初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

「 家庭菜園栽培の基本 」 一覧

no image

家庭菜園での支柱の立て方と注意点

2013/07/09   -支柱立て
 

キュウリや、サヤインゲンなど、つる性の野菜を育てる時には、つるを誘引することのできる「支柱」を用いて、野菜の管理を行います。 この支柱の差し方ですが、地面に差し込む時に根っこを傷つけないよう、苗から少 …

no image

家庭菜園で支柱が必要な野菜|支柱の役割と効果

家庭菜園では、さまざまな道具を用いて野菜を育てていきます。そのうちの1つが支柱です。支柱は、つる性の野菜を誘引して育てることに使われる道具となるので、キュウリや、インゲン、トマトなどに使います。 こう …

no image

家庭菜園の上手な管理の仕方|株間と光合成に必要な葉数を確保する

春から夏にかけて、野菜の生長は著しく伸びます。1日違うだけでも、凄く生長を感じる時期となりますので、野菜に応じて適切な管理をしてあげることが、元気な野菜の収穫とつながります。 ナスやピーマンなどは、1 …

no image

家庭菜園を簡単に始める方法|キッチン菜園やベランダガーデンでも楽しめる

家庭菜園は、広いスペースが必要だと考えている人が多く、畑を持っていない人や、広い庭のないという人などは、うちでは育てることが出来ないと諦めてしまう人も多いです。 しかし、実際のところは都心のマンション …

no image

土寄せと追肥の注意点|根を傷めないように

土寄せは、さまざまな効果のある大切な作業だと言えますが、根を切らないように土を寄せることは、慎重に行わなければなりません。 通路の土や、畝の表面の土を軽く耕す時に、根っこを切ってしまうと、野菜の生長に …

no image

家庭菜園の土寄せのもう一つの目的|雑草が生えない、大きくならない

土寄せは、株元に土を寄せ上げる作業です。また、寄せ上げることは同時に、通路や畝の表面、株間の土を、柔らかくすることにも繋がります。 軽く土寄せを行うと、小さな雑草を土の中に埋めてしまえるので、雑草防止 …

no image

土寄せにつかう道具|中耕の効果を最大限にする

土寄せの効果を最大限得ることができるのは、肥料を与えた後です。土寄せを行うと、地中にしっかりと肥料を浸透させることができるので、野菜の根から、しっかりと肥料を吸収します。 一般的には、マルチングや、種 …

野菜つくり

家庭菜園での土寄せの効果|いろいろなやり方で用途が異なる

「土寄せ」とは、生長に合わせて株に土を寄せて集めることです。 土寄せは、さまざまな野菜を育てる過程で行われる作業の1つですが、 その用途は、それぞれ違います。 スポンサーリンク

野菜つくり

種まき後、植え付け後の水やりの方法|水やりは重要な作業

種まき後も、植え付け後も、水やりは重要な作業と言われますが、 それぞれのやり方には、違いがありますので、是非、覚えておきましょう。 スポンサーリンク

野菜つくり

覆土の厚さとやり方|種によって上手に土のかぶせ方を変えてあげましょう

2013/06/26   -種まき
 

種まき後は、土を被せて作業を終了することになりますが、 この時の土の被せる厚さは、種の直径に合わせて変化させるのが一般的です。 スポンサーリンク 目安は、種の直径×3倍の厚さとなりますので、種が大きけ …

カテゴリー

最近のコメント