ホーム » 家庭菜園栽培の基本 » 水やり

スポンサードリンク

水やりカテゴリの記事一覧

家庭菜園のプランター栽培の水やりのコツ

狭いスペースでも家庭菜園を楽しむことの出来るキッチン栽培や、
プランター栽培が流行しています。


そんな狭いスペースを用いた家庭菜園のポイントとなるのは、
容器の大きさに適した野菜を育てること、良い用土を使うこと、
適した肥料を与えること、水やりとなります。


特に水やりは、簡単なようでとても難しい作業となりますので、
詳しくご紹介させて頂きます。


■プランター菜園作り、水やりのポイント


野菜は9割以上が水分によって出来ています。
生長も吸水量によって大きく変わってきますので、しっかりとした、
水の管理が必要となってきます。


特に大地とは違う、プランター栽培、キッチン栽培の場合は、
降水などによる吸水もないため、大部分を水やりにて吸水することとなります。
野菜の育ち具合を握るのは、水やりとなりますので、正しい知識を身につけましょう。


まず、水やりですが朝と夕方の1日2回が基本となります。
移植などによって葉がしおれているようなら回数を増やすなどして、
野菜の育ち具合に応じて、変えて行きましょう。


ジョウロでゆっくりと地面に水を与えることとなりますが、
野菜は葉の面積によって、吸水量が変わりますので、それを目安として、
水やりを行います。


また、葉より蒸散してしまう部分も考えなければいけませんので、
気温・天気なども考慮しなくてはなりません。


野菜の生長が旺盛である場合は、土さえよければ、水はけが良いので、
やりすぎるということはあまり考えにくいです。


水分不足となる可能性は十分ありますので、水やり後は、しっかりと、
水を含んだ土となっているかを確認してみてください。


週に1度ほどは、底より流れるほどの水やりを行います。
部分的な土の乾燥を防ぐためです。肥料分は水やりによって流れ出るので、
適度に追肥することも忘れないようにしてくださいね。


スポンサードリンク

夏の夕方に水やりをするメリット|害虫防除に防除にもなる

夏場は、私たちも暑く厳しい季節を迎えますが、それは野菜も同じこと。夏は、暑さだけ...

続きを読む

家庭菜園のトマトのひび割れの原因|過湿にならないように注意することが必要

トマトの実の部分にヒビが入ってしまった時の原因は、水やりの失敗です。ヒビが入ると...

続きを読む

水やりに必要な道具|ジョウロは家庭菜園に必要

種まきの後は、たっぷりと水を与えることが重要とされますが、水圧が強すぎると、水で...

続きを読む

植え付け後の水やりの方法|水やりは重要な作業

種まき後も、植え付け後も、水やりは重要な作業と言われますが、それぞれのやり方には...

続きを読む

Return to page top