初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

じゃがいもの育て方

じゃがいもの植え付け方|切り口は2日くらい乾かす

投稿日:

ジャガイモは、カレーや煮物、炒めもの、お味噌汁など、
食卓に並ぶメニューとしては、凄く万能だと言える野菜の1つです。

そんなジャガイモは家庭菜園で育てる場合、年2回の植え付けが可能です。
春植えと秋植えでは、植え付け方法こそ多少違いがありますが、
栽培の基本的なポイントは同じです。

春植えの場合も、秋植えの場合も3ヶ月ほどで収穫出来、
難易度もそれほど高くないため、初心者にもお勧めです。

⇒春に植えるジャガイモの栽培ポイント

また、プランターなどでも育てることが出来るため、
あまり広い家庭菜園のスペースが取れない方や、ベランダを使って
家庭菜園をはじめたいという人にも向いています。

春植えの場合は、種芋をカットして植え付けていきますが、
秋植えの場合は、暑さで腐ってしまうことを防ぐためカットをせずに
植えるのが1つのポイントです。

更に湿度にも注意が必要です。水はけの良い場所を選び、
種芋が腐らないようにしましょう。

また、ジャガイモは意外かも知れませんがナス科の植物です。
他にも、家庭菜園の定番であるナスやピーマン、トマトなどが
ナス科の植物に属します。

ナス科は連作障害が出やすいとされていますので、
こういった作物を育てた後にジャガイモを育てるのは危険です。

⇒ナス科の連作障害について

スポンサーリンク

植え付ける場所が決まったら堆肥などをすき込みます。
また、種芋をカットする場合には植え付けの2日前にはカットを終え、
切口と乾かしておくと良いでしょう。

地植えの場合は、幅60センチ・高さ30センチほどの畝をつくります。
その後、種芋の切り口を下にした状態で30センチ間隔で
置いていきます。

空いた間にはボカシ肥などの肥料を一握りずつおき、
土を10センチほど被せれば、植え付けは完了です。

プランターで育てる時には、深さ40センチほどのものを用意し、
培養土を入れておきます。

深さ10センチほどの溝を掘り、種芋を入れていくのですが、
肌60センチほどのプランターで、種芋2つが妥当です。
間隔を25センチ以上開け、並べて行きましょう。

IMG_1181.JPG
↑肥料袋を利用しても栽培できます

地植えと同じように、こちらも間にボカシ肥などの肥料を
一握りずつ置いていくのがポイントです。

肥料の与え過ぎはジャガイモの根が上手く肥大しなくなります。
肥料のやり過ぎには、十分に気をつけておきたいですね。

⇒じゃがいもの栽培特性

スポンサーリンク

-じゃがいもの育て方
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

ジャガイモを時間差で栽培して収穫を長く楽しむ

家庭菜園でジャガイモを植えるとき、一度に植えてしまうと収穫も一緒になってしまいます そこで育苗を利用して時間差でのジャガイモ栽培を紹介します 種イモをカットして切り口を乾かした後家の中の暖かい場所で育 …

ジャガイモ

ジャガイモの原産地と日本での歴史|品種の種類

ジャガイモの原産地は、南米のアンデス山脈の周辺にあります。 この地域と言うのは、非常に冷涼な気候でジャガイモは、 そういった気候を好む野菜です。 ジャガイモは、世界各国で使われている代表的な野菜ですが …

no image

ジャガイモの品種と使い方|品種によって調理方法を変える

ジャガイモの主な用途には生食用加工食品用でんぷん原料用などがあります それそれの使い方にあったジャガイモ品種が育成されています最近では使い方も多様になり、新品種もたくさん出てきています スポンサーリン …

ジャガイモ 芽かき

ジャガイモの発芽日数とお手入れ|芽かきと土寄せが重要

ジャガイモの発芽は植え付け後、15日-30日ほどです。 このあたりは、季節によっても若干の差が生じます。 芽が10センチ以上になったら、ジャガイモのお手入れとして 芽かきを行います。 スポンサーリンク …

ジャガイモ 花

ジャガイモ(キタアカリ)の育て方|おいしく作る栽培ポイント

ジャガイモ・キタアカリの育て方・栽培方法についてです。種イモは病気にかかっていないものを選びます。種苗屋さんやホームセンターで購入できます。植える間隔は30センチ程度深さは10センチ程度です。発芽して茎が15センチ程度になったら再び10センチ程度土をかぶせます。土寄せをしないとじゃがいもが緑色になって固くなってしまいます。