ホーム » 家庭菜園での農薬の使い方

スポンサードリンク

家庭菜園での農薬の使い方カテゴリの記事一覧

農薬の散布で近隣のご迷惑にならないために

薬剤の散布は、近隣の住宅の方々に迷惑が掛からないよう、
朝の早い時間帯、風のない日に行なってください。


風の強い日に行えば、思いがけず薬剤が広範囲に飛散することになります。
また、午前中などになると、洗濯物を干しているご家庭の迷惑になるので、
出来るだけ早朝の風のない日に行うようにしてください。


また、散布機器としてドリフト低減ノズルなどが市販されています。
こういったものを使えば、飛散を抑制することが出来ますので、
住宅地での家庭菜園には、活用してみてください。


■近隣のご迷惑にならないために


民家が近くにある場所などの場合は、事前に散布日を指定すると良いでしょう。
天候によって出来る日、出来ない日が変わってきますので、
そういった趣旨も伝えておくと、トラブルなく、薬剤の散布が行えます。


また、場所によっては作物のつるなどが迷惑になる場合もあります。
そういったところも全て含め、近隣のご迷惑にならないようにします。


■ペットに対する配慮も忘れないこと


ご自宅、近隣の住宅合わせて、ペットへの配慮も忘れないようにします。
犬や猫などのペットはもちろんのこと、庭の池に鯉や金魚などを
飼われている方もいます。


こういった配慮も、絶対に忘れてはいけません。
出来るだけ、家庭菜園の中のみに飛散するようにしてください。


また、散布後は、人の出入りが出来ないようにも配慮してください。
小さなお子さんの多い住宅地の場合は、特に気をつける必要があります。

スポンサードリンク

農薬の残液の処理方法|有効期限にも注意しましょう

薬剤の散布液は、適量を計測して使用することが鉄則です。また一度、希釈した薬剤とい...

続きを読む

農薬散布に適した時間帯|家庭菜園での農薬の使い方

薬剤の散布に良い時間帯は、朝のまだ気温の低い時です。特に、害虫の被害の増える夏場...

続きを読む

スプレータイプの農薬を上手に使う|家庭菜園の農薬の使い方

ゴキブリやハエ、カの退治には、スプレータイプの殺虫剤がありますが、家庭菜園の害虫...

続きを読む

農薬散布時の服装|家庭菜園での農薬の使い方

家庭菜園の作業は、非常に汚れるものとなりますので、家庭菜園の作業用として、洋服を...

続きを読む

Return to page top