初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

じゃがいもの育て方

ジャガイモの植え付け時期と育てる土地の酸度

投稿日:

ジャガイモの生育適温は、15度-20度。冷涼な気候を好みますが、
霜には弱く、当然、暑さにも弱い気温管理の難しい野菜です。
 
 
日本は、縦に長い国ですから、北海道と沖縄では、
栽培期間が全く異なります。この栽培期間の選択が、
ジャガイモを家庭で上手に育てる、ポイントです。
 
 
関東では、2月下旬-3月中旬の植え付け⇒梅雨明けの収穫。
9月の植え付け⇒11月?12月の収穫。いわゆる、
春植え、秋植えの2通りの方法があります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 
東北、北海道などの寒地、寒冷地では、初夏頃の植え付け⇒夏の収穫が望ましいです。
 
 
九州・沖縄などの比較的暖かい土地の場合は、冬の終わりの植え付け⇒
梅雨入りする前の春頃に収穫するのがベストだと言われています。
 
 
また、育てる土地の酸度にも気をつけて栽培する必要があります。
 
 
ジャガイモは、土壌酸度pH5.0-6.0の弱酸性土壌を好みます。
4.5以下の土地や、7.0以上の土地では上手く育てられませんので、
他の野菜から、ジャガイモを育てる時には注意してください。
 
 
しかし、基本的には強酸性の土壌でない限りは、
石灰などは不要です。石灰をまいてしまうと、土壌がアルカリ性に傾いて、
瘡痂病(そうかびょう)になってしまうことがあるので注意が必要です。
 
 
更に、ジャガイモは連作障害の起こりやすいナス科に属する野菜です。
家庭菜園でも人気のあるトマト、ピーマン、ナスなども同じナス科ですから、
数年はそれらを育てていない場所で生育させるように、注意してください。

スポンサーリンク

-じゃがいもの育て方
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ジャガイモ

じゃがいもの育て方・栽培方法|保存しやすい常備野菜

じゃがいもの栽培のポイント 前年に自家で取れたじゃがいもは芽が伸びていたり、 ウイルス病にかかっている場合もあるので じゃがいもの種イモは市販のものを使ったほうがよいでしょう。 じゃがいもは連作を嫌う …

no image

ジャガイモの芽かきと土寄せ作業|晴れの日が続いたら収穫する

■大きなジャガイモの収穫には芽かきが重要 1つの芽が10センチほどに伸びたら、「芽かき」の作業を行います。 それらの芽のうち、2?3本、元気の良いものを残し、他の芽はかき取る作業です。 芽を残して育て …

no image

ジャガイモの品種と使い方|品種によって調理方法を変える

ジャガイモの主な用途には生食用加工食品用でんぷん原料用などがあります それそれの使い方にあったジャガイモ品種が育成されています最近では使い方も多様になり、新品種もたくさん出てきています スポンサーリン …

no image

ジャガイモの主な品種と使い方

ジャガイモ生食用品種 「男爵」「メークイン」どちらも生食用の代表品種ですスーパーでもよく見かけます 関東では粉質の男爵が好まれていて関西では粘質のメークインが好まれています 「デジマ」「ニシユタカ」長 …

no image

家庭菜園のおいしいジャガイモ栽培のポイント

家庭菜園でのジャガイモ栽培はおいしく安心して食べられるイモ作りです そのためにはウイルス病などの病気に感染していない種イモを使うことが重要です またジャガイモシストセンチュウや疫病の抵抗性をもった品種 …

カテゴリー

最近のコメント