初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

水やり

野菜の種類によって適度な土壌環境と水やり頻度は変わる

投稿日:

水分不足は、野菜にとって非常に悪い環境だと言えますが、
土が水分を多く含みすぎているのも、良くない環境だと言えます。

中には、湿度が高い環境を好む野菜もありますが、土中の酸素が不足すると、
根は生長しにくくなりますし、根腐れを起こす可能性もあります。

そのため、適度に水分を与えることが重要になってきます。
また、土壌についても注目したいところです。

水はけの悪い土壌である場合は、雨などの影響によって、
水分がなかなか排出されないようになってしまい、土が湿りすぎてしまいます。
水はけが良い土を使うのもコツの1つですので、土壌改良が必要です。

野菜は、それぞれの生長の時期によって必要な水分量は変わります。
例えば、種まき後、発芽が揃うまでは充分に水やりを行う必要があります。

スポンサーリンク

発芽が出揃った後は、水やりの頻度を落とし、根が水分を求めて、
グンと伸びるように促してあげることが大切です。

生育中の苗は、湿度と水分量のバランスが大切です。
多湿に強い野菜は、クレソンや、セリなど、多湿でも比較的大丈夫な野菜は、
キュウリ、サトイモなど、その他の多くが多湿を好みません。

そのため、野菜に合わせて土の環境、水やりの頻度を変えてあげるのも、
重要だと言えます。

尚、雨の降った後などに葉がしおれてしまうことがありますが、
この時は、水分量が減ったのではなく、水分の蒸散が多くなったために、
起こる症状となりますので、水やりは行わずに様子見することが大切です。

スポンサーリンク

-水やり
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

家庭菜園のプランター栽培の水やりのコツ

狭いスペースでも家庭菜園を楽しむことの出来るキッチン栽培や、 プランター栽培が流行しています。 そんな狭いスペースを用いた家庭菜園のポイントとなるのは、 容器の大きさに適した野菜を育てること、良い用土 …

no image

野菜の味は水のやり方で変わる|時期や種類によって水の与え方を変える

収穫した野菜の味は、水の上げ方で変わる 家庭菜園をやられている方でも、うっかり水やりを忘れてしまい、枯らしてしまった経験や、逆に、水をやりすぎてしまって根腐れしてしまったという経験をしたことがある人も …

野菜つくり

プランター、鉢植えの水やりの注意点|量はたっぷり、回数は少なく

■鉢受け皿に水が溜まらないようにする 鉢を使って家庭菜園をやられている方も多いと思いますが、 鉢受け皿に水がたっぷり溜まらないように水やりには注意しなくては いけません。 スポンサーリンク 何故かと言 …

野菜つくり

水やりのタイミング、回数、量|基本は土が乾いたときにたっぷり

水やりは基本的に「土が乾いた時にたっぷり」というのが基本です。 良く春は1日に1回、夏場は朝夕2回などの表記もされていますが、 上記の基本は絶対に覚えておくと良いでしょう。 スポンサーリンク

no image

夏場の水やりの注意点|暑いときにはいきなり水をやらない

最近の日本は本当に暑いです。炎天下の続く毎日であれば、鉢土もすぐにカラカラになってしまいます。 夏場は朝夕2回の水やりが必要なこともあり、お手入れが大変だと、感じている人も多いのではないでしょうか? …

カテゴリー

最近のコメント