初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

カリフラワーの育て方 ブロッコリーの育て方 野菜の育て方

ブロッコリーとカリフラワーの違い

投稿日:

ブロッコリーとカリフラワーはよく形の似た野菜です。

ブロッコリーは緑でカリフラワーは白ですね。

最近は紫や黄色のカリフラワーもあります。

phm03_0393-s.jpg

ブロッコリーもカリフラワーもキャベツの仲間で、

花蕾を食べるのも同じです。

phm06_0755-s.jpg

しかしブロッコリーはカリフラワーよりも害虫に強く、

キレイなものが収穫しやすいので、

心者にとってはブロッコリーのほうが

栽培しやすいと思います。

スポンサーリンク

ビタミンAやビタミンCやミネラルも

カリフラワーよりもブロッコリーのほうが多いようです。

他のアブラナ科の野菜が葉や茎、根を収穫するのに対して、

ブロッコリーやカリフラワーは茎の先端についた

花蕾を食べるのが特徴です。

低温を感じて花をつけるアブラナ科野菜は、

吸収した栄養分を最初は葉や茎の生長に使い、

その後に花や実を大きくするのに使います。

ブロコリーやカリフラワーの大きな葉がたくさんあるほど

光合成が盛んにおこなわれ、花蕾が大きくなります。

立派で大きなブロッコリーやカリフラワーを収穫するには、

気温が下がって花芽がつく前に、

ブロッコリーやカリフラワーの株全体をできるだけ

大きく育てておくことが重要です。

スポンサーリンク

-カリフラワーの育て方, ブロッコリーの育て方, 野菜の育て方
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

セロリの育て方・栽培方法|シャキッとした食感がおいしい野菜

セロリの栽培ポイント セロリは涼しい気候を好み、乾燥を非常に嫌うので、 セロリの株元にはしっかり水をやりましょう。 セロリは光に敏感で、 生育初期は十分に光をあててやり、 セロリの収穫期が近づいてきた …

no image

チンゲンサイの育て方・栽培方法|いろいろな栄養素がバランスよく入っている野菜

チンゲンサイは中国語で青梗葉と書き、茎の青い葉という意味です。 チンゲンサイはハクサイやカブと同じアブラナ科の植物で、 これらの原産地は地中海性沿岸のトルコからバルカン半島の高原で、 中国に渡ってから …

no image

イタリアントマトを上手に作るための支柱栽培と地這い栽培の違い

イタリアントマトを家庭菜園で育てる前に品種による栽培方法の違いを知っておくことが重要です トマトの品種には芯止まりと非芯止まりのものがあります一般に栽培されているのは非芯止まりの品種です 非芯止まりの …

no image

ブロッコリーは、側花蕾(わき芽)の収穫も楽しめる

■害虫は、なるべく早期に発見して防除すること ブロッコリーの苗は、本葉5?6枚程度のものが理想です。 葉柄の伸びていない、しっかりとした苗を選んで栽培をはじめてみてください。 育苗をする際は、本葉5? …

no image

野菜の栽培難易度|家庭菜園初心者は簡単なものから

家庭菜園で作る野菜はどんなものを選んだらよいのでしょうか? 野菜の種類によって栽培が難しいものと比較的簡単なものとがあります。 栽培期間が長期間に及ぶものほど栽培管理が難しくなる傾向にあります。 これ …