初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

みんなの家庭菜園体験談

家庭菜園でおいしいナスの作り方

投稿日:

家庭菜園で人気のベスト3といえば、きゅうり、ナス、トマトで、
まず間違いないでしょう。これらの野菜に共通している特長といえば、
育てるのが簡単なこと、収量が多いこと、
そしておいしいことに尽きるのではないでしょうか。
特にナスは、昔から秋ナスは嫁に食わすなという例えもあるほど、おいしい野菜です。
ナスを作る際の注意点ですが、ナス科の植物は連作障害を起こしやすいので、
同じ場所には3,4年に1度しか、植えないようにします。
とはいっても家庭菜園は狭いので、なかなか連作しないように
場所を変えて植えるのがむずかしいところです。
次にナスの品種を選びます。ナスの原産はインド地方とされ、
そのため高温性野菜ともよばれています。
日本には8世紀頃伝来されたとされ、歴史が古く、
地域にさまざまな品種が多く残っています。
代表的な品種として、中長ナスと長ナスと丸ナスと
米ナスと小ナスの4種類があり、千両、千黒、小五郎、
黒陽、早生大丸、紫水、くろわし、竜馬などが有名です。
地方品種としては、京都の加茂ナス、大阪の水ナス、
宮城の仙台長ナス、福岡の博多長ナス、新潟の巾着ナス、
山形の民田ナスなどが有名です。
育て方ですが、苗それも接木苗が、
成長が旺盛で、病害にも強いので、お奨めです。
インド原産のため、土中温が20度以上にならないと生育しませんので、
地域によって4月下旬から6月上旬までが植え頃となります。
また、日当たりと水分を好むので、1日中日が当たる場所が適切です。
土壌は保水性を高めるため、腐葉土や牛糞堆肥をしっかりとすきこみ、
ふかふかの土にする必要があります。
気温は30度くらいが一番成長しますが、
日陰が苦手なので、わき芽を摘んで、3本立てとします。
収穫は6月から10月頃まで楽しめます。
注意したいのは、実がなってから大体25日前後で採らないと、
皮や種が硬くなるいわゆるボケナスとなってしまいます。
新鮮なつやつやしている時期に収穫します。
収穫後は、どんどん水分が蒸発するので、
できるだけ早く食べるとおいしいです。 

スポンサーリンク

-みんなの家庭菜園体験談
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

レタス栽培の失敗の経験からの再挑戦

今日は、レタスの種をまきました。 昨年の夏まきは、全然育ちませんでした。 夏の育苗に大苦戦となりました。 春作は再挑戦です。真夏の猛暑をどうするかが肝だと思っています。 あまりたくさん植えても失敗して …

no image

野菜栽培の初心者でも楽しめる家庭菜園でのジャガイモ堀り

野菜作りも家族全員で楽しめるものがあれば とても幸せですね。 そういった意味では、ジャガイモ作りが おすすめだと思っています。 初心者でも、植え方を習えばそれなりに 作ることができるからです。 そう、 …

no image

今年もミニトマトアイコを育てます

冬が終わり、そろそろ野菜の苗作りに良い季節がやってきました。 毎年ゴールデンウィークが近づくこの時期になると、 ミニトマトやつるなしインゲン、ラディッシュ等をつくりだします。 日中の時間が長くなり、日 …

no image

家庭菜園でキタアカリを栽培しています

今回は私が行っているジャガイモの栽培について記そうと思います。 私が初めてジャガイモ栽培を行ったのは今から7?8年ほど前になるのですが、 それから連作を避けながらなんとか毎年栽培してくることが出来まし …

no image

エダマメは発芽をとくするために一晩水につける

家庭菜園の醍醐味はなんといっても 取れたての新鮮な野菜が食べられる事です。 農薬を使わなければ、無農薬の有機栽培も可能ですし、 安全に食べることが出来ます。 ただ、最初から美味しい野菜が取れるわけでは …