初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

おいしい野菜の見分け方

野菜はビタミンの豊富な供給源

投稿日:

野菜はビタミンの豊富な供給源です。

とくにビタミンCは90%以上が野菜を中心とした青果物から摂取されています。

ビタミンA

ビタミンAは脂溶性ビタミンで不足すると体の発育が止まり、

夜盲症(鳥目)、流行性感冒にかかりやすくなります。

野菜の中にはビタミンAそのものは含まれておらず、

カロテンのように体内に入ってビタミンAの効果を表す

ビタミンAの前駆体(プロビタミンA)として存在します。

ビタミンC

ビタミンC(アスコルビン酸)は美容効果や風邪予防効果があり、

不足すると免疫力が低下し、ストレスを受けやすくなったり、

ホルモンの分泌が悪くなって肌荒れを起こす原因となります。

また、最近では体内成分の酸化を防ぐ抗酸化作用が注目されています。

ビタミンCは熱や機械的刺激、タバコやストレスで破壊されやすく、

スポンサーリンク

また、大量に摂取しても余分な量は尿として流出してしまうので、

体内で不足しやすくなってしまいます。

したがって毎日少しずつ続けて摂取する必要があります。

ビタミンCは野菜を収穫後、含有量が低下しやすい成分です。

しかし、ビタミンCの低下速度は野菜の種類によってちがってきます。

ほうれんそうでは常温で数日保管するとビタミンCが半分になってしまいますが、

トマトは収穫直後とそれほど変わりません。

ジャガイモやサツマイモなどのイモ類はデンプンが

ビタミンCを包んでいるため、加熱しても分解されにくくなっています。

また、生のニンジンやキュウリはビタミンCを分解する

酵素(アスコルビン酸酸化酵素)を含み、刻んだり、おろしたりすると、

他の野菜のビタミンCを分解してしまうことがあるので注意しましょう。

スポンサーリンク

-おいしい野菜の見分け方
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

健康維持に有効な野菜の機能性成分

日本人の食生活は、世界でも認められており、 世界有数の長寿国であることはまさにその証です。 しかし、経済の発展や社会生活の変化にともなって、がん、心疾患、糖尿病などの生活習慣病が多くなってきました。 …

no image

よい野菜の見分け方2|フキ、キャベツ、ブロッコリー、アスパラガス

 フキ葉が濃緑色である。葉と葉柄切り口に傷みがない。全体に張りがあり、根元部分を持つとしなりが少ない。  キャベツ春キャベツは葉の緑色が濃い。冬キャベツはずっしり重く、巻きがよい。 …

no image

野菜の栄養 食物繊維 色素

食物繊維 食物繊維はセルロース、ヘミセルロース、ペクチン質、リグニンなど 消化しにくい高分子性多糖類で、 生体内ではほとんど消化吸収されません。 食物繊維には水溶性のものと不溶性のものがあります。 水 …

no image

ダイコンの葉は栄養たっぷり

ダイコンの葉は栄養を豊富に含んでいますビタミンC、βカロテン、カルシウム、食物繊維が豊富なのでダイコンを収穫した時に葉を捨ててしまってはもったいないです 家庭菜園でダイコンを収穫したら、葉と根を切り離 …

no image

おいしい野菜の見分け方3|サツマイモ、レンコン、にんじん、なす

サツマイモ表皮が鮮紅色で色落ちがない。イモの両端にしなび、変色、腐敗がない。 レンコン表皮の褐変がない。しおれ、カビの発生がない。 ニンジン全体的に赤みが強く横すじが少ない。皮がきれい。芯が細い。茎の …

カテゴリー

最近のコメント