほぼ1ヶ月ごとに追肥して、
中耕、除草を兼ねて土寄せします。
3回目の土寄せは梅雨明けのころにやって、
そのあとに7センチから8センチの厚さに敷きわらをします。
水やりは定植のときから必要ですが、
とくに梅雨明けからはたいせつです。
日中をさけて畝間灌水でやるのですが、
土をじゅうぶんに湿らせたらかならず落水させます。
そうしないと根に傷がついて、かえって乾燥の害を受けやすくなります。
普通栽培での収穫は10月下旬になります。収穫した芋は、穴を掘って土で覆います

スポンサーリンク

-みんなの家庭菜園体験談
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

家庭菜園でのフルーツトマトの作り方

私が家庭菜園で育てた野菜はたくさんありますが、 その中の一つを紹介したいと思います。 私が家庭菜園で育てたのはフルーツトマトです 普通のトマトではなくなぜフルーツトマトを育てたかというと 小さい子供た …

no image

ゴーヤの緑のカーテン失敗から学んだ育て方のポイント

毎年、緑のカーテンを作るためにゴーヤときゅうりを植えています。 一年目は、ゴーヤを三本植えてみましたが、カーテンと呼べるまでにならず、 夏が終わってしまいました。 二年目、ゴーヤの数を増やして再挑戦し …

no image

ミニトマトでイモムシのような害虫を駆除しました

私はここ数年、自宅の玄関先にプランターをおいて、 ミニトマトの栽培に励んでいます。 実にささやかな家庭菜園です。 本当はもっと大々的に野菜を作りたいのですが、 何しろ庭が全然無いので仕方がありません。 …

no image

家庭菜園でのイタリアントマト栽培甘くみてました

中古であるが田舎でマイホームを買いました。 もちろん大きな庭付。家庭菜園がメインではないですが、 花や野菜を自分で作ってみたい気持ちもあって、庭作りを始めました。 その中で苦労したのがトマト。せっかく …

no image

家庭菜園を楽しむ時間ってステキ

家の狭い庭で家庭菜園をしてもう何年もたちますが、 本当に片手間程度にしか手をかけていないせいかなかなかうまく作れないものです。 近所に家庭菜園でありながら立派な野菜を育てている方がいて、 その肩に土の …