初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

「 家庭菜園栽培の基本 」 一覧

no image

家庭菜園で役に立つマルチとは|マルチフィルムや敷きわらの使い方

家庭菜園初心者の方は、はじめ、その用語に戸惑うことかと思います。 今日は、野菜を上手に育てるために重要なマルチング、フィルムマルチ、 敷きワラの用途について紹介したいと思います。 ■マルチングとは? …

no image

家庭菜園でできるトンネル栽培|葉菜類を育てる

秋野菜の収穫期を迎えた頃になったら、トンネル栽培で育てられる、 野菜の種まきを行いましょう。 ほうれん草、小かぶ、春菊、小松菜などがその時期を種まきの適期とする、 代表的な野菜です。露地まきは、冬どり …

ピーマン 苗

春にまく野菜の発芽までの日数と適温

春に種をまく野菜 ナス、ミニトマト、ピーマン、リーフレタス、枝豆、とうもろこしの種をまいてからの発芽日数、最適発芽温度を紹介します。温度によって発芽までの日数がかわりますので、寒い時期は加温や保温をしてやらないと発芽までの日数がかかることになります。

no image

夏の夕方に水やりをするメリット|害虫防除に防除にもなる

夏場は、私たちも暑く厳しい季節を迎えますが、それは野菜も同じこと。夏は、暑さだけではなく、害虫が増えて寄生しやすくなるので、野菜に、気を配りながら管理をして行きたい季節です。 しかし、なかなか毎日のお …

野菜つくり

肥料のやりすぎと肥料不足|与えれば与えるほど大きく育つは間違い

「肥料は、野菜の栄養となる部分なので、与えれば与えるほど、大きく育つ」 これは、間違いです。     確かに野菜の栄養ではありますが、私たち人間と同じように、 摂取のしすぎは、かえって生育を阻害するこ …

no image

家庭菜園のトマトのひび割れの原因|過湿にならないように注意することが必要

トマトの実の部分にヒビが入ってしまった時の原因は、水やりの失敗です。 ヒビが入るとどうしても、病害虫や、肥料不足などを考えてしまいがちですが、 この症状の場合、水分管理の失敗が大きな原因です。 特に、 …

野菜つくり

家庭菜園で野菜がうまく育たない原因|水やり・肥料不足・肥料過多など

生育不良は、病気や害虫、害獣による被害だけではありません。 野菜の生長が著しくない場合は、上記の原因以外にも、 原因が考えられることを頭に入れて、対処法を考える必要があります。 スポンサーリンク

no image

マルチフィルムの使い方|家庭菜園でマルチを使う利点

マルチとは土の表面をビニールフィルムやワラなどで覆うことです 畝にマルチを張ると土壌が適度な温度に保たれるようになり春先などまだ気温の低い季節でも野菜が元気に育つようになります また土壌の水分を保つ働 …

no image

家庭菜園で肥料の計量に便利な道具

油粕は、粉末状・粒状になっているので、軽量カップを用います。固形状になっている時にも、目盛りの付いたものが便利かと思いますので、100円均一などで、家庭菜園用として購入しておきましょう。 また、液体用 …

no image

水やりに必要な道具|ジョウロは家庭菜園に必要

種まきの後は、たっぷりと水を与えることが重要とされますが、水圧が強すぎると、水で土を削ってしまうことになり、種が流れ出ることもあるので、水圧の強くならない、ジョウロで水を与えることが必要です。 また、 …

カテゴリー

最近のコメント