初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園ブログコラム 家庭菜園栽培の基本

早生、中生、 晩生の意味は?|同じ野菜でも品種によって栽培期間が異なる

投稿日:

野菜は、実に多くの種類があります。
更に、その野菜の1つの種類でも、さまざまな品種のものがあり、
その特徴や、味、育て方などに大きな違いがあることもあります。

スポンサーリンク

家庭菜園では、極早生種・早生種・中生種・晩生種なんて言葉を良く耳にしますが、
これは、品種によって栽培期間が異なることを意味し、早生性であればあるほど、
早くに収穫をすることが出来ます。

■あおくび大根と三浦ダイコンの栽培日数について

どちらも一般的なダイコンの品種名となりますが、あおくび大根は、
早生種であり、収穫までにかかる日数は約60日となります。
それに対し、三浦ダイコンは90日の日数がかかります。

このように、品種の違いで同じダイコンでも、約1ヶ月も、
収穫期に違いがあるんです。

■早生種・晩生種について

スポンサーリンク

極早生種・早生種は、生育や、開花などが早い特徴がありますので、
あおくび大根のように、栽培日数がかからず、収穫することが出来ます。

同時にこれは、手間があまり掛からないということでもありますので、
初心者向けの品種だとも言えます。

逆に栽培期間の長くなる晩生種などは、栽培期間中のお手入れが、
大変になるため、育てるのが難しいともされています。

種まきの適期を逃してしまった時や、この時期までに収穫を終わりたいなど、
次の作物との兼ね合いを調節するのにも、早生種は便利だと言えます。

しかし、晩生種には、晩生種のメリットがあるのも忘れないでください。
晩生種は、生育がスローペースだと言えますが、その分じっくり育つため、
品質が良く、大きなものを収穫することが出来ると言えます

スポンサーリンク

-家庭菜園ブログコラム, 家庭菜園栽培の基本
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

スプラウト野菜の育て方|簡単に作れて栄養価も高い

スプラウトとは、植物の芽が出たばかりのものをさします。種子には、生長するために必要な栄養分が蓄えられていますが、発芽した事によって、新しいミネラルやビタミンが作られるのです。 そのため、発芽直後のスプ …

no image

種から育てる野菜か苗から栽培するか

野菜栽培の始め方は、さまざまです。種まき、種芋を使って育てる場合もありますし、発芽後の苗を購入して、育てる場合もあります。 多くの野菜の場合、種まきからでも育てることが出来ます。また、この種というのは …

no image

家庭菜園で苗からはじめる野菜作り|移植栽培のメリット

セルトレイや、育苗箱、ポットなどを使って苗をある程度育てた後、畑に移し替えて育てる方法を、移植栽培といいます。 育苗箱を使う場合は、本葉が2枚?3枚ほどとなるまでに、ポットに鉢上げを行い、その後、コン …

no image

ヨトウムシは漢字で夜盗虫|夜行性の幼虫でアブラナ科野菜を食害する害虫

私のハクサイの失敗は、ヨトウムシに原因がありました。 このヨトウムシは、ハクサイや、ダイコン、キャベツなどの、 アブラナ科の野菜を食害する被害の大きい害虫であることが分かりました。 アオムシであれば、 …

no image

旬の野菜は栄養価が高い?|野菜の栄養素

野菜というのは、一般的にでんぷん質を多く含みませんので、私たちが主食とする米からすれば、低カロリーとなり、ダイエットにも良いと言われています。 しかし、例外として豆類・イモ類があります。これらは、穀物 …

カテゴリー

最近のコメント