初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

みんなの家庭菜園体験談

家庭菜園でのサツマイモの育て方と種類

投稿日:

放っておけば育つ野菜の代表といっていいのはサツマイモではないでしょうか。

畑はもちろんプランターや米袋なんかでも栽培できますよ。
サツマイモの種類としては世界では3000?4000種類あるそうで
日本で流通しているのは数十種類だそうです。
東日本では「ベニアズマ」の栽培が主流で特徴としては
繊維が少なめで糖質が多くほくほくとした食感をしており、
焼き芋や天ぷら、お菓子作りなど幅広い用途に使われています。
西日本では「鳴門金時」が主流で
甘みが強くねっとりとした食感で貯蔵性がよいのが特徴です。
最近では鹿子島在来種の安納芋の品種改良された物も人気で
特に焼き芋のすると美味しいと評判です。
またお菓子や焼酎など用途に適した品種も栽培されています。
サツマイモは苗を土壌に植え付けることで成長していきます。
芋づるとも呼ばれています。
苗の入手方法ですが自分で種芋から苗を育てる方法もありますが
時間と手間もかかりますので、ホームセンターなどで購入するのが簡単です。
珍しい品種が欲しいという方はネット販売でも手軽に購入できるのでおすすめです。
だいたい5?6月までが植え付け時期です。
苗を購入したら植え付けです。酸性の土壌を好み、
土壌の養分が多いと根ぼけをしますので肥料は無くて大丈夫です。
幅70?100センチの高めの畝を作り、
保温・保湿・雑草の抑制の為にマルチシートを張ります。
植え付けの間隔は30センチで苗の葉が全て地表に出るように
浅さめに埋め、たっぷりと水をやります。
ツルがどんどん伸びてくるとツルから根が出てきて
そこらも小さいくず芋ができてしまします。
それを防ぐために「ツル返し」という作業をします。
ただ地面からツルを引きはがすだけです。
収穫時期は11月頃ですが低温に当たると
芋がくさりますので霜が降りる前に収穫しましょう。

スポンサーリンク

-みんなの家庭菜園体験談
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

キュウリの栽培には2本以上の支柱が必要

枝に実を付ける野菜の場合には、かならずやっておくべき作業があります。とくにキュウリなど、重たい実をつける野菜の場合には怠ってはいけません。 キュウリは成長すると2メートルの高さになり、キュウリの実は長 …

no image

家庭菜園初心者向けジャガイモの育て方

家庭菜園といえばキャベツや小松菜、レタスなどの 葉っぱ物をイメージする人が多いかもしれませんが、 実はこうした葉物というのは意外と難度が高く、初心者向けとは言えなかったりします。 逆に、ほぼ誰でも作れ …

no image

初心者の家庭菜園ミニトマト栽培

去年の夏、初めて野菜を家で育てよう、と思いました。 きっかけは娘が生まれたことです。 私は割合田舎に育ったので、家の周りが畑だらけでした。 そのため、見るともなく野菜が育っているのを見て育ちました。 …

no image

イタリアンパセリの水耕栽培

数ヶ月前から、イタリアンパセリを水耕栽培しています。 イタリアンパセリは生命力が驚くほど強く、 ある程度放置してもぐんぐん伸びてくれるので本当に助かっています。 育て方も比較的簡単ですし、プラスチック …

no image

家庭菜園でジャガイモ栽培

家庭菜園ではじめてジャガイモを作りました。 カインズホームで販売されている 1ネット¥298程度の種イモであるキタアカリを購入し、 3月に植え付けをしました。 春植えだと種イモをカットしてから植え付け …

カテゴリー

最近のコメント