初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園栽培の基本

家庭菜園の上手な管理の仕方|株間と光合成に必要な葉数を確保する

投稿日:

春から夏にかけて、野菜の生長は著しく伸びます。
1日違うだけでも、凄く生長を感じる時期となりますので、野菜に応じて
適切な管理をしてあげることが、元気な野菜の収穫とつながります。

ナスやピーマンなどは、1個あたり健全な葉が7?8枚必要だとされています。
また、キュウリの場合は3枚、カボチャの場合は15枚、スイカの場合は、
40?50枚の元気な葉が必要だとされています。

⇒ナスの育て方
⇒ピーマンの育て方
⇒キュウリの育て方
⇒スイカの育て方

この健全な葉の枚数を保ち、良く日光に当て、光合成を盛んに
行わせることが、多収穫の基本となります。

そのためにも、株間はしっかりと空けるようにし整枝を正しく行い、
果実、1つあたりの十分な葉を確保するようにしてください。

更に、元気な葉に日光を満遍なく当てるため、脇芽や不要な葉は
摘み取ることをお勧めします。

2?3日放置してしまうと大きく伸びてしまうこともありますので、
1日置きくらいには必ずチェックするようにして、脇芽や不要な葉を
どんどん取り除いてください。

スポンサーリンク

また、病害虫で葉が傷んでいないかなども良く観察するようにして、
万が一、傷んでいる葉などがあれば即座に摘み取るようにします。

こうすることで満遍なく光を与えることが出来るので、
光合成を盛んに行えるようになります。

水分管理も重要な作業です。
水分不足となった葉は、気孔が小さくなり光合成が行いにくく
なってしまいますので、株元のマルチ・敷きワラも重要です。

⇒マルチングについて

天気に応じても必要な水分量は違ってきますので、天気に応じて、
きちんとかん水加減を調節してあげる事も重要な作業の1つだと言えます。

また、プランター栽培をしているものに関しては特に、
地下から吸水することが出来なくなっているので、水分不足には、
注意してください。

⇒水のやり方について

日光が照り始めると、暑さ対策も必要となります。
ベタ掛け資材のトンネルなどを使えば、充分に遮光ができるだけでなく、
害虫からも守るはたらきが期待出来るので、非常にお勧めです。
ほうれん草・春菊・ハクサイなどには、これを使うようにしましょう。

⇒べたがけ資材について

スポンサーリンク

-家庭菜園栽培の基本
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

家庭菜園での畑の作り方|除草作業を行い、畑に余計なものがないように

家庭菜園をはじめる前は、必ず畑を綺麗にしておくことが必要です。畑を綺麗にしておけば、その後の土のお手入れなどが格段に楽なものとなります。できるだけ、いつも綺麗な状態を保てるようにしておきましょう。 畑 …

野菜つくり

家庭菜園の野菜収穫後の後片付け|土壌中に残った茎葉を残さないこと

野菜収穫後は、畑に多くの茎葉が残ります。 今日は、残った茎葉などの処理の方法について、紹介させて頂きます。 茎葉が軟弱で病害虫に侵されやすい野菜を育てていた場合は特に、 土壌中に病害虫が長く生存してい …

no image

家庭菜園の野菜の寒さ対策|資材を上手に使って冬の野菜作りを楽しむ

冬になると、降雪・低温のため、露地栽培の生育が止まります。 また、種類によって違いはあるものの、ほとんどが良品を収穫出来なくなります。 種まきをしても、低温であるため、発芽することが出来ない時期となり …

no image

家庭菜園での間引き、整枝、摘葉のやり方|苗作りのポイント

苗作りとして育苗箱に種まきをしたり、畑に直に種子をまく場合は、 通常は、1箇所にまくこととなりますので、発芽する時に密生状態となります。 また、小さいうちの野菜というのは、この状態の方が、 お互いをか …

no image

家庭菜園での保温方法|トンネル栽培やべたがけ資材の使い方

10月中旬?下旬頃になると、寒さが一層強まり、秋冬野菜や、 小物野菜は、正常な生育が出来なくなります。 また、この時期以降は種まきの出来る野菜もなくなります。 冷たい風の当たりやすい大地などでは、風の …