ホーム » 野菜の育て方 » 白菜の育て方 栽培方法|ビタミンC、食物繊維が豊富でダイエットにも向いている

スポンサードリンク

白菜の育て方 栽培方法|ビタミンC、食物繊維が豊富でダイエットにも向いている


phfv208-s.jpg

はくさいは英語でチャイニーズキャベツといい、
日本には明治初年に導入されました。
白菜は国際的な統計ではキャベツの中に入っています。

日清・日露戦争に従軍した日本の農村出身者の兵士が大陸で
はくさいを初めて食べ、その大きさや味に感心したのが
全国的に広まるきっかけでした。

中国から各地に導入された種をもとに、
宮城、愛知、石川で、それぞれ松島群、野崎群、加賀群という、
日本のはくさいを代表する三大品種群がつくり出されました。


白菜は軟腐病などの土壌病害が出やすいので3~4年の輪作をします。
白菜は結球させるためには80から100枚の葉が必要とされます。
低温時期に入る前に、この白菜の結球に必要な葉の枚数を確保するよう、
生育は促進させなければなりません。



野菜名
科名
原産地
ハクサイ
アブラナ科
中国
学名
英名
和名
Brassica campestris
Chinese cabbage
白菜
種まき時期
定植時期
収穫時期
8月下旬~
9月下旬
 
11月~
種子の光反応
土壌適応性
明発芽種子
土壌適応性はかなり広い。
耕土が深く排水の良い沖積土が
最適地である。
弱酸性~微アルカり性を好む。
発芽
最低温度
最適温度
最高温度
4
18~22
35
生育
最低温度
最適温度
最高温度
4~5
15~20
25
うね幅
条数
株間
60
1
45~50
10a当たりの
定植本数
10a当たりの
播種量
20ml当たりの
種子粒数
2800
50~60ml
4000
花芽分
花芽分化をおこす低温の範囲は3~13℃、平均気温14~15℃以下、最低気温10度以下の低温で花芽分化。


ハクサイの品種いろいろ


⇒ハクサイの土作り

⇒ハクサイの種まき

⇒ハクサイの種まき時期

⇒ハクサイの間引き

⇒ハクサイの追肥・土寄せ

⇒ハクサイの収穫

⇒ハクサイの防寒対策

スポンサードリンク

関連記事

Return to page top