初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園栽培の基本

夏野菜苗(ナス、ピーマンなど)は寒さ対策、風除けをする

投稿日:

夏野菜(ナス、ピーマン、トマトなど)の苗は寒さには弱いです。
畑には植え付けの数週間前からビニールマルチを張って
十分に家庭菜園の土を温めておきましょう。

スポンサーリンク

畑の準備ができたら、雨や強風の日をさけて、
天気のいい日に夏野菜の苗を定植します。

マルチをしていると土に適度な湿気があるため
植えつけ後の水やりは控えめで大丈夫です。

寒冷紗やビニールトンネルなどで苗を囲って保温してあげましょう。

肥料袋で苗を囲う方法

野菜苗 風よけ

スポンサーリンク

苗の周囲に柱を4本立てて底を切り取った肥料袋で覆えば
保温効果がが期待でき風除けにもなります

ナス苗 風よけ

ナスの栽培特性

ピーマンの栽培特性

じゃがいもの栽培特性

トマトの栽培特性

スポンサーリンク

-家庭菜園栽培の基本
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

家庭菜園での保温方法|トンネル栽培やべたがけ資材の使い方

10月中旬?下旬頃になると、寒さが一層強まり、秋冬野菜や、 小物野菜は、正常な生育が出来なくなります。 また、この時期以降は種まきの出来る野菜もなくなります。 冷たい風の当たりやすい大地などでは、風の …

no image

家庭菜園の広さの目安|初心者なら1坪ほどの菜園スペースで十分

家庭菜園は、そんなに広いスペースは必要ありません。中には、自宅で出来る範囲をもっと広くしたい、もっと色々な種類の野菜を育てたい、という人も居ますが、広過ぎは禁物です。 お手入れするのに労力が要りますし …

no image

家庭菜園の暑さ対策|べたがけ資材で害虫と強光を防ぐ

暖かくなると、どうしても病害虫が気になる季節となりますよね。 また、夏の暑さは生育障害を起こす可能性がありますので、防暑対策も、 同時に行わなければなりません。 そんな時にお勧めなのが、べたがけ資材で …

ピーマン 苗

春にまく野菜の発芽までの日数と適温

春に種をまく野菜 ナス、ミニトマト、ピーマン、リーフレタス、枝豆、とうもろこしの種をまいてからの発芽日数、最適発芽温度を紹介します。温度によって発芽までの日数がかわりますので、寒い時期は加温や保温をしてやらないと発芽までの日数がかかることになります。

家庭菜園 スイカ

ウリ科の野菜の連作障害|同じ種類の野菜を植えるときは注意

同じウリ科の野菜を同じところで育てると、 成長が悪かったり、病害虫の被害に遭いやすくなったり、 収穫出来る量が本来よりも少なかったりといった事が起こります。 スポンサーリンク これは、連作障害と呼ばれ …

カテゴリー

最近のコメント