初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

レタスの育て方

レタスの発芽適温と生育適温|温度が高いと花芽を分化する

投稿日:

レタスは、北海道や、長野県の高原で栽培が盛んであるように、
冷涼な気候を好む野菜です。レタスの発芽適温は、15-20度。
これ以上の気温では、発芽しにくく、芽が出ないこともあります。
発芽後の生育適温も、15-20度となります。
 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 
寒さには強い方ではありますが、結球後は霜の影響を受けやすくなります。
しかし、高温で湿度の高い場所では、腐敗する病気になりやすいと言えるので、
夏まきの秋どりが、日本では、1番育てやすいと言えます。
玉レタス以外のリーフレタスなどであれば、春まき、秋まきもできるので、
初心者の方はまず、リーフレタスよりはじめてみるのも良いでしょう。
 
 
玉レタスは、生育前半は葉が広がったようになっていますが、
徐々に1枚1枚が立ち上がり、内側に巻き始め、やがて結球します。
美味しい玉レタスは、ある程度葉と葉の間に隙間があいているのが好ましいとされ、
このあたりは、キャベツや、ハクサイとは少々勝手が異なります。
 
 
また、低温下で花芽を形成するキャベツや、ハクサイとは違い、
レタスは、高温下にあることで、花芽を形成し、花茎を伸ばして開花します。
小さなタンポポのような花を咲かせますので、ガーデニングも楽しめます。
 
 
リーフレタスは、結球しないタイプのレタスのことです。
玉レタスと比べ、生育に掛かる期間が短いので、とても初心者向けだと言えます。
リーフレタスには、紅系、緑系の2種類がありますので、
家庭菜園で育てる場合は、どちらも同時に育て始めるのがおすすめです。
サラダにした時の華やかさを演出でき、食欲も沸きますよ。

スポンサーリンク

-レタスの育て方
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

レタス栽培のポイント|水やり、間引きと害虫に注意

家庭菜園でのレタス栽培のポイントを紹介します。レタスは育てるのが簡単な野菜で基本的に注意するポイントは水やりと間引き、害虫です。またレタスは間引きしたあと間引き菜、スプラウト野菜として楽しめます。スーパーではなかなか売っていないものなので家庭菜園の醍醐味の一つです

no image

秋冬に収穫する玉レタスの種まき・育苗|適期に種をまくのがコツ

玉レタスは、スーパーでも良く見掛ける野菜ではありますが、歯切れの良いレタスは、家庭菜園ならではの味となりますので、秋の菜園にとてもお勧めですので、是非、栽培してみてください。 玉レタスの種まきは、8月 …

no image

夏のレタスは苦くなる?|おいしいリーフレタスの育て方

リーフレタスは、家庭菜園をはなやかな雰囲気にしてくれます。 種をいくつかミックスして播けば 品種の色や特徴を活かして家庭菜園をデザインすることもできます。 スポンサーリンク レタスの生育温度は15?2 …

no image

レタスの歴史と起源|レタスの祖先は地中海沿岸あたりに自生しています

サラダには欠かせない、レタスの祖先は、中近東のあたりや、 地中海沿岸あたりに自生しています。 レタスの栽培は、非常に古くから行われているもので、 古いものでは、紀元前4500年のエジプトの壁画にレタス …

no image

レタスの栽培ポイントまとめ1|初心者は育苗栽培か購入苗からがおすすめ

家庭菜園は、育てる楽しみ、収穫する楽しみはもちろんですが、 食べることにも楽しみがあると思います。だからこそ、おすすめしたいのが、 レタスです。食卓にも並べやすいですし、新鮮なレタスはとても美味しいで …

カテゴリー

最近のコメント