初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園栽培の基本 pH

酸性に強い野菜と弱い野菜|育てたい野菜のpHの目安を知って上手に育てよう

投稿日:

野菜は、酸性に強いもの、やや強いもの、酸性に弱いもの、やや弱いもの
この4つに分類されます。種類によって、最適な土壌の酸性値は異なるため、
作付け前には、pHを確認後、必要であれば石灰を施すことが必要です。

スポンサーリンク

どんな野菜を育てる前も、石灰を施すという人が居ますが、
石灰の与え過ぎによる障害などもありますので、充分に注意しなければなりません。

例えば、ジャガイモは酸性に強い野菜の代表として知られますが、
pHの高い土壌で育てると、表面がザラザラになり、品質を損ないます。
また、ダイコンなどで言えば白くなりきれなくなることも考えられます。

酸性に強いスイカやジャガイモ、サツマイモ、トウモロコシ、カボチャ
などの野菜を育てる場合は、基本的に、石灰は与えなくても良いと考えます。

スポンサーリンク

スペースの限られた家庭菜園では、酸性に強い野菜はもちろん、
弱い野菜も同じスペースに作ることがあると思いますが、
この両方を上手に組み合わせて栽培計画を立てると、無駄なく石灰を使うことができます。

例えば、石灰を施した後には酸性に弱いとされるタマネギや、ほうれん草などを、
それらを収穫した後は、石灰を施さずに、ダイコンや、シュンギクなどの
酸性に強いとされる野菜を育てるようにします。

このようにすれば、土や石灰を合理的に使うことができるようになり、
少ない手間の中、さまざまな野菜を育てることができます。

育てたい野菜のpHの目安を知ること、作付け前にpHを測定することを実践し、
上手に野菜を育ててみてくださいね。

⇒野菜の種類別の好適pH

スポンサーリンク

-家庭菜園栽培の基本, pH
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

家庭菜園 堆肥 使い方

畑を耕すことはどんなメリットがあるのか?|家庭菜園での耕うんのポイント

耕起(耕うん)とは? 耕起というのは、畑を耕すことです。 クワなどを使って、約30センチの深さまで良く土を掘り起こして反転させます。 スポンサーリンク 土のかたまりなどができないように、上手に砕くよう …

no image

家庭菜園は狭いスペースでもできます|余った場所を有効利用して野菜を楽しむ

庭の一角や、ベランダ、キッチンでも家庭菜園は楽しめます。広いスペースを必要とする野菜は、さすがに育てることが出来ませんが、ミニサイズの野菜の品種も増えてきている今、季節ごとに、さまざまな野菜を育てるこ …

野菜つくり

家庭菜園初心者でも育てやすい野菜|栽培期間の短いもの、手間のかからないものがおすすめ

家庭菜園の楽しみは、なんといっても、自分で栽培した野菜を、 収穫したその日のうちに、味わうことが出来るというところにあると思います。 スポンサーリンク ですから、野菜作りは自分の食べたい野菜や、食べて …

no image

野菜の生育温度|品目ごとに適した温度で育てるとうまくいく

野菜には、それぞれ生育に適した温度というものがあります。寒さに強く、秋蒔きをするダイコンや、ハクサイ、ネギなどの場合は、生育適温が15?20度となるのに対して、暑さに強く、春蒔きをするキュウリ、トマト …

no image

スプラウト野菜の育て方|簡単に作れて栄養価も高い

スプラウトとは、植物の芽が出たばかりのものをさします。種子には、生長するために必要な栄養分が蓄えられていますが、発芽した事によって、新しいミネラルやビタミンが作られるのです。 そのため、発芽直後のスプ …

カテゴリー

最近のコメント